このサイトについて

auから格安SIMに変える時に注意することは?メリット・デメリットも紹介

ゴリラ

いまauを使ってて、格安SIMにしようかなと思ってるんだけど、難しいよね?

auを使って長い人も、「格安SIM」が気になってる人は多いと思います。

しかし長年auを使っていると、格安SIMについて自分で調べたり申し込むのって面倒に感じますよね。

僕も初めて格安SIMにするときは「なにから調べればいいかわからない!」という状態でした。

そこでこの記事で「auから格安SIMにするメリット・デメリット」「その手順」について紹介するので、参考にしてください。

いまauのひとが格安SIMにするべきか?しなくてよいか?を判断する材料になるかと思うので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、誰でもauから格安SIMに変えられますが、自分で全て調べて、申し込みもネットで自分ですることになります。

 

その上で以下のことに気をつけるとよいでしょう。

  • 毎月30GB以上くらい使うならauのままがよい
  • 家族契約、光回線があるならauのままがよい
  • 格安SIMだとトラブル対応なども自分ですることになる

ちなみに…

 

楽天モバイルでは現在プラン料金(最大3,278円)が3ヶ月無料になるキャンペーンをしています!

 

また、誰でも5,000ポイント&スマホを買って最大20,000ポイントの還元キャンペーンもやってます。

 

〜1GBならタダで維持できて、電話もかけ放題なんで、契約しない理由はないかと!

 

(当サイトのライターは全員、楽天モバイル契約してます^^)

 

\1GBまでならずっと無料/

 

\ついに!楽天モバイルでもiPhoneが買えるように/

iPhone 12 パープル

 

2年後の買い替えで半額分の支払いが免除される「iPhoneアップグレードプログラム」がスタート!

 

さらに最大20,000ポイントの還元もあります!

 

4キャリアで最安。最新の価格は公式サイトでチェックしてみてください!

auから格安SIMにするメリット・デメリットは?

ゴリラ

格安SIMにすると料金が安くなるのはわかるんだけど、いろいろめんどくさいことありそうだなぁ?

その通りです。格安SIMにするメリットはもちろん毎月の料金が安くなること。

デメリットは手続きを全て自分でしないといけなくなり、自己責任となる点です。

auから格安SIMにするメリット→【毎月5,000円くらい安くなる】

auでスマホを使うと、だいたい一人7,000〜9,000円くらいはかかってるかと思います。

格安SIMだとそれが2,000〜4,000円くらいまで下がる可能性があります。

auの料金と代表的な格安SIMの料金を比較してみます。

auの料金
  • データMAX 4G LTE 7,480円
  • ネット使い放題
  • 家族割引、光回線割引あり
代表的な格安SIM(LINEモバイル)の料金
  • 3GB 1,480円
  • 6GB 2,200円
  • 12GB 3,200円

