新型iPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが絶賛発売中!

【評判】4万円台でコスパ良好「AQUOS sense3 plus」を正直レビュー|Xperia 8との比較もチェック

AQUOS sense3 plusは、2019年めちゃくちゃ売れた「AQUOS sense2」の後継モデルにあたる機種です。

今回も価格は4万円台におさえています。

前モデル以上に価格に対してスペックが良い感じです。

個人的には、この秋冬にキャリアから出る3万~5万円あたりのスマホではAQUOS sense3と並んで「一番良いスマホ」という印象です。

3万~5万円あたりで機種変更を考えているならぜひ候補の一つには入れておきたい一台です。

ただいざ購入となると、

機能やスペックは、どんな感じなの?
ほかの機種に比べて、ホントに良いの?

などは気になるところだと思います。

そこで本記事では、

  • AQUOS sense3 plusのスペック・特徴
  • Xperia 8、AQUOS sense3、AQUOS zero2との比較

を解説していきます。

とくに、他のスマホとの比較のところでは、どちらを選ぶか決める時のチェックポイントもまとめています。

どちらを選ぶかで迷っている人はぜひご一読を。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、来店なし手数料なし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

新しいiPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Maxが遂に発売開始しました!

スペックや評判、通常よりも安く買う方法を紹介しています!

最大の魅力は「使い勝手の良さ」

AQUOS sense3 plusの最大の魅力は、AQUOSシリーズならではの「使い勝手の良さ」です。

日本の家電製品を使っているような安心して使える感覚を多くの人が持てるスマホです。日本メーカーならではの気遣いが魅力ですね。

AQUOS sense3 plusの「使い勝手が良い」と思うところ

  • 防水・おサイフケータイを装備
  • 4万円台ながら性能のバランスが良い

防水・おサイフケータイを装備

AQUOS sense3 plusは、防水・おサイフケータイを搭載しています。

4万円台の格安のスマホでも、このあたりを押さえているのは嬉しいところ。

低価格のスマホとなると、最近ではHUAWEIなども人気ですが、中華系のスマホとなると、防水・おサイフケータイは非搭載のことが多いです。

中華系のスマホなら、同じ価格でもっと性能の良いものが買えることもありますが、こうした細かい部分の「使いやすさ」は、やはりAQUOS senseシリーズが上回ります。

スペックより「使いやすさ」を重視したい人は、AQUOS sense3 plusは良い選択肢でとなりそう。

バランスの良い性能。価格は4万円台

AQUOS sense3 plusは、使い勝手の良さとともに、コストパフォーマンスの高さもメリットです。

バランスの良い性能を持ったスマホが4万円台で購入できるところに大きな魅力があります。

発表直後の価格未定の時期には、AQUOS sense2からアップデートされるというところで「AQUOS sense3」が4万円台~5万円台ほどで、「AQUOS sense3 plus」は、そのプラス1万円程度になるという予想が多くありました。

しかし、いざフタを開けてみれば、AQUOS sense3が3万円台、AQUOS sense3 plusが4万円台という価格になっています。

この価格でこれだけバランスの良い性能となると「コスパはかなり良い」といえそうですね。

バッテリー容量は4,000mAhと大容量

バッテリー容量は4,000mAhとかなり大容量です。AQUOS史上最大のバッテリー容量とのことです。

スマホをあまり使わない人なら2日以上のバッテリー持ちも期待できそうですね。

大サイズのハイエンド機となると、4,000mAh以上のバッテリー容量のあるスマホも多くなってきましたが、価格抑えめのミドルスペック以下のスマホでこれだけのバッテリー容量となると貴重な存在。

この秋冬にドコモ、au、ソフトバンクから発売されるミドルスペックのスマホの中でも「バッテリー容量は一番」ですね。

▼秋冬発売の格安スマホのバッテリー容量比較

 バッテリー容量発売キャリア
AQUOS sense3 plus4,000mAhau、ソフトバンク
AQUOS sense 34,000mAhドコモ、au
Galaxy A203,000mAhau
Xperia 82,760mAhau

「AQUOS sense3」も4,000mAh

実は、コンパクトサイズの「AQUOS sense3」の方もバッテリー容量は4,000mAhとなっています。

消費電力が少ない分、電池持ちは「AQUOS sense3」の方が少し上のようです。

バッテリー持ちをとにかく重視したい人は、AQUOS sense3についても検討してみると良さそうです。

ディスプレイもけっこう高精細

ディスプレイは6.0インチの液晶ディスプレイです。

「AQUOS sense3」の方は、5.5インチと画面サイズは小さめなので、画面サイズは大きめが良い人は、「AQUOS sense3 plus」を選ぶのが良さそうです。

