このサイトについて

「Android One X5」はワンランク上の隠れた名機。おサイフ・防水&準ハイエンドで4万円台

ワイモバイルで少し良いスマホを買いたいということで、Android One X5に目を付けていた人も多いのではないでしょうか。

Android One X5は、ハイエンドのスペック、おサイフ・防塵と不満なく使えて、価格は4万円台とコスパ良好な一台です。

すごく有名な機種ではありませんが、隠れた名機という感じです。

ワイモバイルのスマホとしては価格が一段上がりますが、少し予算を足せるならぜひ検討したい一台です。

しかし、いざ機種変更となると、機能やスペックは一通りチェックしておきたいところだと思います。

そこで本記事では、Android One X5の特徴を、ユーザーの評判を交えながら詳しく解説します。

正直な結論

ワイモバイルでスペック高めの機種が欲しいならAndroid One X5一択。

準ハイエンドで4万円台とコスパは◎。

このスマホの評価
価格
(3.5)
スペック
(3.5)
カメラ
(3.5)
デザイン
(4.0)
総合評価
(3.5)

Android One X5が自分に合ったスマホかチェックしていきましょう。

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ワイモバイルの契約(新規・乗り換え)はヤングモバイルがお得

 

ワイモバイル代理店「ヤングモバイル」なら、契約内容・料金は公式と一緒で、キャッシュバックがもらえるのでおすすめです。

 

現在、20,000円(通常キャッシュバック)+3,000円(生活応援キャンペーン)を行っていて、最もお得に契約できます!

 

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイトを見てみる
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

【上記特典にプラスで3000円】

ワイモバイル契約者全員にPayPayの3,000円相当のポイントがもらえる
「どこでももらえる特典」というキャンペーンも開催中です。

少し上質な使い心地のAndroid One

Android One X5は、現時点でAndroid Oneの中でいちばんスペックの高い機種です。

格安の「Android One Sシリーズ」に対し、「Android One Xシリーズ」はワンランク上のスペック高めのスマホ、という位置付けになっています。

Android One X5のスペックとしては、iPhone 11やXperia 5などの10万円前後の最新ハイエンドスマホの少し下ぐらいのところ。

上質な使い心地で価格は4万円台と、コスパはかなり良好ですね。

カラーはブルー、ホワイトの2色。高級感が魅力

カラーは「ニューモロッカンブルー」と「ミスティックホワイト」の2色。ブルーは光沢感のある感じです。

背面は微細な研磨の施されていて、マット質感となっています。高級感があってハイエンドらしい感じですね。

画面がすごくキレイ。明るくてキメ細かい

ディスプレイの質の高さも売りの一つです。このあたりは液晶に強いLG製のスマホならではですね。

解像度はクアッドHD+(3,120×1,440)です。

多くのハイエンドスマホで用いられているフルHD+より一段上の解像度となっています。文字も動画も細部までクッキリ表示できます。

さらに、ディスプレイがすごく明るいのも特徴です。最大輝度約1,000nitで従来品の約2倍とのこと。屋外でも日光に負けず快適に使用できそうですね。

デザインとしては、ディスプレイが全面を覆うベゼルレスを採用。インカメラはノッチ(切り欠き)になっています。画面サイズも6.1インチとかなり大きめです。

ディスプレイの質はかなり期待できそうですね。

2年は最新OSが保証されている

Android One X5は「Android One」シリーズのスマホということで、発売から「2年間のOSアップデート」「3年間のセキュリティアップデート」が保証されています。

「Android One」というシリーズは、Googleと各スマホメーカーが協力して提供しているスマホのラインナップです。

Android One X5の場合は「LGが製造し、Googleブランドとして提供」という感じです。OSのアップデートについては、Googleがしっかり保証してくれています。

