このサイトについて

【本当に使いやすい】「AQUOS sense4」をレビュー|300万台売れた前モデルから大幅に進化

ゴリラ

AQUOS sense4って評判も良さそうだけど、どんなスマホのなの?

3万円台で買えて、1週間のバッテリー持ち、おサイフ・防水と、使い勝手が魅力のAQUOS sense4

300万台売れた前モデルから、大幅にスペックが強化され、ユーザー・レビューワーから「間違いなく売れる」と評判が集まっています。

ただいざ購入を考えるとなると、スペックや評判は事前にチェックしておきたいところだと思います。

そこで本記事では、AQUOS sense4のスペックを、実際の評判を交えながら詳しく紹介していきます。

AQUOS sense4は自分に合ったスマホか、チェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、AQUOS sense4は、バッテリー持ち、おサイフ・防水、物理指紋センサーなどの使い勝手は前モデルから健在。

 

CPUの大幅な強化、カメラ性能の向上で、前モデル以上のコスパです。使い勝手にこだわるなら「買い」の一台

このスマホの評価
価格
(4.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.0)
使い勝手・機能性
(4.5)
総合評価
(4.0)

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに...

ドコモで契約するなら、
  • 事務手数料(3,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる
ドコモオンラインショップがおすすめです。

 

最大10,000円分お得です

 

 

\iPhone 12 Proが発売!カメラがすごい!/


iPhone史上最高のカメラを搭載!iPhone 12よりも売れているようです!


ドコモなら他社からの乗り換えで22,000円の割引を受けられます!


関連記事:【ドコモ】iPhone 12にお得に機種変更する方法!価格や維持費も詳しく紹介

最大の魅力は「使い勝手の良さ」

AQUOS sense4の最大の魅力は、日本製スマホならではの「使い勝手の良さ」です。

日本の家電製品を使っているような感覚で、安心して使えるスマホです。

今回のAQUOS sense4では、スペックが大幅に強化された点に注目です。

使いやすいけど性能は抑えめだったsense3から一気に進化し、「iPhone SE(第2世代)」や「Google Pixel 4a」など並ぶレベルのコスパを実現しています。

「AQUOS sense3」はめちゃくちゃ売れた

前モデルのAQUOS sense3は300万台売れて、2019年にシャープがAppleに次ぐ国内シェア獲得する原動力となりました。

出典:2019年(暦年)国内携帯電話端末出荷概況|MM総研

同じ価格で、同じくらいのスペックを積んだスマホも少なくないですが、やはりAQUOS senseシリーズならではの細かな「使いやすさ」が人気の理由のようです。

今回の「AQUOS sense4」は、大方の予想を超えるレベルのスペックの強化があったので、使い勝手はさらに期待ができそうですね。

カラーバリエーションが豊富

ドコモでのカラーバリエーションは、以下の7色

iPhone XRを思わせる鮮やかなバリエーションですね。

レッド、ブルー、イエローはドコモオンラインショップ限定カラーとなります。

サイズは大きすぎず片手操作も◎

サイズは5.8インチです。

最近のスマホは廉価なモデルでも6.0インチ以上が標準になっているので、AQUOS sense4はコンパクト寄りのスマホと言えます。

「大画面の迫力よりも、コンパクトで気軽に持てる方が良い」という人にはうれしいですね。

ライトに使いたい人にはとくにピッタリです。

処理性能が2倍以上にアップ

今回のモデルで大きく進化したポイントがCPUの性能です。

日常使いでのサクサク感が一気に向上して、ストレスなく操作できます。

スマホの処理性能を示すスコアを見ると、2倍以上の点数です。1年分以上の進化を遂げています。

▼スマホの処理性能を示すantutuベンチマークスコア

 

