【今のうちに】iPhoneを安く買う方法

「Android 12」の新機能・変更点9つを一挙に紹介|直観的な操作感にアップデート

ゴリラ

Android 12って何が変わるの?新機能とかある?

2021年10月4日にAndroid 12がPixelシリーズ向けにリリースされました。今後は対応機種も続々と増える見込みです。

Android 11と比べると大幅なアップデートという印象で、壁紙によって全体カラーが変わる「Material You」など注目機能も多くあります。

本記事では、Android 12の代表的な新機能9つを紹介します。

ちなみに……

 

スマホの契約は来店不要、頭金なし、待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

Android 12で「デザイン」が一新

「デザイン」の面での進化としては大きく3つ。

① 壁紙に合わせて全体カラーが変わる「Material You」

Android 12で目玉になるのが「Material You」です。壁紙のカラーを抽出して、アイコンやパネルの色が変わります。

自動でメインカラー・サブカラーを判別して、全体で統一感のあるカラーを作ってくれます。

▼アプリのアイコンも壁紙に合わせて色が変わります。ただGoogle系アプリ以外は色が変わらず、統一感に欠ける点はちょっと残念ですね。

なお「壁紙の色」のほか、「基本の色」として4色(グリーン系)が用意されていて、こちらを設定することも可能です。

② 「クイックパネル」が大きくなった

画面を上からスワイプして出てくる「クイック設定パネル」は、Android 12でサイズが大きくなりました。

丸アイコンだったのが、Android 12では「横長の大きなボタン」に変わっています。

好みは分かれそうですが、見やすいのは間違いないですね。

③ 操作の「アニメーション」が進化した

Android 12ではアニメーションも進化しています。「操作していて気持ちいい」と感じるような、細かい演出がいくつも追加されています。

▼「電源のオン・オフ」のアニメーション。ロック画面が「ブワっ」と開く感じ。

▼「充電」のアニメーション。「波」が通っていくような感じ。

▼これ以上スクロールできない時は「ビヨンビヨン」します

操作全体もヌルヌル感はアップしています。まさにユーザー体験が向上していますね。

操作が楽になる2つの新機能|片手モード・クイックタップ

操作が楽になる新機能として以下の2つが追加されています。

④ 「片手モード」が使えるようになった

設定から「片手モード」をオンにすると、画面下にナビゲーションバーが表示。

バーを下にスワイプすると、画面全体が下がって、片手操作ができるようになります。

Xperiaなど片手モードっぽい機能がある機種はいくつかありますが、Android標準で搭載されるようになりました。

⑤ 「クイックタップ」でショートカットが使える

スマホの背面を指で「トントン」と2回タップして、ショートカットを実行できます。

ショートカットは、「スクショを撮る」「通知を見る」「メディアを再生・停止」などお好みで設定可能です。

「アプリを開く」に設定して、よく使うアプリを開くといった操作も可能です。

例えば「キャッシュレスアプリ」を設定してレジですぐ開くなど、便利な使い方ができそうです。

便利な追加機能4つ|「全画面スクリーンショット」「さらに暗く」など

その他の便利な追加機能も見ていきましょう。

⑥ 「全画面スクリーンショット」が可能になった

スクロールしたところまで全体をスクリーンショットで撮れるようになりました。

スクリーンショット実行後に表示される「キャプチャ範囲を選択」のボタンをタップすれば、キャプチャ範囲を拡大できます。

スクロールしたところまでの全体をキャプチャする、いわゆる「全画面スクリーンショット」も可能です。

ただ注意したいのは「キャプチャ範囲を選択」が使えるのは一部アプリに限られるということです。

「設定」アプリや「Google Playストア」では使えますが、「Google Chrome」は不可となっています。

一番使う頻度が高そうなWebページ全体をスクショするという使い方はできないということですね。

⑦ 画面の明るさを「さらに暗く」できるようになった

画面の明るさを最小限のところから「さらに暗く」できるようになりました。

夜ベッドの中でスマホを見る時などに便利な機能です。

設定にある明るさを下げるスイッチか、クイック設定パネルにボタンを追加することで、「さらに暗く」が使えます。

⑧ 「顔検出」で寝ながらスマホが見やすくなった

画面の回転のオン・オフの設定の中に、「顔検出のオン・オフ」が追加されています。

寝っ転がりながらスマホを見る時に、自動回転してイラっとするのを防いでくれます。

⑨ 位置情報を「ぼかす」機能が追加

アプリで位置情報へのアクセスを許可する際に、「おおよそ」が選択できるようになりました。

一部アプリでは正確な位置情報が必要ですが、多くのアプリは「おおよそ」でも十分です。

「位置情報が何に使われるかよく分からないし、ちょっと不安かも」という時は、「おおよそ」を選べばOKですね。

Android 12対応機種

冒頭でもお伝えした通り、Android 12はGoogleのPixelシリーズで提供が始まっています。

Pixel 3以降の端末すべてが対象になっています。

また執筆時点ではドコモ、楽天モバイルがAndroid 12に対応する機種を発表しています。

ドコモ Android 12 対応予定機種一覧(公式サイト)

楽天モバイル Android 12 対応予定機種一覧(公式サイト) 

まとめ

Android 12では「Material You」「アニメーションの進化」など、直感的に使えるデザイン変更・機能の追加があり、まさにユーザー体験が向上している感じです。

大幅な変更もあってかユーザーの評判は賛否ありますが、慣れれば多くの人が気持ちよく感じられるものと考えられます。

ぜひアップデートがきたら、自分の手で試してみてくださいね。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を考えているなら、オンラインショップがお得なので、最後にかんたんに説明しておきますね。

理由は以下3点です。

  1. 頭金・事務手数料がかからない
    (auは事務手数料はかかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリットだけでなく、精神的にも楽ちんで普通にお得です。

また、各社とも直営の公式オンラインショップなので安心して契約できます^^

少しでもお得に契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップでかしこく手続きしてみてください。

こんな記事もおすすめ

1704