このサイトについて

iPhone 11 / 11 Proは2023年に買っても大丈夫? 改めて再スペックレビュー

ゴリラ

iPhoneを安く買いたいんだけど、iPhone 11とか11 Proって、いま買っても平気なの?

最新iPhoneが高額になり、型落ち・中古iPhoneに注目が集まりつつあります。

日常生活で不便なく使えるなら、安いiPhoneで十分と考える方が増えてきました。

この記事では、2019年に発売したiPhone 11と11 Proについて、2023年からの視点でスペックを再評価します。

「いま買っても大丈夫なのか?」「不便しないのか?」「最新iPhoneとどう違うのか?」の参考にしてくださいね。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、iPhone 11は2〜3年使うつもりで買うならおすすめです。

 

スペック的には、発売から3年以上経ったいまでも普通に使えます。

 

ただし、iOSサポートの期限、5Gに対応していないことを考えると、2〜3年使うつもりで買うのが良さそう。

iPhone 11/11ProのスペックをiPhone 14と比較

iPhone 11 / 11 Proは2019年9月に発売され、2022年9月にApple公式での販売が終了しました。

ラインナップは以下の3種類。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

2022年9月発売のiPhone 14から見ると、3年型落ちのモデルです。

まずは無印モデル(11と14・14 Plus)、Proモデル(11 Proと14 Pro・14 Pro Max)のスペックを比較しておきます。

▼iPhone 11と14・14 Plus スペック▼

iPhone 11 14 比較

スクロールできます→

 iPhone 11iPhone 14iPhone 14
Plus
容量64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
カラー・ブラック
・グリーン
・イエロー
・パープル
・(PRODUCT) RED
・ホワイト
・ミッドナイト
・パープル
・スターライト
・(PRODUCT) RED
・ブルー
サイズ横:75.7mm
縦:150.9mm
厚さ:8.30mm
横:71.5mm
縦:146.7mm
厚さ:7.80mm
横:78.1mm
縦:160.8mm
厚さ:7.80mm
重量194g172g203g
ディスプレイ
解像度
6.1インチ
LCD(液晶)
1,792 x 828
326ppi
6.1インチ
OLED
2,532 x 1,170
460ppi
6.7インチ
OLED
2,778 x 1,284
458ppi
最大輝度625ニト(標準)800ニト(標準)
1,200ニト(HDR)
チップA13 Bionicチップ
6コアCPU
4コアGPU
8コアNeural Engine
A15 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
防沫/耐水/防塵IP68
(水深2メートルで最大30分間)
IP68
(水深6メートルで最大30分間)
バッテリー容量
(ビデオ/音楽)
最大17時間/
最大65時間
最大20時間/
最大80時間
最大26時間/
最大100時間
充電・約30分で50%(20W)
・ワイヤレス:最大7.5W
・約30分で50%(20W)
・MagSafe:最大15W
・ワイヤレス:最大7.5W
SIM・nano-SIM+eSIM・nano-SIM+eSIM
・eSIM+eSIM
生体認証Face ID
(顔認証)
決済Apple Pay
安全・緊急SOS・緊急SOS
・衝突事故検出
通信4G LTE5G
画素数
ƒ値
・メイン:1,200万画素・ƒ/1.8
・超広角:1,200万画素・ƒ/2.4
・メイン:1,200万画素・ƒ/1.5
・超広角:1,200万画素・ƒ/2.4
光学ズーム・ズームアウト:2倍
デジタルズーム最大5倍
手ブレ補正・光学式手ぶれ補正・センサーシフト光学式
手ぶれ補正
ナイトモード
フォトグラフィ
スタイル
ビデオ
シネマティックモード
4K HDR、最大30fps
ビデオ
アクションモード
最大2.8K、60fps
ビデオ
光学ズーム
・ズームアウト:2倍
ビデオ
デジタルズーム
最大3倍
TrueDepthカメラ
(フロントカメラ)
・1,200万画素
・ƒ/2.2
・1,200万画素
・ƒ/1.9

