このサイトについて

ドコモからahamoへのプラン変更の「注意点」を解説|申し込みの流れも紹介

ゴリラ

ドコモからahamoにプラン変更しようかと思うけど、何から始めれば良いの?注意した方がいいことはあるかな?

ahamoにすると安くなるって聞くし、そっちに変えてみようかな考えている方も多いのでは。

ドコモからahamoへの変更は手続きは簡単ですが、細かい注意点がけっこうあります。

細かいことを気にせずガシガシ手続きを進めても良いのですが、事前に注意点を確認しておくとトラブルが避けられます。

本記事では、ドコモからahamoへの変更方法と合わせて、

  • 変更の手続きでの注意点
  • ahamoのサービスの注意点

を詳しく解説します。

初めてドコモ以外に変える人も、注意点を押さえてスマートに手続きを進めていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、ahamoへの変更方法と注意点は以下の通りです。

 

▼ドコモ⇒ahamoの変更方法

ahamoへの変更は公式サイトからの簡単な手続きでOK

 

▼プラン変更の注意点

  • 一部サービスは事前に変更・解約などが必要
  • プラン変更後は利用できないサービスがある
  • 変更後は6月まで機種変更ができない

 

▼ahamoの「サービス」の注意点

店舗のサポート、キャリアメールなどの提供はなし

※当記事の情報は執筆時点での情報です。最新情報の提供に努めてはいますが、契約時には必ず公式サイトにてご確認ください。

ちなみに…

 

いよいよahamoの申込みが始まりました!

 

20GB・5分かけ放題つきで2,970円あんしんのドコモ品質で使えるのもうれしいですね!

 

関連記事:【3.26開始】ドコモ新プラン「ahamo」を分かりやすく解説

 

ただ、ahamoには3機種(iPhone11、Galaxy S20 5G、Xperia 1 II)しかないので、もし他のスマホが買いたいなら、さきにドコモオンラインショップで機種変更しておくことをおすすめします!

 

自宅で契約万単位でお得

 

 

プラン変更の方法:公式サイトから手続きすればOK

まずはahamoへのプラン変更の方法を見ていきましょう。

ドコモユーザーなら、ahamo公式サイトからの手続きのみでOKです。

ゴリラ

ahamoへの変更の注意点は以下のリンクからジャンプできるゾ。注意点から見たい人はこっちをチェック。

>>プラン変更の手続きの注意点
>>ahamoの「サービス」の注意点

ahamoへの申し込みの流れは以下の通りです。「プラン変更のみ」と「機種変更あり」でフローが異なります。

ahamoへの申し込みの流れ

▼「プラン変更のみ」で申し込み

  1. 申し込み準備
  2. 公式サイトから申し込み
  3. 初期設定(データ移行・開通手続き)

>>「プラン変更のみで申し込みの流れ」へジャンプ

 

▼「機種変更あり」で申し込み

  1. 申し込み準備
  2. 公式サイトから申し込み
  3. 商品の受け取り
  4. 初期設定(データ移行・SIM交換・開通手続き)

>>「機種変更ありで申し込みの流れ」へジャンプ

プラン変更のみで申し込みの流れ

STEP.1
申し込み準備

ahamoにプラン変更するには以下の準備が必要です。

申し込み準備
  1. 各種サービスの発行・入会
    dアカウント発行、dポイントクラブ入会、オンライン発行dポイントカード番号の発行
  2. 一部サービスは事前に変更・廃止の手続きをする
  3. ahamoで利用できないサービスを確認

 

ahamoに変更する際には「オンライン発行dポイントカード番号」が必要です。発行の手順は以下で確認できます。
>ahamo公式サイト:発行・入会方法を確認(オンラインdポイントカード発行)

 

一部サービスは事前に変更・廃止の手続きをする

ahamoで利用できないサービスを確認」については記事の後半で詳しく解説します。

【補足】手続きが足りない時はエラーが出る

 

必要な手続きが事前に完了していない状態で、ahamoへのプラン変更を実施するとエラーが表示されます。

 

エラー画面で手続きが必要なサービスが確認できます。

STEP.2
申し込み

dアカウントにログインして手続きを進めていきます。

STEP.3
初期設定

申し込みが完了したら、初期設定を進めていきましょう。

申し込み後の「初期設定」
  1. スマホのデータの移行
  2. 開通手続き

 