フラッグシップ以外のスマホとなると、OSやセキュリティの更新が短い期間でストップすることがけっこうあります。

フラッグシップほどはアップデートに力を入れていないのが実際のところのようです。

アップデートしないままに古い機種を使い続けると、セキュリティ面に少し不安が出てきます。

そんな中で、Android Oneのアップデート保証は安いスマホでも安心して使えるという点でメリットがあったりします。

「スマホはそんなに頻繁には買い替えない」という人も安心して長い期間使っていけますね。

カメラ性能も地味に高め

カメラ性能が地味に高いのも注目です。

Android One X5は、シングルカメラながら「1600万画素」と画素数はかなり高めです。

機能としても、シーン判別ができるAIカメラ」や、暗いところも明るく撮れる「スーパーブライトモードも搭載しています。いろんな撮影シーンに対応可能です。

Android One X5のカメラ性能を見ていきましょう。

「AIカメラ」の補正は良好。自動でキレイに撮れる

Android One X5はAIカメラ搭載です。

AIカメラは、9種類のシーンを判別し、被写体の特性を活かした撮影ができるというものです。

▼AIカメラの撮影モード

オート、人物、ペット、食べ物、街、日の出、夕焼け、風景、花

夕焼けもキレイに撮影できています。

ヤシの木の写真もこちらの通り。

AIによる調整の精度などは、機種によってまちまちのところもありますが、Android One X5については精度は良好なようです。

ふだんの生活で気軽に良い写真を残したい人も、かなり楽しめそうですね。

暗いところでも明るく撮れる

暗いところでカメラを起動すると、「スーパーブライトモード」が起動し、明るく撮影ができます。

薄暗い場所での撮影にもバッチリ対応できます。

夜景もかなり明るくクッキリ撮れます。このあたりは格安のスマホとの大きな違いと言えますね。

CPU性能は高め。最新ゲームも快適

CPUは「Snapdragon 835」を搭載しています。

最新ではないですが、ハイエンド機に搭載されていたモデルで処理性能はかなり高めです。iPhoneでいうと、iPhone 8ぐらいの性能です。

アプリがサクサク起動でき、ふだん使いが快適なのはもちろん、最新ゲームもかなり快適にプレイできます。

イヤホンジャックがある

Android One X5はイヤホンジャック搭載です。最近の、しかもハイエンドのスマホとしてはかなり貴重な存在です。有線派のひとはもちろん、音ゲーをする人も重宝するかも。

イヤホン接続時には、「Hi-Fi Quad DAC」が利用可能です。Hi-Fi Quad DACにすると、ノイズの少ないクリアなサウンドで聞こえます。音質もかなり期待できるでしょう。

その他スペックもチェック:ストレージ32GBに注意

そのほか気になるスペックもざっくり見ていきましょう。

▼そのほか気になるスペック

  • おサイフケータイ、防水・防塵を搭載
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • バッテリー:3,000mAh

おサイフケータイ、防水・防塵はどちらも搭載しています。ここは外せないポイントという人も多いと思いますが、Android One X5はバッチリですね。

ただ気になるのは、ストレージが32GBしかないところ。アプリをたくさん入れると、けっこう足りなくなるかも。

多くの人はSDカードが必須になりそうです。SDカードで512GBまで増設できます。

バッテリーは3,000mAhです。最近のスマホとしては超大容量ではないですが、十分な容量です。毎日、充電する人なら問題なく電池が持ってくれるでしょう。

まとめ:ワンランク上でコスパ良好。少し予算が足せる人におすすめ

Android One X5は、おサイフ・防水で、準ハイエンドで4万円台とコスパ良好なスマホです。ふだん使いとしても、ゲーム用としても満足に使っていけるはず。

ワイモバイルのスマホの中では価格は一段上ですが、少し予算を足してよいスマホが欲しいなら、ぜひ検討してみると良いですね。

ちなみに:契約するならオンラインがお得です

ワイモバイルを契約するなら、オンラインでの手続きがおすすめです。

ワイモバイルのオンラインショップは

と分かれていて、まとめると以下のキャッシュバックがもらえます。

↓スマホは左右にスクロールできます!

割引などワイモバイル
(公式)
ヤフーモバイル
(代理店)
ヤングモバイル
(代理店)
【機種変更】最大7,200円最大3,300円
【新規・乗り換え(端末あり)】
(au・ドコモ・楽天から)
最大18,000円最大5,555円
(別に最大15,840円
の端末割引あり)
最大20,000円
+3,000円
【新規・乗り換え(SIMのみ)】
(au・ドコモ・楽天から)
3,000〜
6,000円相当

※PayPay
3,300〜
11,000円相当

※PayPay
最大10,000円
【乗り換え(端末あり)】
(ソフトバンクから)
最大5,555円
最大10,000円
【乗り換え(SIMのみ)】
(ソフトバンクから)
3,000円
どこでももらえる特典3,000円相当
※PayPay
事務手数料無料3,300円3,300円

 

ということで、

  1. 機種変更→ワイモバイル(公式)
  2. 新規・乗り換えでSIMのみヤフーモバイル(代理店)
  3. 新規・乗り換えでセットスマホを買う→ヤングモバイル(代理店)
  4. ソフトバンクからの乗り換えでSIMのみ→ワイモバイル(公式)

最もお得に契約できます。

\料金プランの相談も可能/
ヤングモバイルの公式サイトを見てみる
【300×250】ヤングモバイル
ヤングモバイルの解説記事で詳細を説明してます

 

新規・乗り換えの場合、20,000円(通常キャッシュバック)+3,000円(生活応援キャンペーン)を行っているヤングモバイルが、最もお得に契約できます!

【上記特典にプラスで3000円】

ワイモバイル契約者全員にPayPayの3,000円相当のポイントがもらえる
「どこでももらえる特典」というキャンペーンも開催中です。

オンライン手続きは最初抵抗はありますが、契約する窓口が違うだけでお得になるので有効活用してみてくださいね!

こんな記事もおすすめ

1485