▼iPhone 11 Proと14 Pro・14 Pro Max スペック▼

iPhone 11 Pro 14 Pro 比較

スクロールできます→

 iPhone 11
Pro
iPhone 14
Pro
iPhone 14
Pro Max
容量64GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
カラー・ゴールド
・スペースグレイ
・シルバー
・ミッドナイトグリーン
・スペースブラック
・シルバー
・ゴールド
・ディープパープル
サイズ横:71.4mm
縦:144.0mm
厚さ:8.10mm
横:71.5mm
縦:147.5mm
厚さ:7.85mm
横:77.6mm
縦:160.7mm
厚さ:7.85mm
重量188g206g240g
ディスプレイ
解像度
5.8インチ
OLED
2,436 x 1,125
458ppi
6.1インチ
OLED
2,556 x 1,179
460ppi
6.7インチ
OLED
2,796 x 1,290
460ppi
最大輝度800ニト(標準)
1,200ニト(HDR)
1,000ニト(標準)
1,600ニト(HDR)
2,000ニト(屋外)
チップA13 Bionicチップ
6コアCPU
4コアGPU
8コアNeural Engine
A16 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
防沫/耐水/防塵IP68
(水深4メートルで最大30分間)
IP68
(水深6メートルで最大30分間)
バッテリー容量
(ビデオ/音楽)
最大18時間/
最大65時間
最大23時間/
最大75時間
最大29時間/
最大95時間
充電・約30分で50%(20W)
・ワイヤレス:最大7.5W
・約30分で50%(20W)
・MagSafe:最大15W
・ワイヤレス:最大7.5W
SIM・nano-SIM+eSIM・nano-SIM+eSIM
・eSIM+eSIM
生体認証Face ID
(顔認証)
決済Apple Pay
安全・緊急SOS・緊急SOS
・衝突事故検出
通信4G LTE5G
画素数
ƒ値
・メイン:1,200万画素・ƒ/1.8
・超広角:1,200万画素・ƒ/2.4
・望遠:1,200万画素・ƒ/2.0
・メイン:4,800万画素・ƒ/1.78
・超広角:1,200万画素・ƒ/2.2
・2倍望遠:1,200万画素・ƒ/1.78
(メインカメラを利用)
・3倍望遠:1,200万画素・ƒ/2.8
光学ズーム・ズームイン:2倍
・ズームアウト:2倍
・ズームイン:3倍
・ズームアウト:2倍
デジタルズーム最大10倍最大15倍
手ブレ補正・光学式手ぶれ補正・センサーシフト光学式
手ぶれ補正
ナイトモード
フォトグラフィ
スタイル
ビデオ
シネマティックモード
4K HDR、最大30fps
ビデオ
アクションモード
最大2.8K、60fps
ビデオ
光学ズーム
・ズームイン:2倍
・ズームアウト:2倍
・ズームイン:3倍
・ズームアウト:2倍
ビデオ
デジタルズーム
最大6倍最大9倍
TrueDepthカメラ
(フロントカメラ)
・1,200万画素
・ƒ/2.2
・1,200万画素
・ƒ/1.9

ゴリラ

どこを見ればいいウホ?

パッと見で違いがわかりづらいですが、iPhone 11とiPhone 14シリーズの違いはザックリ以下の5つです。

▼iPhone 11と14シリーズの違い▼

  • 11シリーズは本体が丸い。14シリーズは四角い
  • 14シリーズは5G対応
  • 14シリーズの方がCPU性能が高い
  • 14シリーズの方がカメラ性能が高い
  • 14シリーズの方がバッテリー持ちが良い

ほぼ全ての機能で14シリーズが上回っていると言っても良いです。

iPhone 11の特徴。当時は何が話題だった?

