【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

ドコモ dtab d-51C はどこが変わった?スペックを正直にチェック

ゴリラ

ドコモの「dtab d-51C」ってどう?タブレットが新しく出たみたいだけど

2022年11月11日、ドコモからdtab d-51Cが発売されました。

dtab d-51Cの注目ポイントと「ココは微妙」というところ、「前モデルとどこが変わったのか」見ていきます。

正直な結論
  • 「dtab d-51C」は手頃なスペックの家庭向けタブレット
  • 2年ぶりの新モデルで、5G対応、SoCのアップデートなど進化
  • 価格は6.5万円と割高
  • ドコモだと準ハイエンド級のSoCを積んだ「iPad(第9世代)」が6.7万円で買える

  • 発売日:2022年11月11日
  • 価格(プログラム利用時):
    ドコモ:65,230円(33,550円)

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

ちなみに…

 

 

ドコモを契約するなら、

  • 事務手数料(3,850円)なし
  • オプション・しつこい営業なし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

手数料3,850円が無料

最新の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

ドコモの旧iPhoneが買いやすくなりました!いつでもカエドキプログラムの2年間の負担額が大幅に下げられています。在庫限りです。

 

また、iPhone 15(128GB)は乗り換えで4.4万円割引されます!

 

最新の在庫状況を見てみる 

dtab d-51Cの注目ポイント

dtab d-51Cは手頃なスペックが魅力のドコモのオリジナルタブレットです。

  • 5Gに対応
  • 防水・防塵に対応
  • 指紋認証センサーを搭載
  • スタンドが付属
  • my daizがアシスト
  • SoCはSnapdragon 695
  • マイクにノイズキャンセリングを搭載

スクロールできます→

dtab d-51C
発売日2022年11月11日
メーカーシャープ
サイズ横:約170mm
縦:約246mm
厚さ:約8.3mm
重量約481g
CPU
Snapdragon 695 5G
RAM+ROM4GB+64GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GB
ディスプレイ10.1インチ TFT液晶
WUXGA(1920×1200)
背面カメラ800万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量6,680mAh
OSAndroid 11
価格(税込)65,230円

今回から「5G」に対応

今回の「dtab d-51C」は5Gに対応しています。

以前のdtabは2020年発売の2モデルで、いずれも5G非対応でした。

ドコモでタブレットを買うなら、一緒に通信も契約する方が多いと思います。5Gへの対応はうれしいポイントですね。

SoCは「 Snapdragon 695」で大幅に性能UP

処理性能を決めるSoCには「Snapdragon 695」というミドルレンジのチップが搭載されました。

普段使いには十分で、ゲームもライトに遊べる性能。前モデルの「dtab d-41A」と比べて、大きく性能がアップしています。

▼AnTuTuベンチマークスコアの比較(Ver.9)▼

  • Snapdragon 695(dtab d-51Cなど):40万点弱
  • Snapdragon 665(dtab d-41Aなど):20万点程度

前モデルの倍近くのスコアを記録しています。

「ギリギリ普段使いOK」から「余裕のあるスペック」に進化していますね。

防水・防塵に対応している

「dtab d-51C」は、 IPX5/IPX8の防水、 IP6Xの防塵に対応しています。

  • IPX5:いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
  • IPX8:水面下での使用が可能
  • IP6X:完全な防塵構造

