このサイトについて

d払いはドコモユーザーにおすすめなの?⇒還元率UPプログラムが優秀、楽天SPUより高還元率が狙いやすい

ゴリラ

ドコモユーザーなら「d払い」はやっぱりお得なの?具体的にどんな感じでお得になるのか知りたい。

という人向けの記事です。

スマホ決済となると「PayPay」や「メルペイ」もあるし、「どれをメインに使うのがベストなのか」で迷っている方も多いと思います。

結論、ドコモユーザーならやはり「d払い」が本命です。ドコモユーザーをひいきしたポイントアッププログラムがお得だからです。

本記事では、

  • ドコモユーザーならd払いがベストな理由
  • 楽天のポイントアッププログラムとの比較

など解説します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ドコモユーザーなら、スマホ決済は結局、d払いがお得。

「スーパーポイント還元プログラム」で大幅な還元率アップが狙える。

ドコモユーザーである強みを活かしてポイントを貯める方法を見ていきましょう。

d払い

d払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

【ドコモユーザー向け】

 

ドコモで家族・光の料金あわせて10,000円/月以上かかってるなら、dカード GOLDがあるとお得になります。

 

500万人以上が持っているクレカで、持ってなければ割ともったいないので強めにおすすめです!

 

\期間限定:13,000円分もらえる/ dカード GOLDの公式サイトを見てみる

dカード GOLDを確実にお得にする損益分岐点の解説記事

d払いは「スーパー還元プログラム」が優秀

d払いがドコモユーザーにぴったりのスマホ決済と言える理由は、「dポイントスーパー還元プログラム」があるためです。

dポイントスーパー還元プログラムは、条件を達成するごとに「d払い」と「iD(dカード)」の還元率がアップするプログラムです。

誰でも無料でエントリーできます。

▼dポイントスーパー還元プログラム|2020年5月以降

項目判定条件還元率
プラチナステージ当月がプラチナステージ+1%
dポイントをためた回数前月にためた回数月50~99回:+0.5%
月100回以上:+1%
dカードでのドコモの支払い
(GOLD限定)
ドコモの支払いをdカードに設定+1%
ネットでお買物d払いなどのネット決済の合計月2~5万円:+1%
月5万円以上:+2%
dカード請求額前月のdカード請求額10~20万円:+1%
20万円~:+2%

ドコモユーザーなら、「プラチナステージ」「dカードでのドコモ利用料金の支払い」などの条件達成が十分に狙えます。

d払いは、PayPayやメルペイなどのスマホ決済のようなド派手なキャンペーンがあるわけではないのですが、しっかり通常の還元率をアップできる点は大きな強みですね。

キャンペーンがない時でも、しっかり高還元率でポイントを貯めていくことができます。

プログラムの詳細を見ていきましょう。

ドコモユーザーが狙いたい項目は2つ

ドコモユーザーが優遇されるのは、達成項目でいうと以下の2つ。

  • プラチナステージ
  • dカードでのドコモ利用料金の支払い

それぞれ見ていきましょう。

「プラチナステージ」はドコモ15年で達成できる

dポイントクラブのプラチナステージは以下のいずれかの条件を満たすと達成できます。

  • ドコモを15年以上継続で利用する
  • 6カ月累計でdポイントを10,000ポイント獲得する

6カ月累計でdポイント10,000ポイントはかなりハードル高めです。たとえば、dカードの1%還元で達成しようと思うと、100万円のカード利用が必要となります。

実際には「ドコモを15年以上継続で利用する」でプラチナステージを達成する人が多いようです。こちらについては、ずっとドコモを利用している人なら、達成も見えてくるはず。