auから格安SIMにすると5,000円程度節約できることがわかります。

もし30GB以上使ってるならauのままでいい

ただ、もし毎月30GB以上使ってるのであれば、auのままがいいでしょう。

なぜなら格安SIMで用意されてるのは最大でも20GBくらいのプランで、それ以上になると結局auの使い放題プランの方がお得になるからです。

格安SIMに変更するのであれば、毎月20GB以下くらいに抑えないとお得感は得られません。

Wi-Fiを頻繁に利用するなどの工夫をして、データ消費を抑えるつもりで格安SIMに切り替えましょう。

家族契約/光回線があるならauのままでもOK

auのデータMAX 4G LTEプランは7,480円/月ですが、複数の割引があります。

  • 家族割引で最大2,020円OFF
  • auひかりを使っていれば1,000円OFF
  • 契約から半年は1,000円OFF

特に家族4人でauにしていると2,020円×4人分が割引になるので大きいです。

割引が全て適用されれば毎月3,000円〜4,000円代で使い放題となり、格安SIMと比べてもかなりお得になります。

そう考えると「家族でauで、光回線もau」という人は、格安SIMにする必要はないかと思います。

auから格安SIMにするデメリット→【自分で全てやらないといけない】

格安SIMにするデメリットは「自己責任」の一言に尽きます。

いままではauショップに行けばプランの説明機種の特徴契約まで全て店員さんがやってくれました。

格安SIMにすると、それら全てをネットで自分ですることになります。

MEMO
格安SIMにすることで安くなる5,000円は、ショップ店員さんの人件費と店舗の家賃と考えると、全て自分ですることに納得がいくかと思います。

トラブルには自分で対応しないといけない

格安SIMは基本的にはauと同じように不便なく使えますが、もちろん完璧ではなく、トラブルが起こることもあります。

僕が実際に経験したトラブルは以下など。

  • 急にネットがつながらない
  • スマホが壊れて操作ができなくなった
  • ネットが異常に遅くなった

このようなトラブルの時、いままではauショップに駆け込めばなんとかしてもらえましたが、今後は自分で検索して解決することになります。

ゴリラ

ネットがつながらなくても自分で解決しないといけないなんて無理ウホ!誰かに助けてもらいたいウホ!

そのような人はauのままにしておくか、近くの頼れる人にお願いしましょう

電波の質は少し格安SIMの方が落ちる

格安SIMにすることのデメリットとして「電波の質は少し落ちるかも」ということがあります。

格安SIMは全て、au、ドコモ、ソフトバンクから電波を借りて運営されているため、少し不安定になると言われています。

とはいえ、僕が何年も格安SIMを使っていて電波で不便を感じたことはないので、あまり気にしなくてもよいと思います。

あくまで「そう言われている」くらいです。

auから乗り換えにおすすめの格安SIMは?

ゴリラ

なるほど〜。なんとなくわかってきたゾ。けど結局、どこの格安SIMにすればいいんだろ?

格安SIM会社は現在30社以上あり、基本的にサービス内容に大差はないので、好みで選んでしまってもOKです。

しかしいくつかおすすめを紹介します。

一番おすすめは楽天UN-LIMIT【一年間無料】

一番のおすすめの格安SIMは「楽天モバイル(楽天UN-LIMIT)」です(「格安SIM」と言えないかもしれませんが)。

現在、楽天がドコモ/au/ソフトバンクに次ぐ4社目のケータイキャリアになろうとしている最中です。

よって、今は1年間無料というぶっ飛んだキャンペーンを展開しています。

▼楽天UN-LIMITのキャンペーン内容▼

  • 本来は2,980円のプラン(楽天エリアなら使い放題、パートナー回線(au回線)は5GB)
  • このプランが1年間無料
  • 契約事務手数料0円
  • 申し込むだけで8,000ポイントもらえる(期間限定)
  • 特定の機種を買うと最大20,000ポイントもらえる(期間限定)

期間限定のキャンペーンもあり、いつも内容は変わっていますが、サービス開始以来、基本的にずっとめちゃくちゃお得な内容です。

価格を見ると楽天UN-LIMITは圧倒的に安いですが、急成長している替わりに不具合障害の話を聞かなくはないので、神経質な人にはおすすめしません。

「多少のトラブルや障害は、安いんだから気にしない!」という豪快マインドを持つ方なら楽天UN-LIMITがおすすめです。

他にもおすすめ格安SIM紹介

もちろん楽天UN-LIMIT以外にもおすすめの格安SIM会社はあるのでいくつか紹介します。

ここでは「LINEモバイル」「mineo(マイネオ)」「IIJmio(アイアイジェイミオ)」を紹介します。

LINEモバイルのポイント
  • 最安クラスの安さ
  • SNSの利用はデータノーカウント
  • LINEアプリの年齢確認ができる
mineoのポイント
  • 家族間でデータ量を分け合える
  • 「パケットシェア」で、mineoユーザー同士で分け合える
  • 「mineoフリータンク」などユニークな機能がたくさん
IIJmioのポイント
  • 家族割引がある
  • 光回線とのセットプランがある

それぞれに特徴はありますが、基本的にサービス内容やデータ通信のクオリティは同じなので、どれを選んでも後悔するようなことはないと思います。

またそれぞれ解約金もほとんど発生しないので、気軽に選んで、ダメなら変更でもOKです。

auから格安SIMに乗り換える手順は?