お風呂やキッチンなどの水周りでも活躍してくれそうです。

ちなみに除菌シートでの拭き取りもOK。ウイルスなど気になる方も、いつも清潔に使えます。

指紋認証センサーを搭載

本体側面に指紋センサーを搭載しています。顔認証は非対応です。

これまでのタブレットは「顔認証」のみで「指紋認証」には非対応という機種が多かったです。

タブレットを立て掛けれる「スタンド」が付属

スタンド(試供品)」が付属します。

回転して向きを変えたり、角度を調整したりできます。

「my daiz」がアシストしてくれる

天気、交通、チラシ、占いなどの情報を届けてくれるドコモ独自の「my daiz」が利用できます。

「my daiz」は、Siri、アレクサ、Googleアシスタント的なサービスです。画面がついていない状態からでも、話しかけて起動できます。

同梱のスタンドを使って部屋に設置しておけば、スマートスピーカー的な使い方もできそうですね。

マイクに「ノイズキャンセリング機能」を搭載

騒音を低減して相手にクリアな音声を届けられるノイズキャンセリング機能がついています。

テレワークのWeb会議など、ビジネスユースでも活躍してくれそうです。

「dtab d-51C」のココは微妙

「dtab d-51C」の微妙なポイントは、以下の2点。

「dtab d-51C」のココは微妙
  • 「eSIM」にしか対応していない
  • ストレージは64GBしかない

「eSIM」にしか対応していない

SIMカードは使えません。

ドコモで使う分には困ることはありませんが、他社サービスを使う際に少し不便に感じるかもしれません。

eSIMの手続きは少し上級者向けです。

ストレージは64GBしかない

ストレージは64GBと少なめです。アプリやコンテンツをたくさん入れると、すぐにいっぱいになるかもしれません。

ただし、最大512GBのSDカードに対応しています。

ガツガツ使うなら、SDカードが必須になりそうです。

「dtab d-51C」は価格は6.5万円|高め

dtab d-51Cの価格は次の通り。

  • 本体価格:65,230円
  • プログラム適用時の負担額:33,550円

スペックは普段使い向けのミドルレンジなので、4万円台くらいが妥当な気がします。

近いスペックだとソフトバンク「Lenovo TAB6」が約3.7万円で買えたりするので、正直なところ割高ですね。

いつでもカエドキプログラムで負担額33,550円

ちなみに、いつでもカエドキプログラムに加入すると、2年間の総負担額33,550円で使えます。

2年後に端末を返す必要がありますが、端末価格の4、5割の支払いが免除されます。

ドコモのタブレットなら「iPad」が本命

ドコモのAndroidタブレット「dtab」は、正直なところ、かなり割高です。

ドコモでタブレットを買うなら、個人的には「iPad」を検討したいです。

特に型落ちのiPad(第9世代)は、オンラインショップの場合1.1万円の割引(執筆時点)があり、67,760円で購入できます。

iPad(第9世代)がオススメな理由
  • 価格は同じくらい(67,760円
  • スペックは段違いに上
  • Apple Pencilやキーボードを追加できる
  • Apple製品だから完成度が高い

SoCにはiPhone 11と同じ「A13 Bionic」を搭載し、AnTuTuベンチマークは60万点超です。準ハイエンドな性能でゲームも快適にこなせます。

またiPadはApple Pencilやキーボードなど拡張性が高いのも魅力。

「Pro」や「Air」ではない「無印iPad」は、最安のラインナップではあるものの、天下のApple製品とあって完成度は抜群です。

同じ金額を出すなら、まずはiPad(第9世代)を検討したいところです。

タブレットのプランは月額1,100円

ドコモのタブレット向けプランには「5Gデータプラス」が用意されています。

  • スマホのデータ容量をシェアするプラン
  • 月額1,100円

あえてドコモでタブレットを使う理由があるとすれば、この格安プランが利用できることです。

例えば「5Gギガホ プレミア」を契約中なら30GBまでデータシェアが可能です。

要するに、月額1,100円で30GBが使えるということですね。

「dtab d-51C」と「dtab d-41A」を比較

スクロールできます→

dtab d-51Cdtab d-41A
発売日2022年11月11日2020年8月28日
メーカーシャープシャープ
サイズ横:約170mm
縦:約246mm
厚さ:約8.3mm
横:約170mm
縦:約246mm
厚さ:約8.2mm
重量約481g約491g
CPU
Snapdragon 695 5GSnapdragon 665
RAM+ROM4GB+64GB4GB+64GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GBmicroSDXC 最大512GB
ディスプレイ10.1インチ TFT液晶
WUXGA(1920×1200)
10.1インチ TFT液晶
WUXGA(1920×1200)
背面カメラ800万画素800万画素
インカメラ800万画素800万画素
バッテリー容量6,680mAh6,500mAh
OSAndroid 11Android 10
価格(税込)65,230円49,896円

両機種の大きな違いは

  • 5G対応
  • SoC(処理性能)
  • 価格が高くなった

の3つです。逆に言うとそれ以外に大きな差がなく、最新の「dtab d-51C」でも目新しい機能はありません。

とはいえSoCの性能アップが顕著なので、1.5万円ほど高くても最新の「dtab d-51C」を選ぶのがおすすめ。

コンパクトモデル「dtab Compact d-52C」も発売

また、2023年3月には8インチのコンパクトなdtabの最新モデル「dtab Compact d-52C」も発売されました。

据え置きよりも持ち運びを重視するなら、コンパクトなこちらも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

dtab d-51Cは全体にちょうど良いスペック。ただ、約6.5万円となかなかの価格です。

dtabは「プレミアム価格」になりがちですが、今回はさらに割高感が増しています。

iPad(第9世代)が約6.7万円で買えるので、合わせて検討してみるのがおすすめです。

ちなみに…約4,000円は必ず安くなるオンラインでの契約がおすすめです

 

  • 事務手数料なし(3,850円お得)!
  • お店独自の手数料なし最大1万円程度)!
  • オプション・しつこい営業なし!
  • 来店・待ち時間なし!

 

 

手数料3,850円が無料

商品の在庫は一覧ページでサクッと確認できます!

 

\無料で相談/
電話で質問してみる

ドコモオンラインショップセンター(受付:9時〜22時)
※パソコンの方は以下の番号から!

TEL:0120-610-728

お店に行く必要もなければ待ち時間もなく、よけいな営業を受けることもありません。

誰でも楽に節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
ドコモでお得に機種変更する方法