このサイトについて

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えを全解説|年間3.6万・最大7万円の節約も可

ゴリラ

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えを考えてるけど、どれくらい安くなるの?あと乗り換え方法も分かりやすく教えて欲しい。

という人向けの記事です。

キャンペーンで話題の楽天モバイルへ乗り換えてみようかなと考え中のドコモユーザーの方も多いと思います。

「1年間無料キャンペーン」の今なら、年間で2~7万円程度の大きな節約も可能です。

ただいざ乗り換えとなると、「具体的に毎月の料金はいくら安くなる?」「何から始めればいいの?」など分からないことも多いと思います。

そこで本記事では、

  • 「ドコモ⇒楽天モバイル」でいくら安くなるか
  • 乗り換えについての不安(ちゃんと繋がる?など)
  • 乗り換えの手順(全6ステップ)

など分かりやすく解説します。

楽天モバイルでスマホ代をガッツリ節約する方法をチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、乗り換えで月々~3,000円ほどお得になります。

「ギガホ」から乗り換え⇒月々3,000円ほどお得

「ギガライト」から乗り換え⇒3GB以上で月々1,000円~お得

また、楽天モバイルへの乗り換え手続きは6ステップ・トータル60分ほどで完了します。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

楽天モバイルでは現在プラン料金(2,980円)が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

 

キャンペーンは300万人対象なので、新規・乗り換えで検討中の方は枠がなくなる前に契約しておきましょう。

 

\データ使い放題/

 

 

契約時に紹介コードを入力すると2,000ポイントもらえます。

※コードが使えないときは、他のコードも試してみてください。

紹介コード①:2020030301194
紹介コード②:cs7Na5amRZnS

紹介コード③:y8LzWUHc8Qgy

 

 

関連:楽天モバイル(UN-LIMIT)の紹介コードを使って2,000円分お得に契約する方法

「ドコモ⇒楽天モバイル」でいくら安くなる?

「ドコモから楽天モバイルに乗り換えすれば、いくら安くなる?」と気になっている人も多いはず。

結論、ギガホからの乗り換えなら年間で約3.6万円の節約が可能です。ギガライトの場合は安くならないケースもアリ、という感じです。

料金を詳しく見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten Unlimit」の1プランのみです。超シンプルな料金体系となっています。

楽天モバイル「Rakuten Unlimit」

月額2,980円で、楽天回線エリアでデータ使い放題

パートナー回線(au)でも月5GBまで使える

格安SIMより少し高めですが、サービスは大手キャリアに迫る充実ぶりです。キャリアから乗り換えると大きく節約できます。

ドコモの料金プランと比較してみましょう。

「ギガホ」からの乗り換えで約3.6万円の節約

ギガホから乗り換えると月々3,000円年間で36,000円の節約が可能です。ギガホの概要は以下。

▼ギガホ

毎月30GBが使えるドコモの大容量プラン

月額5,980円※家族3人以上で家族割適用の場合

料金とサービスを比較すると以下。

 月額データ量
ギガホ5,980円30GB
Rakuten Unlimit2,980円データ使い放題
(楽天エリア外は5GB)

「ギガホ」から「Rakuten Unlimit」に乗り換えれば、料金は半額に抑えられます。

Rakuten Unlimitは「楽天回線エリアで使い放題」「5GB超過後も最大1Mbpsで使える」など通信制限のストレスが少ないのが特徴。ギガホからの乗り換えも違和感なく使えます。

年間3.6万円の節約を考えると、一度試してみる価値はありそうですね。

「ギガライト」:3GB以上使うなら乗り換えがお得

ギガライトからの乗り換えの場合は、3GB以上使うなら乗り換えがお得です。ギガライトの概要は以下。

▼ギガライト

1~7GBの間で使った分だけ料金を支払うプラン

月額1,980円~※家族3人以上で家族割適用の場合

ギガライトで3GB以下で抑えられているなら、楽天モバイルに乗り換えても料金は変わりません。

一方で、3GB以上使う月が多いなら、楽天モバイルへの乗り換えでしっかり料金が安くなります。

とくに5GB以上使う人なら、月々2,000円節約できます。

通信制限のストレスもなくなるので、ぜひ乗り換えを検討してみると良いでしょう。

【キャンペーン】1年間は無料で使える

「Rakuten Unlimit」では300万人を対象に1年無料キャンペーンを実施中です。

キャンペーンを適用すれば、上記の料金比較よりさらに大きな節約が見込めます。

ギガホから乗り換え(月額5,980円⇒月額0円)