プラン変更のみなら基本的にはドコモのSIMカードがそのまま使えます。SIM交換は不要です。

 

データ移行については、iPhone同士ならクイックスタートが利用できます。iPhoneを並べて直接データが移せます。

Androidのデータ移行は「Googleにバックアップ⇒新しいスマホで復元」でいけます。

「設定」>「システム」>「バックアップと復元」>「Googleにバックアップ」をオン>新しいスマホの初期設定で「バックアップを復元」

 

開通手続きはオンライン・電話から可能です。

▼「オンライン」で開通手続き

  1. ahamo(Webまたはアプリ)でログインをタップ
  2. 「受付番号」「電話番号」「暗証番号」を入力
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をタップ
  4. 開通情報を確認し「開通する」
  5. 開通完了

 

▼「電話」で開通手続き

切り替え専用ダイアル(24時間受付)
携帯電話から(局番無し)1580(通話料無料)

音声ガイダンスに従い、ネットワーク暗証番号(数字4桁)を入力し手続き

 

以上で手続きは完了です。

 

なお、一部の方はSIMカードが郵送で届きます。SIMカードを交換の上、データ移行と開通手続きを進めていきましょう。

機種変更ありで申し込みの流れ

STEP.1
申し込み準備

ahamoに機種変更といっしょにプラン変更するには以下の準備が必要です。

申し込み準備
  • 各種サービスの発行・入会
    dアカウント発行、dポイントクラブ入会、オンライン発行dポイントカード番号の発行
  • 一部サービスは事前に変更・廃止の手続きをする
  • ahamoで利用できないサービスを確認

 

ahamoに変更する際には「オンライン発行dポイントカード番号」が必要です。発行の手順は以下で確認できます。
>ahamo公式サイト:発行・入会方法を確認(オンラインdポイントカード発行)

 

一部サービスは事前に変更・廃止の手続きをする

ahamoで利用できないサービスを確認」については記事の後半で詳しく解説します。

【補足】手続きが足りない時はエラーが出る

 

必要な手続きが事前に完了していない状態で、ahamoへのプラン変更をしようとするとエラーが表示されます。

 

エラー画面で手続きが必要なサービスが確認できます。

STEP.2
申し込み

お好みのスマホ、オプション、アクセサリなどを選択して受け取り方法を指定すれば申し込みは完了です。

STEP.3
商品を受け取る

申し込みから最短で3日程度で商品(スマホ・SIMカードなど)が届きます。配送状況はオンラインショップから確認できます。

STEP.4
初期設定

商品が届いたら、初期設定を進めていきましょう。

商品が届いた後の「初期設定」
  • スマホのデータの移行
  • SIMカードの取り付け
  • 開通手続き

 

データ移行については、iPhone同士ならクイックスタートが利用できます。iPhoneを並べて直接データが移せます。

Androidのデータ移行はGoogleにバックアップ⇒新しいスマホの初期設定で復元でいけます。

「設定」>「システム」>「バックアップと復元」>「Googleにバックアップ」をオン>新しいスマホの初期設定で「バックアップを復元」

 

SIM交換は、スマホの箱に入っていた「SIMピン」で行います。側面の穴に挿し込むと、SIMカードが引き出されます。

 

開通手続きはオンライン・電話から可能です。

▼「オンライン」で開通手続き

  1. ahamo(Webまたはアプリ)でログインをタップ
  2. 「受付番号」「電話番号」「暗証番号」を入力
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をタップ
  4. 開通情報を確認し、「開通する」
  5. 開通完了

 

▼「電話」で開通手続き

■ 切り替え専用ダイアル(24時間受付)
携帯電話から(局番無し)1580(通話料無料)

音声ガイダンスに従い、ネットワーク暗証番号(数字4桁)を入力し手続き

 