  • AQUOS sense3(Snapdragon 660):12万点
  • AQUOS sense4(Snapdragon 720G)25万点

前モデルの「AQUOS sense3」は、CPU性能が唯一の弱点でした。

「CPU性能は低めだけど、普段使いならとりあえずOK。安いからココは妥協点」というところでしたが、sense4では一気に払しょくされています。

普段使いはもちろん、ゲームもそれなりにこなせる優秀なCPUとなっています。

「バッテリー持ち1週間」は健在

AQUOS sense4は「バッテリー持ちが抜群に良い」ことも注目したいポイントです。

バッテリー容量は4570mAhと、iPhone 12 Pro MAXなどの大型サイズのスマホをも上回る大容量です。

▼バッテリー容量の比較

 バッテリー容量
AQUOS sense44,680mAh
iPhone 12 Pro MAX3,687mAh
Galaxy S20+4,500mAh

5.8インチのコンパクトスマホとしては破格の数値ですね。

ここに省電力のIGZOディスプレイが合わさることで一週間の電池持ちを実現しているとのこと。

2020年発売のスマホで一、二を争う電池持ちとなりそうです。

▼sense3に関するツイート。使い方によっては10日以上持つこともある模様。

「結局、バッテリー持ちが良いスマホが便利だよね」という人には、かなり有力な選択肢となりそうですね。

電池寿命を延ばす「インテリジェントチャージ」も注目

AQUOS sense4は充電での電池の劣化を抑える「インテリジェントチャージ」という機能を搭載しています。

充電をコントロールして、発熱を抑えてバッテリーをいたわる技術です。

スマホを一度買い替えたら、2~3年は使いたいという人には嬉しい機能となっています。

数年後の1日の電池持ちに大きく差がつくはずです。

「指紋認証」「おサイフ・防水」に対応

AQUOS sense4は、多くの人がスマホを買う上でのチェックポイントになる機能を網羅しています。

▼AQUOS sense4の普段使いの機能

  • 指紋認証を搭載
  • おサイフケータイ・防水を搭載
  • イヤホンジャックを搭載
  • ホームボタン長押しでキャッシュレスを起動

とくにホームボタンに指紋認証を搭載しているのが貴重です。

デザイン的にはホームボタンを排除してしまうのがスッキリしますが、実用上は物理ボタンに指紋認証を搭載している方が便利に感じる人も多いはず。

そのほか「イヤホンジャック」も本体上部に配置されています。

とくに10万円超のハイエンドモデルだと、イヤホンジャック非搭載が普通になってきているので、ここも嬉しいところ。

カメラは「望遠」「超広角」をプラスしたトリプルレンズ

カメラもしっかり強化されていています。

前モデルから引き続きの「超広角レンズ」に加え、「望遠レンズ」も新たに追加されています。

▼AQUOS sense4のカメラ

 

  • メインレンズ: 約1200万画素
  • 超広角レンズ:約1200万画素
  • 望遠レンズ:約800万画素

カメラについては「すごく良い!」という感じではありませんが、必要な機能が一通り揃っている感じ。

写真の質にすごくこだわるわけでなければ十分OKですね。

AQUOS sense4のココは注意|デメリットを紹介

コスパが超優秀な「AQUOS sense4」ですが、いくつか購入前にチェックしておきたい注意点もあります。

AQUOS sense4のココは注意
  • ストレージは64GBと少なめ
  • ディスプレイは「液晶」

それぞれ見ていきましょう。

ストレージは64GBと少なめ

ストレージ容量は「64GB」の一択です。今のスマホとしては、こころもとない容量です。

ただしSDカードで容量の拡張は可能です。最大1TBまで追加できます。

64GBでもライトな使い方ならOKですが、

「ゲームアプリをたくさんインストールしたい」
「動画や写真を本体にたくさん保存したい」

となるとSDカードが必要になるでしょう。

ディスプレイは「液晶」

ディスプレイの形式は「液晶」となります。

最近では廉価なモデルでも「有機EL」を搭載するケースが多いです。

有機ELの方が「色のメリハリが強く、鮮やか」と言われています。「どうしても有機ELが良い」という人には、ここは少しデメリットになるかも。

ただし、AQUOS sense4は液晶としては品質高めです。

液晶テレビに強いシャープならではの「IGZOディスプレイ」を採用しています。小型の画面サイズながら「フルHD+」の解像度を誇る点もポイントです。

液晶ではありますが、画面の品質はかなり期待できるでしょう。

ドコモでの価格は「3.7万円」

ドコモでのAQUOS sense4の販売価格は税込みで37,224円となっています。

スマホおかえしプログラムは対象外です。

他社からの乗り換え(MNP)と同時に購入する場合は「端末購入割引」で16,500円割引の20,724円で購入できます。

ドコモでのAQUOS sense4の販売価格(税込)

