このサイトについて

ahamoとOCNモバイルONEを5項目で比較したけど「何ギガ使うか」で決めればOKでした

ゴリラ

「ahamo」と「OCNモバイルONE」で迷ってるんだけど、どっちが良いのかな……?

「ahamo」はNTTドコモ、「OCNモバイルONE」は子会社のNTTコミュニケーションズの通信ブランドです。

とくにドコモからの乗り換えで、この2つを候補に検討している方も多いのではないでしょうか。

比べてみると、ドコモ配下のブランドとして、キッチリ棲み分けされていることがわかります。

本記事では、「ahamo」と「OCNモバイルONE」の違いを解説していきます。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、比較のまとめは次のとおり。

 

スクロールできます→

 ahamoOCNモバイルONE
選べるデータ量20GB・100GB
中~大容量
0.5~10GB
低容量に特化
料金2,970円
(大盛りは4,950円)
550~1,760円
通信速度速い普通~やや速い
スマホの機種人気ブランドコスパ重視
申し込み窓口オンラインのみ店頭申し込みも可
サポートチャットのみ電話窓口もある

 

結局は「何GBぐらい使うか」で選べばOKで、他の項目は参考程度に見ておけば大丈夫です。

\手数料は無料・しばりもなし/

 

\端末セットが安い/
OCNモバイルONEを見てみる >

料金プランを比較|選べるデータ量が違う

ahamoは中~大容量、OCNモバイルONEは低容量にそれぞれ特化しています。

ドコモブランドは松竹梅みたいな感じで、3つのランクを設けています。ahamoはコスパ重視の「ニュー」、OCNモバイルONEはとにかく安さに振り切った「エコノミー」です。

出典:「今後の料⾦戦略に関する発表会」資料より

ahamoでは20GBのメインプランに、80GB追加できるオプション「ahamo大盛り」を付けられます。

▼ahamoの料金プラン▼

  • ahamo 20GB:2,970円
  • ahamo大盛り(+80GB):1,980円
    ※100GBで4,950円

※5分まで何度でも通話無料、海外でも使える、上限超過後も最大1Mbps

一方、OCNモバイルONEは、500MB~10GBの間でデータ容量は細かく選べます。「データ量少なめでOK」の人に向けた格安SIMですね。

▼OCNモバイルONEの料金プラン▼

スクロールできます→

 月額料金
500MB/月550円
※最大10分相当の
無料通話つき
1GB/月770円
3GB/月990円
6GB/月1,320円
10GB/月1,760円

この後も他の項目で比較していますが、基本的には「使うデータ容量」で選べばOKです。

「通話料」も比較

通話料金も比較しておきましょう。

  • ahamo
    ⇒1回あたり5分までかけ放題(超過後は22円/30秒)
  • OCNモバイルONE
    ⇒通話料は11円/30秒
    ※500MBコースは、毎月220円(最大10分相当)の割引あり

ahamoは5分かけ放題だけど、超過後は22円/30秒と高め、OCNモバイルONEは11円/30秒とahamoの半額で、500MBコースなら10分くらい無料で通話できます。

通話もたくさんするなら、この特徴も押さえておくと良いですね。

通信速度を比較|ahamoが速い

通信速度を比較していきましょう。

みんなのネット回線速度を参考にすると、次の通りです。

  • ahamo:126.42Mbps
  • OCNモバイルONE:73.15Mbps

▼参考

  • NTTドコモ:194.06Mbps
  • ソフトバンク:152.79Mbps
  • Y!mobile:62.81Mbps
  • mineo:40.78Mbps

