データ量上限設定オプションとは?設定方法と注意点【シェアユーザー必見】

※「ベーシックパック/ベーシックシェアパック」は2019年5月31日をもって、新規受付を終了しています。

ゴリラ

シェアパックの使用可能データ量を個別で設定できる「データ量設定オプション」。設定したいんだけど、なんか注意点とかあるかな?あと、やり方とかも教えて欲しい!

という人向けの記事です。

家族でデータ量をお得に分けあえるシェアパック。

よくあるのが「グループ内に使いまくる人がいて不平等になってしまう問題」です。

それを解決してくれるのがデータ量上限設定オプション。あまり知られてないですが、確実に悩みを解決してくれるオプションです。

この記事では、データ量上限設定オプションについての注意点設定方法よくある質問についてまとめています。

シェアパック/ベーシックシェアパックを契約している人、データ量上限設定オプションを契約しようか考えている人は参考にしてくださいませ。

【ドコモユーザー向け】

ドコモで9,000円/月以上かかってるなら、dカード GOLDがあるとお得になります。

 

\更に今なら15,000円分進呈中/
dカード GOLDの公式サイト

 

dカード GOLDを確実にお得にする損益分岐点の解説記事

データ量上限設定オプションとは?

データ量上限設定オプションとは、シェアパックやベーシックシェアパックで回線ごとに利用可能データ量に上限を設けられる無料のオプションです。

例えば、父・母・息子の3人でシェアパックを使っているケースで、父・母はネットをほとんど使っていなくても、息子が10GB使ったらグループ全体で速度制限がかかります

そういった事態を避けるために使えるのがデータ量上限設定オプションなわけですね。

2018年8月までは1~10GBまでだったのですが、現在は1~999GBまで自由に設定が可能になりました。

また回線ごとに上限を変えたり、上限自体のする/しないを選べるようになっています。

データ量上限設定オプションの申し込み方法

データ量上限設定オプションはシェアグループ代表回線の名義人がする必要があります。子回線だと手続きできないので注意しましょう。手続き方法は以下です。

My docomoで手続きする場合【契約内容・手続き】【ご契約内容の確認・変更】【データ量上限設定オプション】【申し込み】で設定可能です。(表記は変わっている可能性があります)

オプションを申し込んだら、次に回線単位でMy docomoのデータ量上限設定サイトにて上限の設定が必要です。

回線ごとの設定はMy docomoから【料金・データ量の確認】【料金・通信量メニューの一覧】【シェアグループ各回線のデータ量上限設定】【設定する】で設定可能です。

データ量上限設定オプションの注意点

データ量上限設定オプションの注意点を説明します。

  • シェアパック分割請求オプションとは重複できない
  • 上限ぴったりにしないこと

シェアパック分割請求オプションとの併用は不可

データ量上限設定オプションとシェアパック分割請求オプションは重複契約ができません

シェアパック分割請求オプションとは、シェアグループ内で請求額を均等に割り振るオプションです。成人した子供と親で請求を均等にしたい時などに使えます。

シェアパック分割請求オプションの図|ドコモ公式サイトより

既にシェアパック分割請求オプションを申し込みしている場合、解除しない限りデータ量上限設定オプションはお申し込みできません。

上限ぴったりにしないこと

データ量上限オプションで上限を設定する場合は、上限ぴったりにせず余裕を持って設定しましょう

例えばベーシックシェアパックを契約している場合、5GB・10GB・15GBになった瞬間に次のステップにあがります。

例えば、3人のシェアパックで3GB・3GB・4GBに上限を設定した場合、全員が上限まで使うと10GBになり、料金は12,000円課金されます(ステップ3)。

そうならないよう、合計9GBになるよう設定しておくのが安全です。

データ量上限設定オプションに関するよくある質問

よくある質問をまとめておきます(今後聞かれることがあったらどんどん追加していきます)。

上限に達して制限がかかったあとのデータ量は加算される?→されない

データ量上限設定オプションで設定したデータ量に到達すると、速度制限がかかります。

その場合、速度制限であって使えなくなるわけではないので、大量に使った場合は合計のデータ量に加算されるのでしょうか?

答えは否、加算されません。速度制限中に使ったデータ量はデータ量の総量に影響を与えないので安心して使ってOKです。

まとめ

シェアパックをトラブルなく使うのに適したデータ量上限設定オプション。

従量課金型のベーシックシェアパックが出てきたことでなおさら存在価値が高まりました。

ベーシックシェアパックは最安で使えば6,500円ですが、使いすぎると15,000円。その差は8,500円です。高いですね。

「気がついたら+8,500円課金されていた…!」なんてことにならないように、データ量上限設定オプションを活用しておきましょう!

ちなみに:ドコモスマホ利用者ならdカードがおすすめ

ゴリラ

dポイントを効率よくたくさん貯めたいんだけどどうすればいいかな?

余談ですが、dポイントを効率よくお得に貯めたい人にはdカードがおすすめです。

  • 年1回使えば年会費が無料
  • ショッピング利用が1%還元(そこそこ高い)
  • 特定の店舗が最大5%お得に

年会費もかからないので、作って使ってれば勝手にざくざくdポイントが貯まります。

\年会費無料!/
dカードを使ってポイントを貯める


dカードの正直レビュー記事

 

ドコモ利用料が9,000円以上だったらdカード GOLD

もしくはドコモの利用料が月額9,000円以上の人だったらdカード GOLDの方がおすすめです。

  • ケータイ料金から10%還元(←これがめっちゃお得)
  • 最大10万円補償のケータイ補償が付いてくる
  • ドコモオンラインショップでのポイントが2倍…!
  • その他特典多数…!(詳しい特典は公式サイトをご確認ください)

年会費が10,000円かかりますが、ドコモ光・家族あわせて月額9,000円以上だったらお得になるので使わないのがもったいないです…!

\500万人以上が使っています/
dカード GOLDでお得にポイントを貯める


ドコモの月額9,000円以上だったらお得になる根拠の解説記事

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です