iPhone 11

2019年の発売当時は、何が話題になったのか?それまでの機種と比べて優れていた点はどこか?をお伝えします。

  • 初の「超広角カメラ」搭載
  • 豊富なカラーバリエーション
  • 初めての「Pro」モデルの登場

初の【超広角カメラ】搭載

超広角カメラ

左:通常カメラ 右:超広角カメラ

「超広角カメラ」は「0.5倍ズーム」とも言われる機能です。通常のカメラよりも広い範囲を撮影でき、以下のような場面で便利です。

▼超広角カメラが役立つ場面▼

  • 広い景色を撮るとき
  • 室内の雰囲気を伝えたいとき
  • 大人数で撮影するとき

iPhone 11で初めて搭載された超広角カメラは、それ以降のiPhoneにも引き継がれ、今や当たり前の存在になりました。

超広角カメラ「なし」モデル

2018年のiPhone XS/XR以前のiPhone、iPhone SE

型落ちiPhone、中古iPhoneを買うにあたり、超広角カメラがついているかどうかは最重要項目と言えます。

超広角カメラは使い勝手が抜群によく、あると明らかに便利です。

iPhone XSXRなどのさらに古い型落ちと迷っているなら「超広角カメラがあるからiPhone 11にする!」というのは、かなりアリな考え方です。

豊富なカラーバリエーション

iPhone 11 カラバリ

iPhone 11は、以下の6色から選ぶことができました。

  • ブラック
  • グリーン
  • イエロー
  • パープル
  • (PRODUCT)RED
  • ホワイト

前モデルのiPhone XSは3色のみ、その前のiPhone Xは2色のみで、カラーの選択肢が増えたことは好評でした。

ただ、今から購入するなら中古がメインになるので、欲しい色が手に入らないこともあります。

初めての「Pro」モデルが登場

iPhone 11 11 Pro 11 Pro Max

iPhone 11で初めて「Pro」モデルが登場しました。Proモデルは無印モデル(Proじゃないモデル)よりも、CPU、カメラ性能が高い上位版という位置づけです。

これ以降のiPhoneでも「Pro」シリーズが継続して発売されていることから、iPhone 11 Proの成功が伺えます。

ちなみに、iPhone 11 ProはiPhone 11よりもわずかにサイズが小さいです。

▼iPhone 11 Proにする理由▼

  • 少しでもサイズが小さい方がいい
  • 少しでも画面が明るい(見やすい)方がいい
  • 少しでもバッテリーが持つ方がいい

iPhone 11と11 Proで迷っていて、上記の優先順位が高いなら、Proモデルを選ぶのが良いでしょう。

ちなみに価格は11 Proの方が1万円ほど高く設定されていることが多いです。

iPhone 11はどこで買える?

iPhone 11/11 Proを扱っているお店は少ないです。

キャリアでの新品の販売は終わっており、基本的には中古で購入することになります。

▼iPhone 11を買えるショップ▼

※中古市場は供給が不安定で、在庫がないことがあります。

Certified(サーティファイド)は、各キャリアの「認証済み」中古スマホです。

購入プログラムや下取りなどで回収したスマホを清掃、簡易な修理をして、再販売しています。

また、中古販売店のイオシスを参考に、市場価格もチェックしておきましょう。

▼イオシスのiPhone 11/11 Proの価格例▼

  • iPhone 11 64GB Cランク:40,800円〜
  • iPhone 11 128GB Bランク:44,800円〜
  • iPhone 11 256GB Bランク:52,800円〜
  • iPhone 11 Pro 64GB Cランク:50,800円〜
  • iPhone 11 Pro 256GB Bランク:62.800円〜
  • iPhone 11 Pro 256GB Aランク:67,800円〜

