全30歳以下必見!U30キャンペーンは5/31(火)まで!

楽天モバイル・ワイモバイルの「違い」で押さえるべきはココ|重要ポイント7点を比較

ゴリラ

「楽天モバイル」と「ワイモバイル」だと、どっちが後悔しないかな?

格安でかつ安心感のある乗り換え先となると、楽天モバイル・ワイモバイルは良いチョイスです。

CMも多いし、店舗もたくさんあるので、何となく見かける機会も多いと思います。

ただ自分にとってベストな選択がどちらなのか、決めかねてしまうこともあるでしょう。

本記事では、楽天モバイルワイモバイルの違いはどこなのか、特に重要なことに絞ってまとめています。

自分の場合、どっちがお得かチェックしていきましょう。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、注目すべき違いはココです。

▼楽天モバイル▼

  • 料金がさらに安い
  • iPhoneが激安で買える
  • 楽天市場でポイントUP

▼ワイモバイル▼

  • 通信の品質が上
  • 家族割引がある
  • 店舗がさらに多い

 

結論、安さを追求するなら「楽天モバイル」、安さと通信を両立するなら「ワイモバイル」がおすすめ。

 

楽天モバイルは0円運用ができるので、併用してしまう方法もあります。

ちなみに…

 

楽天モバイルでは端末を買って最大3.5万ポイント還元のド派手な還元キャンペーンをやってます!(対象iPhone / 対象Android

 

1GB未満なら維持費は0円。正直、契約しない理由がなく、当サイトのライターは全員、楽天モバイル契約してます^^

 

\1GB以下ならずっと無料/

 

\iPhoneしか勝たん/

 

楽天モバイルのiPhoneは他社より安く、今なら最大3.5万ポイント還元キャンペーン中です!

 

楽天モバイル iPhone商品・予約ページ >

 

ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

まず注目したい「違い」はココ|楽天モバイル vs ワイモバイル

楽天モバイルワイモバイルの違いで、まず注目したい部分は以下のとおり。

まず注目したい「違い」はココ
  • 料金は基本「楽天モバイル」の方が安い
  • 通信品質は「ワイモバイル」の方が期待できる
  • 「楽天モバイル」はiPhoneが激安で買える
  • 「ワイモバイル」は家族割引がある

料金は基本「楽天モバイル」の方が安い

まず注目なのは、料金プランの違いですね。

楽天モバイルは月額0円から使えます。もちろん通信・通話付きのプランです。

Rakuten UN-LIMIT

一方、ワイモバイルのプランはこちらです。

▼ワイモバイルの料金プラン|シンプルS/M/L▼

↓左右にスクロールできます!

プラン名データ容量月額(税込)
シンプルS3GB2,178円
シンプルM15GB3,278円
シンプルL25GB4,158円

楽天モバイルに比べると、少し高いです(後述する家族割でここから安くすることもできます)。

「より安く使いたい」と考えるなら、楽天モバイルです。格安SIMに近い最安クラスで使えます。

ワイモバイは「キャリアと格安SIMの間」という料金水準です。

ちなみに楽天モバイルは「Rakuten Link」経由で通話料も0円です。たくさん電話するなら通話料でも差が出ます

通信品質は「ワイモバイル」の方が期待できる

一方で、通信品質は「ワイモバイル」の方が期待できます。

ワイモバイルは、厳密には自社回線ですが、ソフトバンクのキャリア品質に近いイメージです。

通信速度も電波の繋がりやすさもかなり期待できます。

一方、楽天モバイルは、第4のキャリアではありますが、基地局を増やして、自社回線のエリアを拡大中の段階です。

実際につながりづらいエリアはあります。

ちなみに直近の通信速度測定サイト「みんなのネット回線速度」を見てみると以下の通り。通信速度も差が出ています。

▼楽天モバイル▼

  • 測定件数: 41882件
  • 平均ダウンロード速度: 37.01Mbps
  • 平均アップロード速度: 19.33Mbps

▼ワイモバイル▼

  • 測定件数: 8135件
  • 平均ダウンロード速度: 63.1Mbps
  • 平均アップロード速度: 15.18Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2022年3月5日時点)

速度に差があるとは言え、楽天モバイルの下りでも30Mbps以上出ており、実際の利用で困るような速度ではありません。

また、楽天モバイルは自社回線のエリア外ではau回線となり、5GBの制限があります。5GB以上使うと、最大速度は1Mbpsに制限されます。

「楽天モバイル」はiPhoneが激安で買える

楽天モバイルは、キャンペーンも注目ですね。

執筆時点では、iPhone購入で最大35,000円分のポイント還元が受けられるキャンペーンを実施中です。

とくに最新iPhoneを買うなら、楽天モバイルで買うのが最安の方法の1つです。

一方のワイモバイルも、オンラインでのキャンペーンがありますが、楽天モバイルと比較するとやや弱いです。

ワイモバイルでは執筆時点では機種代が最大21,600円割引です。なお販売価格も楽天モバイルより0.2~1.8万円ほど高め。

「ワイモバイル」は家族割引がある

ワイモバイルには家族割引があります。こちらは楽天モバイルにはないサービスです。

家族で契約すると、2回線目以降は1,188円割引です。

▼ワイモバイルの家族割引▼

↓左右にスクロールできます!