⇒年間で約7.2万円の節約

 

ギガライトから乗り換え(月額1,980円~⇒月額0円)

⇒年間で2.3万円以上の節約

キャンペーン中ならギガライトで安く使えている場合も必ずお得になります。

楽天モバイルは2年縛りなしで、解約金はいつでも0円です。キャンペーンで使用感を確認してそこから「継続で使うか」を判断するのもOKです。

楽天モバイルがキャリア参入するこのタイミングだけの赤字覚悟の大サービスという感じなので、ぜひ賢く利用していきたいところですね。

楽天モバイルのよくある疑問・不安

ドコモからの乗り換えとなると「電波はちゃんと繋がる?」「乗り換え費用はいくらかかる」など不安も多いと思います。

「楽天モバイルへの乗り換え」でのよくある疑問・不安をまとめました。それぞれ見ていきましょう。

楽天モバイルのよくある疑問・不安
  • 電波はちゃんと繋がる?
  • 乗り換え費用はいくらかかる
  • 今のスマホは使える?

電波はちゃんと繋がる?⇒おおむね良好

電波は「一部繋がりにくい場所もあるが、おおむね良好」という感じです。

サービス開始の2020年4月頃は「楽天回線エリアなのに繋がらない」「移動時に通信が途切れる」といった声もチラホラありました。

ただ通信については猛烈な勢いで改善が進んでいるようで、「繋がりやすくなった」という声が多くなってきています。

(エリアにより差がありますが、個人的には繋がりにくいと感じたことは特になしです。)

電波について不安な方は、無料キャンペーン中にサブ回線として試すのも方法の一つです。お試ししてからメイン回線を乗り換えてみるのも良いでしょう。

乗り換え費用はいくらかかる?⇒6千円ほど

ドコモの「ギガホ・ギガライト」の場合の乗り換え費用は以下。

▼「ドコモ⇒楽天モバイル」の乗り換え費用

 料金
ドコモの
「MNP転出手数料」
2,000円
ドコモの
「解約金」
1,000円
楽天モバイルの
「契約事務手数料」
3,000円
合計6,000円

※2019年10月以降のギガホ・ギガライトの場合。2019年9月以前のギガホ・ギガライトの解約金は9,500円

MNP転出手数料は、電話番号を変えずにドコモから楽天モバイルに乗り換えるために必要な手数料です。

解約金は最新のギガホ・ギガライトなら、契約期間中の解約でも1,000円で済みます。

ちなみに楽天モバイルの事務手数料は、キャンペーン適用で実質0円にできます。乗り換え費用は実質3,000円でOKです。

▼事務手数料「ポイント還元」キャンペーン

メッセージ&通話アプリ「Rakuten Link」への登録・認証完了で、事務手数料分の3,300ポイント還元

事務手数料3,300円分ポイントプレゼント | 楽天モバイル公式 

乗り換え後の圧倒的な料金の節約を考えると、十分に乗り換え費用の元はとれます。

今のスマホは使える?⇒ほとんどは使える

楽天モバイル公式で動作確認が取れているのは、2020年6月現在で約20機種ほどです。(楽天回線対応製品 公式ページ)

富士通:arrows RX
Google:Pixel 4/4 XL
HUAWEI:nova 5T, P30 lite, nova lite 3
OPPO:Reno A(128GB), A5 2020, 10x Zoom, AX7, R17 Pro, Find X
SAMSUNG:Galaxy A7, Galaxy S10, Galaxy Note10+
SHARP:AQUOS R5G,
AQUOS zero SH-M10,
AQUOS R2 compact SH-M09,
AQUOS sense2 SH-M08,
AQUOS R compact SH-M06
AQUOS sense3 lite(SH-RM12/SH-M05/SH-M12),
AQUOS sense3 plus(SH-RM11/SH-M11/SH-M07)