シャープならではの独自技術「IGZO」が使われているのもポイントで、「高精細」かつ「消費電力が少ない」とのこと。

実際、解像度は「フルHD+(2220 x 1080)」で、最上位の「AQUOS zero2」の2340×1080に迫る数値となっています。

実物に近い色味が表現できる技術が使われてる

AQUOS sense3 plusでは、実物に近い色味が表現できる「リッチカラーテクノロジーモバイル」という技術が使われています。

シャープ独自のLEDバックライトで色再現範囲を拡大し、とくに赤と緑の色再現性がアップしているとのことです。

液晶ディスプレイというところで、どうしても有機ELのキレイさには劣る部分がありますが、こうしたシャープ独自の液晶技術が詰めこまれているところには期待ができますね。

「ホームボタン」がある

AQUOS sense3 plusにはホームボタンが残されています。ホームボタンが指紋認証センサーとなっています。机に置いたまま指紋認証が使えるのも良いですよね。

ロック解除は指紋認証、顔認証の両方が使えます。

価格の安いミドルスペックのスマホとなると、指紋認証のみ、あるいは顔認証のみのこともありますが、AQUOS sense3では両方が利用できます。

ステレオスピーカーを搭載

AQUOS sense3 plusはステレオスピーカーを搭載しています。

スマホの上部と下部にそれぞれにスピーカーが配置していて、片側にスピーカーがあるスマホに比べると、自然なサウンドで音を聞くことができます。

「ドルビーアトモス」に対応

立体音響技術「ドルビーアトモス」にも対応しています。

ドルビーアトモスは、音源に「動き」を付けることで臨場感のあるサウンドが楽しめるというものです。

NetflixやU-NEXTなどの動画サービスでも一部のコンテンツがドルビーアトモスに対応しています。

AQUOS sense3に比べると全体的にオーディオ性能が充実しているので、動画や音楽をもっと楽しみたい人は、AQUOS sense3 plusの方がおすすめですね。

au版にはワイヤレスイヤホンが付属

au版として発売される「AQUOS sense 3 plus サウンド」には、パイオニア製のワイヤレスイヤホンが同梱されます。

こちらのイヤホンは、Dolby Atmos対応、ハイレゾ非対応のものです。イヤホンもDolby Atmos対応なのは嬉しいところですね。

CPUは「Snapdragon 636」を搭載

CPUは「Snapdragon 636」を搭載しています。

AQUOS sense3よりも性能の高いCPUを積んでいます。

  • AQUOS sense3:Snapdragon 630 ⇒ iPhone 6ぐらい
  • AQUOS sense 3 plus:Snapdragon 636 ⇒ iPhone 6sぐらい

RAM容量も6GBあり、ハイエンド機と同等のRAM容量となっています。

AQUOS sense 3 plusぐらいの性能があると、ゲームも画質を落としたりなどして工夫すれば問題なくプレイできそうです。

アプリの起動や、全体的な操作性についても、これぐらいのCPU・RAM容量がある方がやはり快適ですね。

AQUOS sense3は、CPU性能が低めというところで少しモッサリ感があるはずなので、このあたりが気になるかもという人は、AQUOS sense 3 plusを選んでおく方が良いでしょう。

au版は64GB、ソフトバンク版は128GB

ストレージはau版は64GBソフトバンク版は128GBとなっています。(ドコモでの販売はありません。)

au版の容量はちょっと少なめですね。

ただし、スマホに写真や動画をたくさん保存する人以外は、64GBでも十分使っていけると思います。とくに写真は「Goolge photo」にバックアップすれば容量をとらないので、64GBでも上手くやりくりできるはず。

「動画や写真をスマホにたくさん保存したい」という人は、micro SDカードを使うのが良さそうです。最大512GBまでmicro SDカードで容量を増強できます。

カメラ性能はイマイチかも

AQUOS sense3の方のカメラ性能については、AQUOS sense2に続き「あまり期待できない」という声が多いです。

AQUOS sense3 plusのカメラ性能は、AQUOS sense3とほぼ同等であり、こちらについても、あまり期待できないものと予想されます。

カメラの構成としては、1,220万画素の標準カメラに、1310万画素の広角カメラを追加したデュアルレンズカメラです。

AQUOS sense3 plusでは、標準カメラ、広角カメラともに、AQUOS sense3に比べると画素数がわずかにアップしています。

▼「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」のカメラ

 

