このサイトについて

「ドコモ口座」のメリット3つを分かりやすく解説|登録手順・入金方法・解約方法も紹介

ゴリラ

ドコモ口座ってどんなサービス?
何かメリットはあるの?

という人向けの記事です。

ドコモ口座は、d払いのチャージに使えたり、Visaプリペイドカードが使えたりと、何かと便利なサービスです。

ただいざ使うなると「ピンとこない」「何が便利なのか分からない」という人も多いはず。

そこで本記事では、ドコモ口座のメリットを具体的に紹介していきます。

口座の開設・入金の方法も合わせて解説しています。

ネットショッピングで便利に使えるドコモ口座の実体を確認していきましょう。

正直な結論

「ドコモ口座」はお金をチャージして、ネットショッピングのおサイフ代わりになるサービス。メリットは以下の3つ。

  • 「d払いチャージ」が使える
  • 「Visaプリペイド」が使える
  • 「送金」が使える

ドコモ口座 即時発行できるバーチャルなお財布

ドコモ口座 即時発行できるバーチャルなお財布

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

【ドコモユーザー向け】

 

ドコモで家族・光の料金あわせて10,000円/月以上かかってるなら、dカード GOLDがあるとお得になります。

 

  • 毎月のドコモの料金が10%還元
  • 最大10万円のケータイ補償!
  • 年間の利用額で最大2.2万円の特典

 

その他、特典もりだくさんで、持ってなければ割ともったいないので強めにおすすめです!

 