みなさんがこの記事を読んでいるタイミングでは、さらに下がっている可能性もあります。

イオシスで最新の価格を見てみる

中古販売店ではA〜Cといったように、商品の状態にランク付けがなされていますが、そもそも、利用に支障をきたすような悪いものは販売されていません。

例えばCランクであっても、カバーやケースをつけて使えば気になりにくいのも事実です。

MEMO:中古iPhoneは普通に使える?
僕は数年前に中古のiPhone Xを購入し、機種変更するまで3年間くらい普通に使えました。

型落ちのiPhone 11を買うデメリット4つ

「最新モデルにも引けを取らないiPhoneが、4〜6万円で買えるので普通にオススメ!」なiPhone 11ですが、デメリットもあります。

デメリット① 2025年頃に使えなくなる可能性がある

iPhoneには「iOSのアップデートができる期間(iOSサポート期間)」があります。

サポート期間が終わったiPhoneは、最新のiOSに更新できなくなり、セキュリティ面の脆弱性や、使えないアプリが出てくるなど不便なことが増えます。

iPhone 11のサポートがいつまで続くのかは未定ですが、2025年頃に終了すると予想されています。

つまり2〜3年後には次の新しいiPhoneに変えるつもりでiPhone 11を買うのが良さそうです。

デメリット②5Gに対応していない

5Gは、現在主流の「4G電波」に置き換わる、高速・大容量通信が可能な電波です。

次モデルのiPhone 12以降は5Gに対応していますが、iPhone 11はギリギリ5Gに対応していません。

「5Gが使えないと不便!」という時代はもう少し先ですが、先述のiOSサポート期間も踏まえて考えると、2〜3年使うつもりで購入しましょう。

さらに長く使いたいなら、iPhone 12など、もっと新しい機種を検討してみてください。

デメリット③ スペックの不安が0ではない

iPhone 11は、最新iPhoneよりもスペックが劣っているとは言え、Webブラウジング、SNS、電子決済、LINEなどのコミュニケーションツール程度であれば、不自由なく利用できます。

MEMO

スマホの総合的な性能を示す「AnTuTu Benchmark」(Ver.9)のスコアは65万点前後で、むしろ「快適」なレベルです。

一方で以下のような状況では「モッサリする」「カクカクする」と感じる可能性があります。

  • 3Dグラフィックの綺麗なゲーム
  • 画像編集や動画編集
  • 複数のアプリを同時に立ち上げているとき

単独でアプリを普通に使う場合は、iPhone 11でもスペック不足を感じることはほぼないかと思われます。

デメリット④ 中古でしか手に入らない

上述したようにイオシスなどの中古販売店や、各キャリアのCertifiedでしか手に入れることができません。

どうしても新品が良い、という神経質な方は、選択肢から外さざるを得ません。

2022-2023年のiPhone 11を買った人の口コミ

2022〜2023年にiPhone 11を買った人の口コミを探してみました。

こちらの方は2022年の6月くらいにiPhone 11を購入したようです。「快適でiPhoneから変えたくない」とのことなので、Androidからの乗り換えでも、問題なく使えているようです。

こちらの方は2021年?に購入されたようですが、満足して使われているようですね。

中古の場合、バッテリー容量が減っている可能性があります。

多くの中古販売店やキャリアのCertifiedでは、購入前にバッテリー容量を確認することができません

まとめ:iPhone 11 / 11 Proは「2〜3年使うつもり」で買うのが良さそう

iPhone 11と最新のiPhone 14は、スペック的な差はあるものの、正直、iPhone 11でもほとんどなにも不便なく使えるかと思います。

とはいえ、iOSサポートや5Gへの非対応など、長期的な目線で見るなら、2〜3年程度使うつもりで買うことをおすすめします。

中古のiPhoneをお得に買うなら……

中古のiPhoneはフリマもいいですが、より安心して購入できる販売店、キャリアの「Certified(認定中古品)」がおすすめです。

イオシスは個人的にも使ったことがあります。中古とは言え品質が高く、最大6ヶ月の長期保証もあります。

ゴリラ

イオシスはサイトを見てるだけでも、楽しいな!時間が溶けるから注意な!

乗り換えなら割引を受けられることもある、キャリアの認定中古品もいいですね!

884