AQUOS sense3

標準カメラ(1,200万画素)+広角カメラ(1,200万画素)

 

AQUOS sense3 plus

標準カメラ(1,220万画素)+広角カメラ(1,310万画素)

広角カメラを搭載したことで、広い風景を1枚の写真におさめる「広角撮影」にも対応する模様です。

また、AIによるシーン判別など、最近のスマホとして標準的な機能も搭載するようですね。

カメラの性能についてはイマイチなところもありますが、普通に写真を撮る分には問題なく使っていけそうです。

「AQUOS sense3」「AQUOS zero2」「Xperia 8」との比較もチェック

AQUOS sense3 plusを検討中の人の中には、

  • Xperia 8
  • AQUOS sense3
  • AQUOS zero2

などと迷っている方も多いと思います。

上記の3機種にも、AQUOS sense3 plusにはないメリットがあり、人によってはこちらを選んだ方がハッピーな場合もあるでしょう。

それぞれとの比較を見ていきましょう。

「Xperia 8」と「AQUOS sense3 plus」を比較

auでは「Xperia 8」と「AQUOS sense3 plus」の両方が発売されます。

Xperia 8も、AQUOS sense3 plusと同様に「性能おさえめな分、価格が安い」というスマホです。

この2機種ですと、スペックに大きな差はないので、個人的には価格が安くコスパの良い「AQUOS sense3 plus」がおすすめです。

AQUOS sense3 plusと比較したときの、Xperia 8の特徴としては以下の点が挙げられます。

AQUOS sense3 plusと比べた時の「Xperia 8」の特徴

  • CPU性能が低い
  • カメラが少し良い
  • 価格が高い

まず「Xperia 8」のCPUは、下位機種の「AQUOS sense3」と同程度で、イメージとしては、

  • Xperia 8:Snapdragon 630 ⇒ iPhone 6ぐらい
  • AQUOS sense 3 plus:Snapdragon 636 ⇒ iPhone 6sぐらい

という感じです。

Xperia 8のCPUは最近のスマホとしては最低限のレベルのなので、操作したときに少しモッサリ感があるかもです。

なお、カメラについては「Xperia 8」の方がキレイに撮れます。ただあくまで「AQUOS sense 3 plus」と比較しての話で、「Xperia 8」もカメラ性能は普通くらいです。

auでのそれぞれの販売価格は以下の通り。AQUOS sense 3 plusの方が1.3万円ほど安く買えます。

▼「Xperia 8」と「AQUOS sense 3 plus サウンド」の価格比較

  • Xperia 8:59,040円
  • AQUOS sense 3 plus サウンド:46,080円

2機種を並べてみると以下の通り。

Xperia 8は縦長ディスプレイを売りにしている機種で、2画面操作が快適にできるとのこと。このあたりが気に入ったら、こちらの機種を選ぶのもアリかと思います。

以上、比較をまとめるとこんな感じ。

「少しゲームができた方が良い」

「価格が安い方がうれしい」

⇒「AQUOS sense 3 plus」がおすすめ

 

「カメラもそこそこ撮れた方が良い」

「縦長のディスプレイを使ってみたい」

⇒「Xperia 8」がおすすめ

2機種のスペックはかなり近いレベルなので、迷ったら価格が安い「AQUOS sense 3 plus」がおすすめですね。

関連記事:Xperia8 はコスパは微妙かも?|デメリット・ネガティブな評判をチェック

「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 plus」を比較

「AQUOS sense3」は、AQUOS sense3 plusよりスペック抑えめで価格の安い機種です。

ソフトバンクではAQUOS sense3 plusのみ発売予定ですが、auでは両機種ともに発売があります。auユーザーの方だと、この2機種で迷っている方もいるかと思います。

AQUOS sense3 plusと比較したときの、AQUOS sense3の特徴としては、こんな感じ。

AQUOS sense3の特徴

  • 1万円ほど安い
  • CPU性能は低め(最新ゲームはキツイ)
  • サイズが一回り小さい

まず、価格を比較して見ると以下の通り。「AQUOS sense3」は「AQUOS sense3 plus」からさらに価格が下がって、3万円台で購入可能です。

auでの販売価格(税込)

  • AQUOS sense3:36,720円
  • AQUOS sense3 plus サウンド:46,080円

CPU性能は、iPhoneで表すと、以下のような感じですね。

CPU性能の比較

  • AQUOS sense3:Snapdragon 630 ⇒ iPhone 6ぐらい
  • AQUOS sense 3 plus:Snapdragon 636 ⇒ iPhone 6sぐらい