\ドコモの料金がずーっと10%還元
dカード GOLDの公式サイトを見てみる

dカード GOLDを確実にお得にする損益分岐点の解説記事

ドコモ口座の3つのメリット

ドコモ口座はネットやアプリでお買い物や送金ができるバーチャルお財布サービスです。

口座開設は無料、ドコモユーザー以外も利用できます。

ドコモ口座の具体的なメリットは以下。

▼ドコモ口座のメリット

  1. 「d払いチャージ」が使える
  2. 「Visaプリペイド」が使える
  3. 「送金」が使える

ドコモの銀行口座というわけではなく、あくまで「d払い」やVisaのプリペイドカードのために、お金をチャージしておける場所という感じです。

ドコモ口座のメリットをそれぞれ見ていきましょう。

メリット①:「d払いチャージ」が使える

ドコモ口座があれば、d払いのチャージ機能が利用できます。

d払いでは従来の「クレジットカード払い」や「電話料金合算払い」のほか「チャージによる支払い」が追加されています。

d払いへのチャージの方法は以下の4つ。

▼d払いのチャージ機能

  • 銀行口座」からチャージ
  • セブン銀行ATM」からチャージ
  • コンビニ」からチャージ
  • オートチャージ

d払いアプリ内でシームレスにドコモ口座と連携していて、ドコモ口座を意識しなくてもチャージできます

口座なしでチャージすると、そのタイミングで口座登録が求められるので、そこで手続きすればOKです。

メリット②:「Visaプリペイド」が使える

ドコモユーザーなら、ドコモ口座とセットで「Visaプリペイド」が利用できます。

「Visaプリペイド」はネットショッピングで、クレジットカードと同じようにお買い物できるプリペイドカードです。

使い捨てのカード番号が発行できたり、携帯料金と合算で後払いなどの機能は、ドコモ口座ならではです。

審査不要で発行できるので、気軽にネットショッピング使えるカードが欲しい人にぴったりですね。

メリット③:「送金」が使える

ユーザー同士の送金機能もあります。銀行口座への振込と比べると気軽に利用できます。

▼ドコモ口座での送金の手順

  1. ログイン後「お金を送る」を選択
  2. 送金内容を入力
  3. 内容を確認し「送金実行」

そのほか、各種の投資サービスへの入金も可能です。連携しているサービスは以下。

▼ドコモ口座と連携できる投資サービス

  • THEO+docomo
  • トラノコ
  • One Tap BUY

いずれも気軽に投資を始められる人気サービスです。ドコモ口座があればもっと便利に利用できます。

ドコモ口座の開設方法

ドコモ口座の開設方法を確認していきましょう。

手順は以下の3ステップです。

▼ドコモ口座の開設手順

  1. dアカウントを作成
  2. ドコモ口座の新規登録
  3. 銀行口座の登録

ドコモ口座の全ての機能を使うためには、銀行口座の登録まで必要です。手順をそれぞれ見ていきましょう。

STEP.1
dアカウントを作成

ドコモ口座の登録には「dアカウント」が必要です。

dアカウントを持っていない方は、まずはアカウントを作成しましょう。dアカウントはこちら(公式ページ)から作成できます。

dアカウントをすでにお持ちの方はこのステップは不要です。

STEP.2
ドコモ口座の新規登録

つづいてドコモ口座の公式ページから、口座を新規登録していきましょう。

▼ドコモ口座の登録手順

  1. 「新規登録」を選択

  2. dアカウントへログイン

  3. 「同意画面へ」をタップ

  4. 注意事項・利用規約を確認の上、「次へ」
STEP.3
銀行口座の登録

最後に銀行口座の登録です。

銀行口座の登録なしでもドコモ口座は使えますが、一部機能が制限されます。

とくに以下の機能を使うなら、銀行口座の登録は必須です。

▼銀行口座登録が必須となる機能

  • Visaプリペイド
  • 出金・送金
  • 銀行口座からの入金

銀行口座の登録手順は以下。

▼銀行口座の登録手順

  1. ログイン後のメニュー画面より「銀行口座」をタップ
  2. 注意事項を確認し、必要事項を入力後、「同意して進む」
  3. 登録する金融機関を選択
  4. 入力内容を確認し、各金融機関のサイトで手続き

以上でドコモ口座の開設は完了です。これでドコモ口座の機能をフル活用できます。

対応している銀行|三菱UFJは使えない

ドコモ口座に対応している銀行は以下。三菱UFJ銀行や楽天銀行は対応していないので注意しましょう。

▼「ドコモ口座」対応の銀行

 

みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行

 

(50音順)イオン銀行、伊予銀行、愛媛銀行、大垣共立銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、静岡銀行、七十七銀行、千葉銀行、中国銀行、東洋銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、肥後銀行、百十四ぎんこう、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行

ドコモ口座への入金方法

ドコモ口座への入金方法は以下の4つ。

▼ドコモ口座への入金方法

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • ペイジー
  • コンビニ

入金の手順を簡単にまとめると以下。

▼銀行口座

  1. ログイン後、「銀行口座」を選択
  2. 入金額を入力し、チャージを実行

▼ペイジー

  1. ログイン後、「ペイジー」を選択
  2. 入金額を入力
  3. ペイジー対応の金融機関で払い込み

▼セブン銀行ATM

  • ATMで「スマートフォンでの取引」を選択
  • アプリで「チャージする」⇒「セブン銀行ATM」
  • QRコード読み取りが開く。ATM画面をスキャン
  • アプリに表示された企業番号をATMに入力
  • 金額を入力し、入金実行

▼コンビニで入金

  1. ログイン後、コンビニエンスストアを選択
  2. 入金額を入力
  3. コンビニの選択
  4. コンビニで払い込む

とくに便利なのが、来店不要の銀行口座からの入金ですね。

各入金の手順はこちら(公式ページ)からも確認できます。

ドコモ口座「Visaプリペイド」を詳しく解説

「Visaプリペイドを使いたい」という理由で、ドコモ口座の開設を考えている方も多いはず。

Visaプリペイドの概要は以下。

▼ドコモ口座のVisaプリペイド

 

ネットショッピングで使えるプリペイドカード

  • 審査不要で即時発行できる
  • ドコモユーザー限定のサービス

※携帯料金と合算払いは20歳以上、その他は18歳以上が利用可

ドコモ口座のVisaプリペイドのメリット、使い方を詳しく見ていきましょう。

ドコモ口座「Visaプリペイド」のメリット

Visaプリペイドのメリットは以下の通り。

▼Visaプリペイドのメリット

  • 審査不要で発行できる
  • 使い過ぎの心配がない
  • ワンタイムカードが使える
  • 携帯料金と一緒に「後払い」も可能

「審査不要」「使い過ぎの心配がない」といったプリペイドカードのメリットに加え、「携帯料金と合わせて後払いもできる」などドコモ口座ならではのメリットがあります。

ここではドコモ口座ならではのメリットについて詳しく見ていきましょう。

携帯料金と合わせて「後払い」も可能

Visaプリペイドでは、チャージによるプリペイド方式のほかに、月末に携帯料金と合わせて「あと払い」も可能です。

審査不要のカードながら、かなりクレジットカードに近い使い方ができます。

ワンタイムカードが使える

ドコモ口座のVisaプリペイドでは、3年間有効な「レギュラーカード」のほか、使い捨てのカード番号を発行できる「ワンタイムカード」が選択できます。

 レギュラーカード
(定額パックプラン)
ワンタイムカード
(ワンタイムプラン)
期限3年間発行後10日間
番号は使い捨て
月額200円/月無料
キャッシュバック利用金額の1%なし