以上で手続きは完了です。

ドコモ⇒ahamoの「プラン変更」の注意点

ahamoへプラン変更する手続きでは、以下が注意点です。

ドコモ⇒ahamoの「プラン変更」の注意点

① 一部サービスは事前に申し込み・変更・廃止が必要

② 全員利用者登録が必要

③ プラン変更後は利用できないサービスがある

④ ahamoへ変更後は6月まで機種変更ができない

それぞれ見ていきましょう。

注意点①:一部サービスは事前に変更・解約などが必要

一部のサービスは、ahamoへ乗り換え前に変更・廃止などの手続きが必要になります。

事前に手続きが必要なサービスは以下の通りです。

たくさんありますが、標準的な使い方だと引っかかる項目は多くないはず。該当箇所だけを見てもらえればと思います。

事前に申込・変更・廃止が必要なサービス

▼シェアパック

1. 代表回線をahamoに変える場合
⇒代表回線を別の人に変更する

2. シェアパックから機種変更しつつahamoに変える場合
⇒シェアパックを事前に解約する

3. シェアパック内でドコモ光とペア回線があり、ドコモ光が手続き途中の場合
⇒手続きが済んでからahamoへ申し込み

 

▼データ専用プラン(データプラスなど)をahamoに変更したい
⇒データ専用プランをahamoに変更することはできない

 

▼請求書による支払いをしている
⇒口座振替・クレジットカード払いへ変更が必要

 

▼請求書送付先住所
一括請求の代表回線への請求書送付先を契約者住所以外に設定している場合
⇒契約者住所への送付に変更する

 

▼eビリング
eビリングへ設定していない場合
⇒事前にeビリングへ設定が必要
※口座振替・クレジットカード払いなら基本は既にeビリングに設定済のはず

 

▼料金明細サービス
⇒「郵送」の方は「Webで確認」に変更が必要
※ahamoはWeb明細となります

▼イマドコサーチ・ワンナンバーサービス(Apple Watch)
⇒利用中の方は事前に解約が必要(ahamoでは利用不可)

 

▼契約者の変更(ahamoは未成年は契約者になれない)
未成年が契約者になっている場合

⇒成人の家族へ名義変更が必要

以下、少しだけ補足するので、関係ないところは読み飛ばしてください。

「シェアパック」を維持するより最新プランがおすすめ

シェアパックを維持しつつ、一部をahamoへ変更しようとすると、細かく(面倒な)ルールがあります。

なので、シェアパックはやめてプラン変更することをおすすめします。

具体的には以下の2つ。

  • ahamoにしない人は、ドコモの最新プランに変える
  • 家族みんなでahamoに乗り換える

ドコモの最新のプランに変更すれば、料金が下がる可能性は大です。

シェアパックは、家族でデータ量をシェアできるお得感はありますが、古いプランのため今となっては割高。

ドコモは新プランが出るたびに少しずつ安くなっています。

ahamoにしない人はドコモ本体の最新プランにするか、または、いっそ全員ahamoした方がお得になるはずです。

シェアパックを維持するための手続きも面倒なんで、プラン変更も合わせて検討しましょう。

未成年は契約できない

ahamoは未成年が契約者になれません。

成人の家族を契約者にして、未成年は利用者として登録して使用することになります。

ドコモで未成年名義で契約者になっているなら、成人の家族へ契約者を変更しておきましょう。

注意点②:全員が利用者登録が必要(契約者=利用者の場合でも)

ドコモからahamoにプラン変更するとき、「利用者登録」についてけっこう重要な注意点があります。

利用者登録に関する注意点

▼利用者登録
1. 利用者登録をしていない

⇒事前に利用者登録が必要

 

2. 本人以外の成人を利用者として登録している場合
⇒名義変更が必要(契約者を利用者と同じに変更するなど)

これ、けっこう謎で注意したいことなんですが、ドコモで利用者登録していない人は事前に登録が必要です。

ふつう、契約者本人がスマホを使う場合は利用者登録なんてしないと思うんですが、ahamoに乗り換えるときは契約者=利用者の場合もとりあえず利用者登録が必要です。

利用者登録は、My docomoまたはドコモショップで可能です。

注意点③:プラン変更後は利用できないサービスがある

ahamoへ変更すると利用できないサービスがあります。

以下のサービスはahamoでは利用不可。プラン変更すると自動的に廃止されます。

  • spモード コンテンツ決済サービス
  • ドコモメール
  • ドコモ電話帳
  • データ保管BOX
  • dフォト(写真お預かり機能)
  • クラウド容量オプション
  • 容量オプション
  • いちおしパック
  • 留守番電話サービス
  • メロディコール
  • 各種割引サービス

サービスに保存されているデータはすべて削除されます。

ドコモメールは、メールデータ・メールの設定情報・各種メールアドレス全てがサーバーから削除され復旧ができなくなります。

また、dフォト・データ保管BOX・クラウド容量オプションの保存データも全て削除です。必要なデータは事前にダウンロードして保管し直すなどが必要です。

ゴリラ

これは、マジで取り返しがつかないことになりかねないから、めっちゃ注意しないとだゾ!

