【au】10/23 iPhone 12 / 12 Pro 発売!

auの事務手数料は基本3,000円│初期費用を抑える方法も解説

ゴリラ

auの事務手数料はいくらなの〜?安くならんかなー

スマホの契約や機種変更、MNPには手数料がかかります。

この手数料、あまり気にしていないかもしれませんが、あとで請求を見ると、数千円かかっていたりします。たかが数千円かもしれませんが、少しでも負担は軽くしたいところですね。

今回はauの契約にかかる手数料について、どんなときにかかるのか、いくらかかるのか、安くする方法はあるのか、をまとめました。

正直な結論

先に今回の結論をお伝えすると、

  • auを契約するときの手数料は、基本3,000円
  • 同じ回線の種類(4G→4Gなど)の機種変更は2,000円
  • 手数料はどこで契約しても絶対にかかる
  • 同じ初期費用の「頭金」については、ゼロにすることができる

それではauでかかる手数料について、確認していきましょう。

ちなみに…

 

auで契約するなら

  • 頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

auオンラインショップがおすすめです!

 

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

 

関連記事:【withコロナ】auオンラインショップの自宅受け取りの流れを紹介します

 

\10,000円以上お得/

 

\auでもiPhone 12が発売!/

 

 

スマホ最速のA14 Bionicチップ!デザインもフラット型が復活しました!

 

auなら新規11,000円乗り換え22,000円機種変更でも5,500円の割引を受けられます!

 

関連記事:【au】iPhone 12におトクに機種変更する手順を紹介丨価格や割引も!

auの事務手数料は、2,000円〜3,000円

auの事務手数料は2,000円〜3,000円で設定されています。

契約などの種類料金
新規、MNP3,000円
機種変更
(回線の種類が変わる機種変更)
3,000円
機種変更
(同じ種類の回線の間での変更)
2,000円
盗難/紛失/破損などのICカードの変更2,000円
プラン変更0円
(同月内2回までなら無料、
3回目から1回あたり1,000円)

機種変更で回線の種類が変わらないなら2,000円

多くの人に関係があるのは、契約に関する手数料だと思います。

新規やMNPで契約をする場合は、3,000円の手数料がかかります。(MNPの場合は、もとの契約していた会社への「転出手数料」もかかります)

機種変更の場合は、同じ回線の種類間での変更なら2,000円、回線の種類が変わる場合は3,000円の手数料がかかります。

回線の種類が変わるとはどういうことかというと、

  • 4G LTE(au VoLTE対応) ↔ 4G LTE(au VoLTE非対応)
  • 3G(CDMA1XWIN)⇔ 4G LTE(au VoLTE対応) ↔ 4G LTE(au VoLTE非対応)

というような変更です。

ちなみに、2020年春から始まる5Gスマホに機種変更する場合も、回線の種類が変わるので、基本的には3,000円の手数料がかかります。

手数料の払い方

手数料は新規契約、MNPのりかえの場合は、初回の請求に、機種変更の場合は翌月の請求でまとめて請求されます。

auはオンラインストアでも事務手数料は安くならない

オンラインストアなら手数料が安くなりそう、と思った方もいるのでは。

例えばドコモの場合、オンラインストアでの契約なら手数料が0円です。

しかし、auの場合、オンラインストアで契約をしても手数料はかかります。手数料を0円にする方法はありません。

MEMO
過去には、auのオンラインストアで手数料の無料キャンペーンをやっていたことがあります。でも期間限定なので、あまり期待しない方がいいでしょう。

タイミングが合えばラッキーですね!

でも、オンラインストアなら端末の頭金は0円になる

事務手数料と並んで、契約をするときにかかる大きな費用が、端末の「頭金」です。

頭金の金額には決まりがなく、店舗によって変わってきます。だいたい3,000円〜10,000円くらいのところが多いようです。

この頭金ですが、実は端末の代金の一部というよりは、お店への手数料に近い扱いなのです。正直、払うのはムダです

auの頭金については、こちらの記事で詳しく紹介しました。

そして、この憎き頭金を0円にすることができるのがオンラインストア。お店に行く時間も節約できますし、予約などの煩わしい手続きもいりません。

店頭で勧められるオプションも一切なし。

10,000円くらいかかるかもしれない頭金を、ノーリスクで0円にできるオンラインストアを使わない手はないですね。

まとめ:手数料は2,000円から。0円にはならないけど、頭金は0円にできる

あらためて、今回のまとめです。

  • auの事務手数料は、基本3,000円
  • 同じ回線同士の機種変更なら2,000円でOK
  • 事務手数料をゼロにすることはできない
  • 初期費用の「頭金」はオンラインストアなら0円

この記事をみつけて、「もしかしたらauの事務手数料が安くなる方法があるかも!」と期待していた方。なんか、すみません。

ドコモのオンラインストアなら事務手数料は完全に無料ですし、今後はauにも期待したいですね!

ちなみに:契約するならauオンラインショップがお得です

auで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりもauオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  2. オプションに加入する必要がない
  3. 待ち時間がない
  4. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくau直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

どうぞお得に契約してくださいませ。

\10,000円以上お得/

 

こんな記事もおすすめ

 

1650