販売価格:37,224円
乗り換えの場合:20,724円(端末購入割引が適用)

ちなみにAQUOS sense3が31,680円(税込)だったので、価格はアップしています。

ただ大幅にスペックが向上しての3万円台なので、コスパは前モデルを上回っている印象です。

ドコモで使いやすいスマホを安く手にしたい人には最有力の選択肢になるでしょう。

AQUOS sense4のドコモでの維持費

AQUOS sense4のドコモでの維持費は以下。

▼毎月の維持費|機種代金+プラン料金

「家族割」の人数ギガホギガライト
3人以上6,512円3,212円~
2人7,062円3,762円~
1人(家族割なし)7,612円4,312円~

※ギガホは「ギガホ割+家族割」適用時の料金
※ギガライトは家族割適用時&1GB以下の時の料金

ギガライトなら、機種代金込みで月額3,212円からAQUOS sense4が使えます。

ちなみに各料金プランの概要は以下。

▼ドコモのスマホ向けプラン

◆ギガホ

30GBのデータ定額プランキャンペーンで60GBに増量中)

関連記事:ギガホは実際どうなのか?旧プランと比べてお得なのかを検証【ドコモ新プラン】

 

◆ギガライト

1~7GBの間で使った分だけ料金を支払うプラン

関連記事:【実際どう?】ギガライトとは?旧プランよりお得になるのか比較してみた【ドコモ新プラン】

プランの選び方としては、たくさん使う人は「ギガホ」、あまり使わない人は「ギガライト」という感じ。

  • たくさんデータ通信を使う⇒ギガホ
  • あまり通信を使わない⇒ギガライト

「5GB以上使うか」が目安です。自分に合ったプランを選んでいきましょう。

まとめ:使い勝手にこだわるなら「買い」

AQUOS sense4は3万円台で買えて、安心して使える性能が魅力のスマホです。

CPUの大幅な強化に加え、圧倒的なバッテリー持ち、おサイフ・防水、指紋認証と安定の使い心地です。

とにかく売れた前モデルからコスパがさらに強化され、スキのない一台となっています。

「こだわりはないけど、間違いのない一台を買いたい」という人には、ドコモで一番オススメできる機種ですね。


ゴリラ

この記事はこれで終わりなんですが、ドコモを契約する人・契約してる人向けに、ドコモを安く利用するワザ2つ紹介するよ
  1. ドコモオンラインショップ:契約時最大1万以上お得
  2. dカード GOLD:ドコモの利用料の10%が還元される

この2つを使ってない人は若干損してる可能性が高いので確認してみてください!

①契約はドコモオンラインショップがお得

ドコモで契約を検討しているのであれば、ドコモオンラインショップ(公式)がお得です。

  1. 事務手数料なし(2,000~3,000円お得
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

同じ端末で同じ契約をするのでも、オンラインショップで手続きするだけで10,000円以上お得になるんですね。

お店に行く必要もなければ待ち時間もないので、かなり楽して契約できます。

デメリットがないので、最近は利用している人がかなり増えているようです(多分将来的にデフォになるはず)

お得かつ楽に手続きしたい人はぜひオンラインショップを使ってみてください。

 

最大10,000円分お得です

 

 

②月10,000円以上の人はdカード GOLDがお得

また、ドコモの利用料が10,000円以上の人はdカード GOLDを契約しておいた方がお得になります。

dカード GOLDは年会費が10,000円かかるんですが、ドコモの利用料の10%ポイント還元があるのでかなりお得なんですよね。

その損益分岐が10,000円/月以上なんですが、これは自分だけでなく、ドコモ光や家族の利用料も込みです。

ゴリラ

該当する人、結構いそうだね

月額10,000円以上かかっていてdカード GOLD持っていないのはもったいないので早めにどうぞ^^

以上、ドコモの人におすすめしたい2つの節約技でした!楽して節約できるので、ぜひ試してみてください〜!

こんな記事もおすすめ

1581