注意点④:ahamoへ変更後は6月まで機種変更ができない

ahamoでも、独自のスマホ端末のラインナップが発表されています。ドコモの時と同じようにスマホの購入が可能です。

ただし、ドコモ⇒ahamoの変更のユーザーについては6月まで機種変更ができないことになっています。

ahamoのラインナップ以外の新しいスマホが欲しい人は、ドコモの本体で機種変更を済ませておく必要があります

スマホのラインナップが異なる|最新機種が欲しいならドコモで機種変更

ahamoとドコモでラインナップが異なります。

2020年3月1日の発表時点では、ahamoのラインナップは、型落ちのハイエンド3機種となっています。

▼ahamoのラインナップと販売価格

↓スマホは左右にスクロールできます!

 新規/乗り換え機種変更
iPhone 11(64GB)49,390円62,590円
iPhone 11(128GB)54,890円68,090円
iPhone 11(256GB)66,990円80,190円
Galaxy S20 5G SC-51A62,700円70,400円
Xperia 1 II SO-51A71,500円79,200円

 

最新機種が欲しい方は、いずれにせよドコモで機種変更が必要になるということですね。

3~4万円のコスパ重視の格安機が欲しい方も、ドコモで機種変更を済ませてから乗り換えすべきです。

iPhone 11が5万円以下などahamoの格安ラインナップに注目していた方も多いかもですが、これは他社からの乗り換え時の価格です。

すでにドコモユーザーの方が機種変更する場合には、+1万円前後と価格が上がります。

「大幅な割引が受けられるのは他社からの乗り換えのときだけ」というのは、これまでと同じですね。

 

自宅で契約万単位でお得

 

 

▼ahamo販売端末のレビュー記事

ahamoの「サービス」の注意点

ahamoのサービスの注意点もまとめておくと以下。

ahamoの注意点
  • 申し込み・サポートはオンライン限定
  • キャリアメールの提供はなし
  • 「3G回線」には非対応

申し込みやサポートはオンラインのみ(Webまたは専用アプリ)です。店頭窓口での対応はありません。

また、ahamoではキャリアメールが使えません。LINEしか使わないならOKですが、今後もメールを使うならGmailやYahoo!メールに切り替えるなど対策が必要です。

そのほか、国内では3G回線での通信には非対応です。本家ドコモに比べると、山間部などで繋がりづらい可能性があります。

まとめ

ドコモからahamoへの変更は手続きは簡単ですが、一部のケースで変更・解約などの細かい準備が必要です。

またahamoでは機種変更が6月までは不可なのも注意です。

スマホを買い替える予定があるなら、ドコモで済ませておく必要があります。

ぜひ注意点を押さえて、スムーズにahamoへのプラン変更を進めていきましょう。

ちなみに:ahamoのスマホはドコモオンラインショップで買うのがおすすめ

ahamoでは

  • iPhone 11…49,390円〜
  • Galaxy S20 5G…62,700円〜
  • Xperia 1 II …71,500円〜

の3機種が発売されます。

ゴリラ

どれもおトク感あるけど、ちょっと前のスマホだね〜

もしそれ以外のものが欲しいならドコモオンラインショップで買っておくことをおすすめします。

ゴリラ

ドコモで買ってからahamoにプラン変更するってことだネ!

ちなみに今なら、「5GWELCOME割」などの割引で

  • 機種変更・契約変更(Xi→5Gなど)…最大11,000円割引
  • 他社からの乗り換え…最大22,000円割引

で最新のスマホが買えます!

 

自宅で契約万単位でお得

 

 

こんな記事もおすすめ

685