AQUOS sense 3 plusぐらいCPU性能があると操作も快適な模様。

サイズ感としてはこんな感じ。

AQUOS sense3:幅70×縦147×横8.9mm(167g)
AQUOS sense 3 plus:幅75×縦160×厚さ8.7mm(175g 暫定値)

AQUOS sense3は今のスマホとしてはかなりコンパクトで「iPhone 6と同じか少し大きい」というサイズです。

「性能抑えめでも、3万円台で購入できた方が嬉しい」という人や、「コンパクトサイズがあるならそっちの方が良い」という人はAQUOS sense3がおすすめですね。

関連記事:【評判】3万円台でコスパ抜群の「AQUOS sense3」をレビュー|カメラ、CPUは微妙だがバッテリーは◎

「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」を比較

「AQUOS zero2」は、AQUOS sense 3 plusより価格もスペックも高めのハイエンドスマホです。

AQUOS zero2はau、ソフトバンクともに発売予定があります。

大きな違いとしては、やはり価格とCPU性能です。

  • AQUOS sense 3 plus4~5万円AQUOS zero29~10万円
  • AQUOS zero2最新ゲームもバリバリプレイできる

AQUOS zero2は価格は倍ぐらいですが、最新ゲームがバリバリプレイできます。iPhone XSとかと同じくらいの性能があるイメージです。

そのほか、「AQUOS zero2」の特徴は以下の通り。

AQUOS zero2の特徴

  • 「143g」とハイエンドスマホとしては超軽量
  • 「有機EL」&タッチ感度良好なディスプレイ
  • ディスプレイ上での指紋認証

軽くてタッチ感度良好というところで「ゲームに強いスマホ」というような感じですね。

一方で、AQUOS sense3 plusでは、たまにゲームをやるくらいには良いのですが、最新ゲームをガンガンプレイするのは、正直、厳しめです。

もしゲームをもっと快適にプレイするために機種変更を検討しているのであれば、予算を足してハイエンドの「AQUOS zero2」の購入も検討してみると良いですね。

「AQUOS zero2」と「AQUOS sense3 plus」を並べてみるとこんな感じです。

手に持った時のサイズ感は同じくらいですが、「AQUOS zero2」はディスプレイがいっぱいに広がった「ベゼルレス」のデザインのため、画面サイズはかなり大きめです。

ディスプレイサイズの比較

  • AQUOS zero26.4インチ
  • AQUOS sense3 plus6.0インチ

AQUOS zero2は、ディスプレイ上にインカメラが穴あきになった「ピンホール」と呼ばれるデザインを採用しています。

人によっては「ゲームをする時に目に入る」ということで、ピンホールが気になってしまう人もいるようです。

ディスプレイ上に「穴あき」や「切り欠き」のない「AQUOS sense3 plus」のディスプレイの方が好みという人もけっこういるようですね。

「デザインを重視して選びたい!」という人はこのあたりをポイントに選んでみると良いでしょう。

関連記事:【評判】軽量&ハイスペ「AQUOS zero2」を正直レビュー|気軽に使えるゲームスマホに期待感大

販売キャリアは「au」と「ソフトバンク」

AQUOS sense 3 plusの販売キャリアは、auとソフトバンクになります。ドコモでの販売はありません。

auでの販売価格は以下の通り。ソフトバンクは価格未定ですが、auと同様に4万円台になる見込みです。

auでの「AQUOS sense 3 plus」の販売価格(税込)

  • AQUOS sense3:36,720円
  • AQUOS sense3 plus サウンド:46,080円

まとめ:コスパ良好。3万~5万のスマホの中ではおすすめできる1台。

AQUOS sense3 plusは3万~5万円あたりで機種変更を考えているなら、個人的にはオススメできる一台です。

Xperiaと迷う人も多いと思いますが、この秋冬のスマホでいうとコスパの高い「AQUOS sense3 plus」の方が良い感じですね。

唯一の懸念としては、カメラ性能があまり良くないというところ。ただしこれも、すごくキレイに撮ろうという人でなければOKなレベルです。

全体としては、評判も良く、バランスの良いスマホなので、3万~5万円で良い機種を探しているなら、ぜひ次の機種として検討しみると良いですね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

機種変更 / 新規契約 / 乗り換え を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下3点です。

  1. 事務手数料がかからない(ドコモ)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

精神的メリット(来店なし・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ・au・ソフトバンク直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

\公式サイトなので安心/
   ドコモの公式サイト     
   auの公式サイト    
ソフトバンクの公式サイト

手数料・キャンペーンで1万以上安くなることも!

こんな記事もおすすめ