動作保証がないスマホも、楽天モバイルの周波数帯に対応していれば、多くの場合は普通に使えます。

▼楽天モバイルの周波数帯

Band 3(楽天回線), Band 18(パートナー回線)

対応バンド(周波数帯)については事前にチェックしておくと良いでしょう。

手持ちのスマホ機種の公式ページなどから確認できます。

「ドコモ⇒楽天モバイル」の乗り換え手順【6ステップ】

乗り換えとなると手続きが面倒で「本当に自分にできるのか」と不安を感じる方も多いと思います。

ただ、「申し込み」も「開通手続き」も数十分ほどで済む簡単なものです。

「ドコモ⇒楽天モバイル」の乗り換えは以下の6ステップです。

楽天モバイルへの乗り換え手順
  1. MNP予約番号を取得(10分)
  2. SIMロックを解除(10分)
  3. 楽天モバイルへ申し込む(15分)
  4. 楽天回線への転入/移行手続き(10分)
  5. SIMカードをセットする(5分)
  6. 初期設定をする(10分)

乗り換え手順を詳しく見て行きましょう。

STEP.1
MNP予約番号を取得

まずは、MNP予約番号を取得しましょう。MNP予約番号は電話番号を変えずに乗り換えるために必要な番号です。申し込みで必要になるので事前に取得しておきましょう。

MNP予約番号の取得は、電話窓口、マイページ、店頭から可能です。

▼MNP予約番号の取得方法

  • 電話で取得
    ⇒電話番号:0120-800-000
    ※受付は9時~20時
  • マイページからの取得
    My docomo
  • 店頭からの取得
    ⇒お近くのドコモショップへ(店舗検索

MNP予約番号の有効期限は15日間ですが、楽天モバイルの場合は番号取得から「5日以内」に申し込みが必要です。番号を取得したら早めに申し込みをしましょう。

STEP.2
SIMロックを解除

ドコモのスマホはドコモ回線でしか使えないようにSIMロックがかかっています

ドコモで購入したスマホを楽天モバイルに持ち込む場合は、SIMロックの解除が必要です。

※SIMフリーのスマホを持ち込む人や、スマホセットで契約する人はSIMロック解除は不要です。次のSTEP. 3にお進みください。

SIMロックの解除はMy docomo、またはドコモショップ店頭から可能です。

▼SIMロックの解除方法

  • 「マイページ(My docomo)」で解除する
  • 「店頭」で解除する(手数料は3,000円)

店頭では手数料3,000円がかかりますが、My docomoなら無料です。SIMロック解除はマイページからの手続きがオススメです。

マイページでのSIMロック解除の手順は以下。SIMロック解除の項目に進み、あとは画面の指示に従って入力すればOKです。

▼マイページでのSIMロック解除手順

  1. My docomoにログイン
  2. 左上の三本線からサービス一覧を選択
  3. SIMロック解除の項目に進み、画面の指示に従って入力を進める
注意:SIMロックを解除しても使えないこともある

楽天モバイルは、SIMロックを解除したスマホ(SIMフリーのスマホ)でも使えないことがあります

公式サイトでは、対応機種を一覧で公開しているので、契約前に必ず確認しておきましょう。

非対応の場合は、楽天モバイル公式スマホから選ぶのがおすすめです(最大15,000ポイントの還元もあります)。

STEP.3
楽天モバイルへ申し込む

楽天モバイル公式サイトから申し込みを開始しましょう。

楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT」のみです。こちらへ申し込みをします。

申し込み時の入力内容は以下の通り。

▼申し込み時の入力内容

  • SIMの種類の選択:nanoSIM or eSIM
  • スマホセットの有無:スマホセット or SIM単体
  • 本人確認書類のアップロード
  • 電話番号の選択(またはMNP予約番号の入力)
  • 受け取り住所、希望お届け日時

なお、申し込みには本人確認書類のアップロードが必要です。「運転免許証」や「マイナンバーカード」が利用できます。

本人確認書類の詳細はこちら(公式サイト)で確認できます。

STEP.4
楽天回線への転入/移行手続き

申し込みから数日でSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、ドコモ回線から楽天モバイル回線への転入/移行手続きを行いましょう。