関連記事:ドコモ「プラチナステージ」は本当にお得?⇒特典は豪華。ただしドコモに留まる理由にはならないかも

「ドコモでdカード支払い」はdカード GOLDが必須

もう一つの達成条件の「dカードでのドコモ利用料金の支払い」はdカード GOLD会員であることが必須となります。

dカード GOLDの概要は以下。

▼dカード GOLDとは

  • ドコモの支払いで10%還元
  • 年会費は10,000円
  • 最大10万円のケータイ補償

一言でいうと、ドコモユーザーをガッツリ優遇したクレジットカードです。

年会費は1万円とふつうに高いのですが、ドコモの支払いで10%還元と超高還元なので上手く使うと年会費を大きく上回るポイントが獲得できます。

とくに家族でドコモなら、家族カードを駆使して上手くポイントを獲得すれば、年間で2万ポイント以上狙うことも可能です。

ドコモユーザーならd払いと合わせて、dカード GOLDの利用を検討してみると良いでしょう。

関連記事:【評判】dカード GOLDを確実にお得にするための損益分岐点と注意点を解説する

dカードがあれば「dカード請求額」の項目も十分狙える

dカードをメインカードに使えば「dカード請求額」の項目も十分に達成が狙えます。

「dカード請求額」の条件はあらためて以下の通り。

▼「dカード請求額」の条件

10,000円~199,999円 ⇒ +1%

200,000円以上⇒ +2%

メインカードとしてdカードを使い、「公共料金」や「ドコモの料金」の支払いもdカードで済ませば、10万円分のカードも達成が見えてくるはず。

「dポイントをためた回数50回以上」などの項目は意外とハードル高めなので、比較的達成しやすいこちらの項目を狙ってみると良さそうですね。

【比較】ドコモユーザーなら「楽天SPU」より高還元率が狙いやすい

dポイントスーパー還元プログラムの仕組みを見て、楽天の「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」を思い出す人もいるのではないでしょうか。

楽天にも条件を達成するごとに、還元率がアップするプログラムがあります。

▼楽天 スーパーポイントアッププログラム(抜粋)

項目達成条件還元率
楽天会員楽天会員になる+1%
楽天カード楽天カードで楽天市場でお買い物+2%
楽天モバイル対象サービスを契約+1%
楽天でんき加入&利用+0.5%
楽天ブックス月1回1注文1,000円以上でお買い物+0.5%

ドコモユーザーの方でも楽天のSPUに興味を持っている方も多いと思います。

2つのプログラムを比較してみると、個人的には、d払いのポイントUPプログラムの方が優れてると感じました。どちらか始めるなら、d払いのプログラムがおすすめです。

楽天のプログラムと比べて、d払いのプログラムが良いと感じた理由は以下の2つ。

  • 対象店舗が多い
  • 特定サービスを無理に使わなくても、条件達成できる

それぞれ見ていきましょう。

d払いのプログラムは、楽天のより対象店舗が多い

楽天のプログラムは楽天市場のお買い物だけがポイントアップの対象です。

一方で、d払いのプログラムは街中の店舗やネットショッピングなど、多くの店舗でのお買い物が対象となります。

▼dポイントスーパー還元プログラムの対象店舗(抜粋)

  • ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン
  • マツモトキヨシ、ウェルシア
  • コジマ、ビックカメラ
  • マクドナルド
  • エネオス など

とくに「スマホ決済でのポイントアップを狙っている」という人にとっては、ポイントアップ後に使える店舗が多い点は大きな魅力になるはず。

d払いなら還元率UPに「特定サービスの利用」が必要ない

楽天のプログラムでは、楽天モバイル、楽天でんき、楽天ブックス・・・と、楽天サービスの利用を条件にしています。

最大の還元率は16%と大きいですが、楽天サービスを使わない限りは還元率が伸びていかないのがネックです。

一方で、d払いのプログラムは、ドコモでの契約とdカードの利用をしていけば、条件の達成を狙っていくことができます。

そこそこハードルのある条件もありますが、dカードをメインカードにするなど工夫していけば、十分に達成が狙えます。

d払いを使うなら「d曜日」も注目

d払いを使うなら、「d曜日」は必ず押さえておきたいところです。

毎週の金曜日・土曜日は、2%以上のd払いの還元率アップが受けられます。

▼「d曜日」の概要

 

毎週金曜日・土曜日に、対象のネットショッピングで、d払いの還元率がアップ

 

エントリー完了 ⇒ +2%

3店舗以上の買い回り ⇒ +5%

 

※毎月のエントリーが必須

対象はネットショッピングです。対象店舗にはAmazonもあります。

金曜日・土曜日については、Amazonのお買い物で最もお得な決済方法の一つとなりそうですね。

まとめ:ドコモユーザーなら「d払い」でOK

ドコモユーザーならスマホ決済はやはり「d払い」がお得です。

「スーパーポイント還元プログラム」で大幅な還元率アップが狙えるのがやはり大きいですね。dカードをとにかく使っていけば、還元率が上がっていく仕組みです。

ドコモユーザーの方はスマホ決済はd払いを使っていくと良いでしょう。

\500万人以上が使っています/
dカード GOLDでお得に貯める


ドコモの月額10,000円以上だったらお得になる根拠の解説記事

こんな記事もおすすめ

20