auから格安SIMに乗り換えるための手順は以下。

  1. auにMNP予約番号を発行してもらう
  2. 格安SIMの手続きをする
  3. 自宅にSIM(とスマホ)が届き、設定する

正直、一度もしたことがないしこういうのが苦手なひとには難しいので、慣れた人に一緒にやってもらうか、お願いするのがいいかと思います。

①auにMNP予約番号を発行してもらう

まず必要になるのは「MNP予約番号」を手に入れることです。

これはauでいままで使っていた電話番号を他社で使うために必要な番号です。

3種類の発行してもらう方法があります。

  • 電話(0077-75470)で発行してもらう
  • my auで発行してもらう
  • auショップで発行してもらう

いずれかの方法で、10桁程度の番号を教えてもらいます。忘れずにどこかにメモしておきましょう。

以前はMNP予約番号の発行にも手数料がかかっていましたが、いまは無料なので嬉しいです(2020年12月現在、「MNP転出手数料(3,000円)」はかかります。)

②格安SIMの手続きをする

希望の格安SIMの会社のページで申し込み手続きをします。

このときに①で入手したMNP予約番号を入力することで、契約完了時に自動でauは解約になり、それまで使っていた番号を引き継げます。

今のスマホをそのまま使うか、手元に他のスマホがあれば「SIMのみ」で、スマホも同時に購入する場合は「SIMとスマホ」を選択します。

データ容量や通話プランなど選ぶ部分は多いですが、後からいくらでも変更できるので「とりあえず」で選んでしまってOKです。

③自宅にSIM(とスマホ)が届き、設定する。

正しく手続きができていると、数日で自宅にSIM(とスマホ)が届きます。

スマホにSIMを差し込み、同封されている紙の通りに操作をすると使えるようになります。

もともと持っているスマホにSIMを差し込む場合、「スマホのキャリアと格安SIMのキャリアは一致しているか?」「ちゃんとSIMロックは解除されているか?」をチェックしてみてください。

MEMO
開通までに時間がかかる場合などあるので、同封されている紙をよくチェックしてみてください。

まとめ:auから格安SIMへは「安くなるけど自分でやってね」

以上、auから格安SIMへの変更についてまとめました。

まとめると以下のようになります。

  • auから格安SIMに変えると5,000円くらい安くなる
  • 毎月30GB、家族契約、光回線がある人はauのままでよい
  • 格安SIMに変えるには自分で全部調べて契約する必要がある

格安SIMは非常に安いですが、それでも実際には日本人の1〜2割しか格安SIMにしていません。やはり大多数の人は「めんどくさいこと」が嫌いなんですね。

しかし毎月5,000円安くするために、ぜひこの記事を参考に格安SIMデビューしてみてくださいね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

①プラン料金3ヶ月無料

Rakuten UN-LIMIT Ⅵのプラン料金が3ヶ月間、無料になります。

最大3,278円*3ヶ月=合計9,834円割引の超おトクなキャンペーンです。

②誰でも5,000ポイント還元

Rakuten UN-LIMIT Ⅵへの申込みで、誰でも5,000ポイントが還元されます。

③iPhoneが最大2.2万円割引

他社からの乗り換えでiPhoneを買うと、2.2万円割引されます。新規でも1.5万円割引を受けられます。

④Androidスマホセットで最大20,000ポイント還元

契約とセットでAndroidスマホを買うと、端末によって最大で20,000ポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

ゴリラ

OPPO Reno3 Aなど人気スマホが最大20,000ポイント還元!AQUOS sense4 liteOPPO A73 実質1円で買えるゾ〜!!

⑤乗り換えならSIMのみでも15,000ポイント還元

SIMのみの契約でも、他社からの乗り換えなら15,000ポイント還元。②のキャンペーンと併せて20,000ポイントがもらえます。


事務手数料も無料、〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

詳細は公式サイトを確認してみてくださいね!

\本当に契約しておかないと割と損/

こんな記事もおすすめ

546