新型iPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが絶賛発売中!

ドコモのSIMロック解除方法を解説!手数料無料の方法や注意点も

ドコモで購入した端末には、SIMロックという制御がかかっています。

SIMロックがかかったままでは、別のSIMカードを差し込んでも通信ができません。

この制御下では、あくまでもドコモの回線でしか使うことができないということになります。

しかし、同じ端末で他社回線への乗り換え、海外での利用などをするケースもありますよね。

そのために、SIMロック解除をする必要があります。

この記事は、ドコモのSIMロック解除方法と、

そもそもSIMカードって何?
お金はどのくらいかかるの?
SIMロック解除して不都合が生じるケースはあるの?

こんな疑問にお答えしたいと思います!

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

ドコモで契約するなら手数料(2,000円)不要来店不要待ち時間不要のドコモオンラインショップがおすすめです。

 

オンライン限定キャンペーン中!

ドコモオンラインがお得な理由はこちら

新しいiPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが遂に発売開始しました!

スペックや評判、通常よりも安く買う方法を紹介しています!

SIMカードの役割と種類

端末には、電話番号や端末の識別IDが記録されているSIMカードが挿し込まれています。

このSIMカードを認識してはじめて、電話やネットが使えるようになるのです。

SIMカードは3種類あり、左から「通常SIM」「microSIM」「nanoSIM」という大中小の大きさになっています。

端末によって大きさが異なるため、SIMカードのサイズを確認しましょう。

変換アダプタもありますが、大きいSIMカードを小さいタイプの端末に差し込むことは出来ないのでご注意を。

SIMロック解除でできること

ドコモで購入した端末を、ドコモ契約のまま国内で利用する場合は、あえてSIMロックを解除する必要はありません。

SIMロック解除をする目的として、大きく次の2つの理由が挙げられます。

  • 他社乗り換えのため
  • 海外での利用のため

それぞれについて解説していきますね!

他社乗り換え(格安スマホ)

同じ端末を使って他社乗り換えをする場合、SIMカードの差し替えが必要になります。

キャリア間での乗り換え、au・ソフトバンク回線を使う格安スマホへの移行も、SIMロック解除をすればドコモ端末のままで、利用することが出来ます。

ちなみに、ほとんどの格安スマホはドコモ回線を使って提供されているので、ドコモ端末であればSIMロック解除せずに乗り換えることが可能です!

ただ、キャリア間乗り換えの場合、一部SIMで通信方式、周波数帯が異なる場合があり、SIMロック解除しても使えないことがあるため、事前に乗り換え先に確認しておくと安心ですね。

海外での利用ができる

海外で現地のSIMを購入してスマートフォンを利用する場合、事前にSIMロックを解除しておく必要があります。

国外でそのままスマートフォンを使用することも可能ですが、通信料がかなり高額になってしまう恐れが。

海外用のWi-Fiルータをレンタルする、現地で携帯をレンタルするなどの方法もありますが、使い慣れた自分のスマートフォンを使うのが一番だと個人的には思います!

各地のWi-Fiスポットだけで乗り切るのも、慣れない海外だとちょっと心配ですよね。

ドコモのSIMロック解除方法を解説

ドコモのSIMロック解除は、端末が発売された時期によって方法が異なります。

  • 2011年4月~2015年4月に発売された端末
    →ドコモショップ(手数料3,000円)
  • 2015年5月以降に発売された端末
    →ドコモショップ(手数料3,000円)、電話かオンライン(無料)

2015年4月以前に発売された端末に関しては、手数料がかかるドコモショップでの手続きしか方法がありません。

しかし、2015年5月以降に発売された端末の場合は、ドコモショップの他、電話、オンラインでの手続きが可能です。

電話は、ドコモ端末から局番なし151(フリーダイヤル:0120-800-000)で9~20時までの受付です。

オンラインなら待ち時間もなく、24時間好きなタイミングで手続きができるので一番おすすめの方法です。

オンラインでのロック解除条件

オンラインでSIMロック解除をするためには、以下の条件があります。

  • ドコモ回線契約中の場合は、契約者本人
  • 2015年5月以降に発売された端末
  • ネットワーク利用制限、各種ロックで制限かかっていない

また、My docomoにログインする必要があるため、dアカウントも必要になりますので、お持ちでない方は作成しておきましょう。

オンラインでのSIMロック解除手順

オンラインでの手続きには、端末のIMEI番号の入力が必要です。

IMEI番号とは、15桁の数字が並ぶ端末の製造番号のこと。

本体から確認することができます。

確認手順は、

Android:設定 → 端末情報 → システム → 端末の状態

iPhone  :設定 → 一般 → 情報

このようになります。

オンラインでのSIMロック解除手順

  1. dアカウントでMydocomoにログイン
  2. メニューを開き、サービス一覧を選択
  3. SIMロック解除→パソコン→入力ページが表示
  4. 情報を入力し、SIMロック解除を申し込むを選択し、手続き完了

オンラインでの手続きは以上です。

スムーズにいけばものの数分で完了するので、手間も料金もかからずとっても簡単です。

中古・譲渡端末やドコモ解約後でもSIMロック解除は可能

中古で購入、また譲渡された端末、ドコモを解約した後でもSIMロック解除をすることは可能です。

中古端末の場合はドコモショップかオンラインでの手続きのみになりますが、いずれにしても、発売された時期に応じて方法が変わるため、端末の発売時期を確認する必要があります。

SIMロック解除の注意点

SIMロック解除をすることで、ドコモ回線以外のSIMカードが使えるようになりますが、解除する際に覚えておきたい注意点があります。

  • SIMロック解除後のデータ消失は保証外となる
  • 一度SIMロック解除をしたら再設定できない
  • 端末購入から100日以内はSIMロック解除ができない
  • 通信方式、周波数帯が違う場合は使えない。

SIMロック解除することのメリットだけでなく、注意点も知っておきましょう!

解除後のデータ消失は保証外となる

ドコモでは、水濡れや破損、故障などにより端末のデータが消えてしまった際、有料のデータ復旧サービスを提供しています。

しかし、SIMロック解除をしたあとは保証対象外となってしまいます。

一度SIMロック解除をすると再設定することができないので、万が一データが消失しても、こうした保証を使うことができません。

データのバックアップをこまめに取るようにすると安心ですね。

通信方式、周波数帯が違う場合は使えない

他社回線への乗り換えの場合、SIMカードによって通信方式や周波数が異なることがあります。

通信はできても通話ができないなどといった可能性も考えられますので、事前に確認しておきましょう。

各端末の通信方式は、ドコモ公式サイトの『SIMロック解除対応機種および対応周波数帯』で確認ができます。

まとめ

SIMカードは、端末に挿し込めば無条件で使えるわけではなく、キャリアが異なる場合は、SIMロック解除の手続きを行う必要があります。

ドコモ端末のSIMロック解除には、オンライン、電話、ドコモショップの3つの方法があり、2014年4月以前に発売された携帯電話は、ドコモショップでのみ解除が可能です。

データ保証対象外になることや、一度外したロックは元に戻せない、端末によっては通信方式などの違いで使うことができない場合があるなどの注意点もあります。

他社回線への乗り換えや海外での利用時などにはSIMロック解除が必要になりますので、必要に応じてSIMロック解除を行いましょう!

ちなみに:契約するならドコモオンラインショップがお得です

ドコモで機種変更/新規/乗り換えを検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(最大3,000円お得)
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

精神的メリット(来店不要・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです。(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

限定キャンペーン中!

ドコモオンラインがお得な理由はこちら


こんな記事もおすすめ