「海外サイトで、いつも使ってるメインのクレジットカードを使うのが不安」という時など活躍してくれるはずです。

Visaプリペイドの発行方法

Visaプリペイドの発行手順は以下。

▼Visaプリペイドの発行手順

  1. ドコモ口座にログイン
  2. 「Visaプリペイドを利用する」をタップ
  3. 規約を確認し同意し、ニックネームを入力
  4. 「ワンタイムカードを発行する」「定額パックに申込む」のどちらかを選択
  5. 内容を確認のうえ「確定」をタップ

以上の手続きが完了すると、無事にカードが発行され、カード番号が画面に表示されます。

※定額プランでは「レギュラーカード」と「ワンタイムカード」の両方が表示されます。ワンタイムプランは、ワンタイムカードのみです。

発行したカードはすぐにネットショッピングで使えます。

その場で即時発行できるのは、クレジットカードにないメリットですね。

ドコモ口座のよくある質問2つ

ドコモ口座のよくある質問2つをピックアップしました。

▼ドコモ口座のよくある質問

  • dポイントはチャージできる?
  • ドコモ口座の解約方法を知りたい

それぞれ見ていきましょう。

ドコモ口座にdポイントはチャージできない

ドコモ口座にdポイントをチャージすることはできません

dポイントがドコモ口座に入金できるとポイントの現金化も見えてきますが、残念ながら不可です。

dポイントの現金化を考えているなら、dカード プリペイドでAmazonギフト券を購入するという方法がおすすめ。

▼dカード プリペイド

ドコモのプリペイドカード

現金チャージのほか、dポイントのチャージも可能

Amazonギフト券を購入すれば、アマゾンのお買い物で使えるのはもちろん、金券ショップでの現金化も可能です。

「ポイントを現金化したい」という方は、こちらを検討すると良いでしょう。

ドコモ口座の解約方法を知りたい

ドコモ口座の解約手順は以下。

▼ドコモ口座の解約手順

  1. ドコモ口座にログイン
  2. 「各種設定・確認」をタップ
  3. 「サービスの解約」をタップ

なお、dアカウントを削除しただけではドコモ口座は解約されません。この点は注意しましょう。

また「送金が完了していない」「残高が残っている」場合は解約できません。送金や残高の引き出しを済ませてから、解約を進めていきましょう。

ちなみに、残高が残ったままドコモ口座と紐づいているドコモ回線を解約した場合には、残高は返金処理されます。(銀行口座登録なしの「口座(プリペイド)」は返金はなしです)

返金手数料が540円かかってしまうので、事前に引き出しておきましょう。

まとめ:必要に応じて口座を作ればOK

ドコモ口座は「d払いのチャージ」や「Visaプリペイド」など特にネットショッピングで活躍してくれるサービスです。

ただd払いチャージやVisaプリペイドを使わない人は、大きなメリットはありません。慌てて口座を開設する必要はなさそうです。

自分のネットショッピングなどのスタイルに合わせて、口座を作るか検討してみると良いでしょう。

ちなみに:ドコモ利用者ならdカード GOLDがおすすめ

ゴリラ

dポイントを効率よくたくさん貯めたいんだけどどうすればいいかな?

dポイントを効率よく貯めたい人はdカード GOLDがおすすめです。

  • ケータイ料金から10%還元(←これがお得)
  • 最大10万円補償のケータイ補償が付いてくる
  • ドコモオンラインショップでのポイントが2倍
  • その他特典多数(詳しい特典はdカード公式サイトをご確認ください)

10%還元ってなかなかないですからね…笑

年会費が10,000円かかりますが、ドコモ光・家族あわせて月額10,000円以上だったらその時点でお得になるので使わないともったいないです…!

\500万人以上が使っています/
dカード GOLDでお得に貯める


ドコモの月額10,000円以上だったらお得になる根拠の解説記事

こんな記事もおすすめ

524