【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

【価格差2万円】iPhone 13とiPhone 12の重要な違いはカメラ、バッテリー、SoC

ゴリラ

iPhoneを安く買いたいから、「iPhone 13」か「iPhone 12」で迷ってる!どっちが良いかな?

iPhone 14から見て1つ型落ちの「iPhone 13」にするか、さらに安くなっている「iPhone 12」にするか迷っている方も多いのでは。

iPhone 13とiPhone 12で、ユーザー体験にどんな違いがあるのか、気になるところです。

本記事では、iPhone 13とiPhone 12で変わること、変わらないことを、それぞれ紹介します。

正直な結論

先に正直な結論を伝えると、iPhone 13とiPhone 12の主な違いは、カメラ、バッテリー、SoCです。

 

見た目は大きく変わりませんが、主要なスペックに違いがあります。中古での価格差は2万円ほど。

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

iPhone 13とiPhone 12でココが違う

ズバリiPhone 13とiPhone 12の重要な違いは、以下の3つになるかと思います。

  • 【カメラ】iPhone 13はより高画質に撮れる
  • 【バッテリー】iPhone 13は電池持ちが良い
  • 【SoC】処理性能がわずかに進化

【カメラ】iPhone 13はより高画質に撮れる

iPhone 13の広角カメラには、12シリーズはPro Maxのみに搭載されていたピクセルサイズ1.7μmの大型センサーが採用されています。

より高画質な撮影ができ、暗所もより明るく撮れます。

見た目もレンズが大きくなり、斜めに並びました。iPhone 13のカメラは、iPhone 12 Proに近い性能です。

またiPhone 13以降では、背景をぼかして動画が撮れる「シネマティックモード」も追加されました。ユーザーから高い評価を得ている機能ですね。

そのほか、iPhone 13では、12 Pro Max限定だったセンサーシフト光学式手ぶれ補正に対応しています。

iPhoneのカメラは12の時点ですでに高いレベルに達しているのは間違いないですが、iPhone 13を選ぶと確実にプラスアルファの体験が得られます。

【バッテリー】iPhone 13は電池持ちが良い

バッテリー容量は非公式の数値ではあるものの、iPhone 12⇒13で、400mAh増量しています。

  • iPhone 13:3,227mAh
  • iPhone 12:2,815mAh

バッテリーテストで有名な「GSMArena」を参照すると、テスト結果は以下のとおりです。

  • iPhone 13:89時間
  • iPhone 12:84時間

劇的ではないですが、バッテリーの持ち時間は伸びています。

口コミを見る限り、容量やバッテリーテストの数値以上に、バッテリー持ちの差を体感しているユーザーは多いです。

【SoC】処理性能がわずかに進化

SoCは、iPhone 13で1世代アップデートされています。

スマホの処理性能を測るAnTuTuベンチマークのスコアは以下。

  • iPhone 13(A15 Bionic):80万点程度
  • iPhone 12(A14 Bionic):70万点程度

カメラやバッテリーほどの大きな差はありませんが、一応、進化しているポイントです。

iPhone 12以降であれば、ゲームもこなせる性能です。

iPhone 13とiPhone 12ではここは「変わらない」

以下のスペックは、13でも12でもあまり変わりません。

  • 【ディスプレイ】60Hz駆動・有機EL
  • 【機能】MagSafe、5G、マスクの顔認証
  • 【デザイン】角ばったフラットな外観

【ディスプレイ】60Hz駆動・有機ELは同じ

ディスプレイは、どちらも6.1インチの有機ELです。書き換え速度は60Hzで変わりません。

120Hzのより滑らかなディスプレイが欲しいなら、13 Pro以降のProモデルを選ぶ必要があります。

【機能】MagSafe、5G、マスクの顔認証はともに対応

MagSafe、5G通信、マスク着用時の顔認証は、iPhone 12以降のモデルではすべて対応しています。

【デザイン】角ばったフラットな外観は共通

iPhone 12からiPhone 13でデザインは大きく変わっていません。違いは、カメラが斜めに配置されたぐらいです。

ただしカラーバリエーションには違いがあります。

iPhone 12のカラーは、パープル、ブルー、グリーン、プロダクトレッド、ホワイト、ブラックの6色です。

iPhone 13のカラーは、ピンク、ブルー、グリーン、プロダクトレッド、スターライト、ミッドナイトの6色です。

iPhone 13とiPhone 12の価格を比較

iPhone 13とiPhone 12の価格・購入の情報を紹介します。

  • 中古ショップでの価格差は2万円ほど
  • iPhone 12はキャリアのCertified(認定中古品)が出回っている
  • iPhone 13は楽天モバイルで格安で買える

中古ショップでの価格|価格差は2万円ほど

2023年5月時点におけるイオシスの中古(A~Cランク)の価格は以下。

  • iPhone12:44,800円~77,800円
  • iPhone13:72,800円~99,800円

例えば「Bランク128GB」 という条件だと、iPhone12は約6.5万円、iPhone13は約8.5万円ほどでした。

中古の価格差は2万円ほどです。

iPhone 12はCertified(キャリアの認定中古)が出回っている

各キャリアでは、iPhone 12の認定中古品が購入できます。

※今後、ソフトバンクでもラインナップされる可能性が高いです。

UQモバイルとワイモバイルは、他社から乗り換えで2万円超の割引があり、3万円台から購入できます。

iPhone 13は「楽天モバイル」で格安の実質価格で買える

楽天モバイルでは、iPhone 13 / 14をAppleの公式価格とほぼ同額、キャリア最安で販売しています。

ここにポイント還元が付くので、Apple公式よりもかなりお得に購入できます。

2年後に端末を返却すると負担額が半額になるプログラムもあり、ポイント込みで実質40,432円から利用することもできます。

まとめ

両機種の違いと変わらないところは、あらためて以下のとおりです。

▼13と12でココは違う▼

  • 【カメラ】iPhone 13はより高画質に撮れる
  • 【バッテリー】iPhone 13は電池持ちが良い
  • 【SoC】処理性能がわずかに進化

▼変わらないところ▼

  • 【ディスプレイ】60Hz駆動・有機EL
  • 【機能】MagSafe、5G、マスクの顔認証
  • 【デザイン】角ばったフラットな外観

カメラはこだわりすぎない、バッテリーもヘビーに使わない、SoCもそこそこで良いという人は、iPhone 12で十分です。

iPhone 12なら中古相場で2万円ほど安く、UQモバイルワイモバイルで3万円台から購入することもできます。

一方で、長く使う予定でスペックを重視したいならiPhone 13がおすすめ。14に迫る性能があり、最新に近いレベルを実感できます。

ちなみに:契約するならオンラインショップがお得です

契約を検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

  1. 事務手数料、頭金がかからない(auは手数料かかります)
  2. オンライン限定キャンペーンがある
  3. オプション不要・しつこい営業がない
  4. 来店不要・待ち時間がない

金銭的メリット(事務手数料、頭金)だけでなく精神的なメリット(待ち時間・勧誘なし)も大きく、おすすめ。

また、各社が直営する公式オンラインショップなので安心して契約できます。

少しでもお得にかしこく契約したいと思っている人は、ぜひオンラインショップを使ってみてください。

こんな記事もおすすめ

\知ってるだけで万レベルでお得/
iPhoneを安く買う方法