※直近3ヶ月に計測された測定結果から平均値を計算(執筆時点)
※出典:みんなのネット回線速度

ahamoの通信速度は大手キャリアに近い水準にあります。

一方、OCNモバイルONEの通信速度は、格安SIMとしては速い方ですが、キャリアに比べるとやや劣ります。

普段は不便に感じることはほぼないですが、特にお昼などの混雑時は、少しキャリアとの差を感じるかもしれません。

「選べるスマホ」を比較|趣向が違う

選べるスマホも比較していきましょう。

ラインナップはけっこう異なります。

  • ahamo
    ⇒Xperia、Galaxyなど人気ブランド
  • OCNモバイルONE
    ⇒Xiaomi、モトローラなどコスパ重視

ahamoは人気ブランドが買える

ahamoは、Xperia、Galaxy、AQUOSなど、人気ブランドが買えるのが特徴。

執筆時点でahamoで購入できるのは、以下のラインナップ。

公式サイトでチェック

型落ちハイエンドの「Xperia 1 Ⅱ」「Galaxy S20 5G」が5、6万円台と、手頃な価格で購入できます。

スマホの価格が高騰気味な中で、この価格で人気ブランドのハイエンドが買えるのは魅力です。

そのほか、5,500円から「AQUOS wish2」も購入できます。

コスパ優秀なエントリーモデルで、こちらもオススメできます。

ちなみにahamoはドコモの全機種が買える

ahamoでは、ドコモをオンラインショップで契約⇒すぐにahamoに変更すれば、ドコモの全ての端末を購入できます。

ドコモ⇒ahamoは、プラン変更に近い簡単な手続きで移行できます。

ahamoユーザー向けページ

OCNモバイルONEはコスパ重視

OCNモバイルONEでは、Xiaomiやモトローラなど、実力派のコスパスマホがズラリと並んでいます。

▼ラインナップ例(2022年7月時点)▼

公式サイトでチェック

XperiaやGalaxyの取り扱いこそありませんが、キャリアで買えないSIMフリー界隈の人気機種が買えます。

ちなみに、しれっとiPhone 13の取り扱いもあります。128GBモデルが103,785円で、ドコモと比べて安いです。

最新の価格・在庫をチェック

「サポート」を比較|OCNがやや手厚い

ドコモ本体と比べ、どちらも料金が安い分、サポートは少なめです。

申し込み窓口を比較:OCNは店頭から契約できる

申し込み窓口の違いは次の通り。

  • OCNモバイルONE
    ⇒全国のドコモショップからも申し込みができる
  • ahamo
    ⇒オンライン申し込みのみ

OCNモバイルONEは、オンラインに加えて、全国のドコモショップでも申し込みできます。

一方、ahamoはオンラインのみです。店頭からの申し込みはできません。

ただし、ahamoも、2021年4月から店頭での申し込みのサポートサービスが開始されています。

3,300円の有料ですが、申し込みを横で見守りつつ、教えてくれます。

相談窓口を比較:ahamoはチャットのみ

相談窓口の違いは次の通り。

  • ahamo
    ⇒専用チャットのみ(電話窓口はなし)
  • OCNモバイルONE
    ⇒チャット、電話、メールで相談可

どちらも、店頭の相談窓口はありません。

OCNモバイルONEはチャット・メールに加え、電話窓口が2つ用意されています。

  • カスタマーズフロント(0120-506506)
    サービス全般の相談
  • OCNテクニカルサポート(0120-047-860)
    端末の設定などの技術面の相談

電話窓口がないとどうしても不安な方は、OCNモバイルONEの方が安心です。

ドコモからの「乗り換え方法」を比較|面倒くさくなったらahamoがオススメ

ドコモからの乗り換え方法も比較しておきましょう。

  • ドコモからahamoへ乗り換え
    ⇒ほぼプラン変更と同様の「かんたんな手続き」
  • ドコモからOCNモバイルONE
    ⇒「他社への乗り換え」と同じ手続き

ドコモ⇒ahamoの乗り換えは、公式サイトから画面に沿って手続きすれば、20分程度で完了します。

ドコモでの契約情報を引き継げるので、プラン変更に近い簡単な手続きで済みます。

一方、OCNモバイルONEへの乗り換えは、他社への乗り換えと同じ手続きが必要です。

とりあえず料金を安くしたいドコモユーザーは、まずはahamoへ乗り換えてしまうのが楽ちんです。

【比較のまとめ】何GB使うかで選ぶ

いろいろと違いを比較してきましたが、一番の違いは選べるデータ量です。

スクロールできます→

 ahamoOCNモバイルONE
選べるデータ量20GB・100GB
中~大容量
0.5~10GB
低容量に特化
料金2,970円
(大盛りは4,950円)
550~1,760円
通信速度速い普通~やや速い
スマホの機種人気ブランドコスパ重視
申し込み窓口オンラインのみ店頭申し込みも可
サポートチャットのみ電話窓口もある

基本的に自分が使うデータ量で決めればOKです。

プラスαで、欲しい機種がある方で買うのもアリ。

ドコモユーザーは、ahamoへの乗り換えが断然ラクなので、まずはahamoを試してみるのも良いかと思います。

\手数料は無料・しばりもなし/

 

\端末セットが安い/
OCNモバイルONEを見てみる >

7524