【au】10/23 iPhone 12 / 12 Pro 発売!

【画像付き】読書メーターの引き継ぎ方法を簡単に解説する|注意点も紹介!

ゴリラ

読書メーターの読書記録データは機種変更したらなくなっちゃうのかな?

読書の記録を簡単にデータ化してくれるアプリ「読書メーター」は、機種変更してもデータそのままで利用できるのかな?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、

  • 読書メーターを引き継ぐ前の準備
  • 新端末での引き継ぎ手順
  • 読書メーターを引き継ぐ際の注意点

を詳しく解説していきます。

特に難しい手順はないので、参考にしながら引き継いでみてください。

※引き継ぎの手順について、正確な情報をお届けするよう心がけておりますが、情報が古くなったり、齟齬があることもあります。自己責任にてデータ移行していただくようお願いいたします。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

【事前準備】機種変更する前に登録アカウントを確認する

読書メーターのデータを引き継ぐためには、アカウント情報が必要です。

アカウント未登録でゲストログインのままで利用している場合は、機種変更後にデータが引き継げないので要注意。

読書メーターのアカウント登録にはメールアドレス+パスワード or SNS等の情報で登録ができ、このアカウント情報で新端末でもデータの引き継ぎができます。

ちなみに読書メーターと連携できるSNSや外部アカウントは以下の通り。

  • Apple
  • Twitter
  • Facebook
  • Google

メールアドレスとパスワードの登録が面倒であれば外部と連携しておくと簡単。

どのアカウント情報で登録したかうろ覚えの人は事前に登録情報を確認してメモしておきましょう。

アカウント情報(SNS連携)を確認・登録する手順

STEP.1
読書メーターアプリを開き、右下の「その他」をタップ

STEP.2
下へスクロールし、「設定」をタップ

STEP.3
「アカウント設定」をタップ

STEP.4
SNS等の連携を確認したい場合「外部連携の設定」をタップ

STEP.5
「連携」をタップしてSNS連携登録する

(下画像のように「アカウント連携の解除」が表示されている場合は連携済みということなので確認するだけでOK)

 

アカウント情報(メールアドレス+パスワード)を確認・登録する手順

STEP.1
右下の「その他」をタップ

STEP.2
下へスクロールし「設定」をタップ

STEP.3
「アカウント設定」をタップ

STEP.4
一般設定から下へスクロール

STEP.5
「メールアドレスを設定」ボタンをタップして登録を進める
登録済みの方はここにメールアドレスが表示されるのでメモしておきましょう。

メールアドレスとSNSをダブルで登録しておくとさらに安心して引き継ぎができると思います。

以上の手順を参考に事前に確認・登録しておきましょう。

読書メーター引き継ぎ手順

新端末をゲットしたら、あとは上項目で確認したアカウント情報を入れてログインするだけ!

今まで読んだ本のデータも簡単に引き継ぐことができます。

引き継ぎ手順

STEP.1
読書メーターアプリをインストールする

STEP.2
アプリを開き「メールアドレス」か画面下に表示される「外部連携SNS」をタップ(入力)してログインする
「ゲストで利用する」をタップしてしまうとデータが引き継げないので要注意。

STEP.3
読書データがちゃんと引き継げているか確認する

以上のようにたった3STEPでデータの引き継ぎができます。

正しいアカウント情報でログインしたのにうまくデータが引き継げない場合は読書メーター問い合わせページから問い合わせてみてください。

読書メーター引き継ぎ時の注意点

読書メーターはアカウント情報があれば、簡単にデータを引き継ぐことができますが、見落としがちな注意点もあるので詳しく紹介していきます。

注意点をまとめると以下の通り。

  • 機種変更時にメールアドレスが変わる可能性がある人は要注意!
  • 連携SNSを削除してしまうとログインできない。

これに当てはまる人は慎重に機種変更を行いましょう。

機種変更時にメールアドレスが変更になる人は要注意!

登録メールアドレスをキャリアのアドレス(Softbankなど)に設定している人は注意が必要。

機種変更の際にキャリアが変わると当然メールアドレスも変わってしまい、読書メーターにもログインできなくなってしまう可能性があります。

メールアドレスが変わる予定のある人は事前に別のメールアドレスを登録しておきましょう。

ちなみに登録するアドレスは機種変更時に左右されないフリーアドレス(Gmail、Yahoo!など)がおすすめです。

連携しているSNSのアカウントを削除するとログインできない

連携させておいたSNSのアカウントを削除してしまうと、読書メーターでログインできなくなってしまいます。

削除予定のSNSとは連携させないようにしておきましょう。

もし機種変更時に連携しているSNSアカウントを削除してしまった場合は、

  • 別のSNSで連携させておく
  • 機種変更後も使えるメールアドレスを登録しておく

以上の2点を設定しておけば問題ありません。

機種変更前に忘れずに準備しておきましょう。

まとめ

読書メーターはアカウント情報が正しければ簡単にデータの引き継ぎができるということがわかりました。

せっかく貯めた読書データを新端末でも使えるようにしておきましょう。

本記事をポイントまとめると以下の通り。

  • 読書メーターはゲストログインではデータの引き継ぎができない
  • アカウント登録にはメールアドレスかSNSの連携が必須
  • 機種変更後も使えるメールアドレス・SNSなのか確認しておく

ポイントだけ抑えておけば、データがなくなることはないでしょう!

ぜひ本記事を参考にしながら引き継いでみてください。

ちなみに..契約するならオンラインショップがおすすめ

ここから先は「これから機種変更する人向け」なので、該当しない方はソッ閉じしちゃって大丈夫ですm(_ _)m

ドコモ・au・ソフトバンクで機種変更をするなら、オンラインショップで手続きした方が圧倒的にお得です。場合によっては10,000円以上お得になる場合もあります。

オンラインショップのメリットを端的に説明すると以下。

  1. 頭金がゼロ(約10,000円お得)
  2. 事務手数料がゼロ(約3,000円お得 ※ドコモ、ソフトバンク
  3. 待ち時間ゼロ(時間を節約)
  4. 自宅に届く(外出リスクを減らせる)
  5. 独自キャンペーンあり

これだけでかなりお得感ないでしょうか?

「これから機種変更するよ」という人は普通にお得なので、店舗ではなくオンラインを使うといいかもです!(3キャリアとも公式サイトで安心!)

\10,000円以上お得になることも!/

 

 

こんな記事もおすすめ

695