※「新しい電話番号」で新規契約した人は「転入/移行」は不要です。次のステップ(開通手続き)にお進みください。

転入/移行手続きは「my 楽天モバイル」で行います。手順は以下の通り。

▼楽天モバイル回線への転入/移行手続き

  1. my 楽天モバイルへログイン
  2. 右上の三本線をタップ
  3. [my 楽天モバイル]⇒[申し込み履歴]の順でタップ
  4. 申込番号をタップ
  5. [転入を開始する]をタップ

利用していたスマホが通話不可になれば、転入は完了です。(このあとの開通手続きで通話が使えるようになります。)

STEP.5
SIMカードをセットする

つづいて、楽天モバイルのSIMカードをセットしましょう。

スマホをを購入した時の箱の中に「SIMピン」が同封されていたはずです。SIMピンをスマホ側面の穴に挿し込むと、SIMカードが引き出されます。

なお古い方のSIMカードは悪用の可能性があるので、細かく刻んで捨てましょう。

STEP.6
初期設定をする

最後にスマホで初期設定をします。

楽天モバイルの動作保証スマホであればSIMカードを入れ替えたら自動でAPN設定が完了します。

ただ動作保証外のスマホは、手動での初期設定(APN設定)が必要となります。

iPhoneの初期設定は以下。

▼iPhoneでの初期設定

  1. VOLTEをオンにする(通話の設定)
    [設定]⇒[モバイル通信]⇒[通話オプション]⇒[音声通話とデータ]と進み、VOLTEをオン
  2. APNを設定(データ通信の設定)
    左上の「<」で戻って[モバイルデータ通信ネットワーク]に進み、[モバイルデータ通信]と[インターネット共有]の「APN」入力エリアに「rakuten.jp」を入力

こちら(公式サイト)で詳しい手順も確認できます

Androidの初期設定は以下。

▼Androidでの初期設

  1. VOLTEをオンにする(通話の設定)
    [設定]⇒[モバイル通信]⇒[通話オプション]⇒[音声通話とデータ]と進み、VOLTEをオン
  2. APNを設定(データ通信の設定)
    [設定]⇒[モバイル通信]⇒[アクセスポイント名]と進み、APN情報を入力
    ※機種により詳細は異なります

APN情報

項目入力内容
APN名任意
(楽天モバイルなど)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミング
プロトコル
IPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

以上でドコモから楽天モバイルへの乗り換えは完了です。ブラウザを開いて通信できるか確認してみましょう。

まとめ

ドコモ⇒楽天モバイルの乗り換えで、月々3,000円の節約も可能です

乗り換えは6つのステップを順に進めていけば、サクッと手続きを完了できます。

スマホ代を安くするなら、楽天モバイルの無料キャンペーンは大きなチャンスです。

最大で7万円以上の節約も可能なので、スマホ代を見直したい方はぜひトライしてみるのがオススメですね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です。

  1. プラン料金(2,980円)が1年間無料
  2. 誰でも8,000ポイント還元
  3. スマホセット購入で最大20,000ポイント還元

①プラン料金1年間無料キャンペーン

300万人を対象に、1年間のプラン利用料金(2,980円)が無料になるキャンペーンです。

2,980円*12ヶ月=合計35,760円割引のお得なキャンペーンです。

楽天モバイルはまだまだ利用できるエリアが狭いですが、このキャンペーンを利用すればそもそも無料なので気にせず使えますね。

キャンペーン終了は未定なので、検討中の人は早めのお申込みを!

②誰でも8,000ポイント還元キャンペーン

Rakuten UN-LIMIT Vへの申込みで、誰でも8,000ポイントが還元されます。

③スマホセット購入で最大20,000ポイント還元キャンペーン

契約とセットでスマホを買うと、端末によって最大で20,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

Galaxy S10Xperia Ace20,000ポイント還元、実質無料で購入できるスマホもあるゾ!

11月から事務手数料も無料になって、より試しやすくなりました!

詳細は公式サイトを確認してみてくださいね!

\データ使い放題/

494