 シンプルS
(3GB)
シンプルM
(15GB)
シンプルL
(25GB)
月額料金2,178円3,278円4,158円
家族割引1,188円割引
割引後の料金990円2,090円2,970円

家族割引を適用すると、ざっくり楽天モバイルと同じくらいまで安くなります

家族で使うなら最安クラスで使えて、通信もキャリアに近い品質なので、かなりお得感は出てきますね。

楽天モバイル公式サイト

ワイモバイルオンラインストア

ポイントUP・店舗・光回線の違いも注目|楽天モバイル vs ワイモバイル

その他の楽天モバイル・ワイモバイルの細かい違いも見ていきましょう。注目したいのは以下の3点です。

ポイントUP・店舗・光回線の違い
  • 「楽天経済圏」「PayPay経済圏」でポイントUPあり
  • ワイモバイルの方が店舗は多い
  • 「楽天ひかり」 vs 「ソフトバンク光」にも注目

楽天経済圏・PayPay経済圏でポイントUPあり

楽天モバイルでは「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」による楽天市場でのポイント還元率アップがあります。

楽天モバイルを契約するだけで、ポイント還元率が+1倍です。

さらにキャリア決済を合計2,000円使うと、+0.5倍もあります。

一方で、ワイモバイルも「PayPay経済圏」でのポイント還元率アップがあります。

ワイモバイルユーザーなら「Yahoo!プレミアム(通常508円/月)」が無料です。Yahoo!ショッピング、PayPayモール、LOHACOで+2%還元が受けられます。

さらにYahoo!プレミアムには以下の特典もあります(抜粋)。

  • 雑誌110誌以上が読める「読み放題プレミアム」
  • 国内バスケットボールの試合が見放題の「バスケットLIVE」
  • パ・リーグ全試合配信の「ベースボールLIVE」

地味にこれらの特典もお得ですね。

楽天経済圏を取るか、PayPay経済圏を取るかという視点で選んでみるのも面白いかもしれません。

ワイモバイルの方が店舗は多い

料金が格安で店舗のサポートも期待できるとなると、ワイモバイルか楽天モバイルの2択になりそうです。

安くて、サポートが手厚いところは中々ありません。

  • 楽天モバイル
    全国1,000店舗以上
    (取扱店含む)
  • ワイモバイル
    全国で2,500店舗以上
    (取り扱い店(ソフトバンクショップ)含む)

店舗の数はワイモバイルの方がリードしています。

取扱店含めると2,500店舗以上、単独店であるワイモバイルショップだけでも700店舗ほどあります。

「店舗でのサポートは重要!」という方は、店舗が見つけやすいかという点も注目して見ると良いかも。

楽天モバイルの店舗検索(公式)

ワイモバイルの店舗検索(公式)

「楽天ひかり」 vs 「ソフトバンク光」にも注目

楽天モバイル・ワイモバイルともに、セットでお得な光回線があります。

通信費全体で安くしたいと考えているなら、合わせて注目しておくと良いでしょう。

  • 楽天モバイル+楽天ひかり
    ⇒楽天ひかりが1年無料
  • ワイモバイル+ソフトバンク光
    ⇒ワイモバイルで家族全員が1,188円割引

楽天モバイル+楽天ひかりで契約すると、楽天ひかりが1年間無料になります。5~6万円ほどの割引が受けられることになります。

一方、ワイモバイルではソフトバンク光とセットで家族全員が1,188円割引です(家族割引とは併用できません)。

短期的には楽天ひかりの方がお得そうですね。

ソフトバンク光も「代理店」で3万円超の特典あり

ちなみにソフトバンク光も、代理店からの申し込みで3万円超のキャッシュバックがあり、楽天ひかりに迫るお得度で契約も可能です。

楽天モバイルとワイモバイルを「併用」する方法も

楽天モバイルとワイモバイルを併用する方法もおすすめです。

楽天モバイルは月額0円から使えて、かつ「Rakuten Link」で電話がかけ放題なので、通話用のサブ回線にピッタリです。

  • ワイモバイル
    ⇒通信の速いメイン回線
  • 楽天モバイル
    ⇒電話用のサブ回線

という使い方ですね。スマホを2台持ちする方や、デュアルSIMのスマホをお持ちの方におすすめの使い方です。

楽天モバイルは0円運用もできて「iPhoneが激安で買える」「楽天市場でポイントUP」など、かなりの恩恵を享受できます。

両ブランドのいいとこ取りを目指せる「2台持ち」や「デュアルSIM」も検討してみてください。

まとめ

違いを詳しく紹介しましたが、どうしても迷ったら

  • 安さを追求するなら「楽天モバイル」
  • 安さと通信品質を両立するなら「ワイモバイル」
  • いいとこ取りをするなら併用

が良さそうです。

楽天モバイルは、毎月の料金が安いですし、キャンペーンが群を抜いてお得です。ただ通信は少しだけ不安が残ります。

一方で、ワイモバイルは通信も料金もそれなりの水準です。もちろん3キャリアから乗り換えなら、大幅に安くなります。

ぜひこの記事を参考に、自分に合う方を選んでみてくださいね。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①誰でも
5,000ポイント
5,000ポイント還元
②他社からの乗り換えで
ポイント還元
15,000ポイント還元
③端末購入で
ポイント還元
最大20,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
④iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元

ゴリラ

iPhone 13、Apple公式よりも安くて、ポイント還元もあるんだ!iPhone買って最大3.5万ポイント還元は猛烈〜!!

事務手数料も無料、〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

\1GB以下ならずっと無料/

 

こんな記事もおすすめ

322