【最新】iPhoneを安く買う方法まとめ

Galaxy S20、2023年にスペック再チェック。実際いつまで使えるのか

ゴリラ

型落ちのGalaxy S20の中古を狙ってるんだけど、これっていつまで使えるのかな?いま買っても大丈夫?

ここ1、2年でスマホの価格は暴騰。

いっそうのこと、型落ちで渡り歩いていった方が良いんじゃない?と、Galaxy S20に目を付けた人に向けて、2023年の視点からGalaxy S20のスペックを再チェックします。

正直な結論
  • Galaxy S20のOSアップデートはAndroid 13まで、セキュリティ保証は2024年3月までの予定
  • 2年くらいの「つなぎ」として、SDカードを使いたい、コンパクトなハイエンドモデルが欲しい、といった人の選択肢としてはあり
  • それ以外の人は、使える期間が2年伸びるGalaxy S21も検討したいところ

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。

Galaxy S20のスペック・S23との比較

Galaxy S20

Galaxy S20をスペックシートで振り返っておきましょう。

いま買ったら「できないこと」の参考にしていただくために、2023年最新のGalaxy S23と比較しておきます。

スクロールできます→

Galaxy S20(参考)Galaxy S23
サイズ・横:約69mm
・縦:約152mm
・厚さ:約7.9mm
・横:約71mm
・縦:約146mm
・厚さ:約7.6mm
重さ約163g約168g
SoCSnapdragon 865Snapdragon 8 Gen 2
RAM+ROM12GB+128GB8GB+256GB
外部ストレージ対応(最大1TB)
バッテリー容量4,000mAh3,900mAh
ディスプレイ
- サイズ
- 種類
- 解像度
・約6.24インチ
・有機EL
(Dynamic AMOLED)
・Quad HD+
(3,200×1,440)
・約6.1インチ
・有機EL
(Dynamic AMOLED 2X)
・FHD+
(2,340×1,080)
輝度・1,342nits(ピーク)・1,750nits(ピーク)
・1,200nits(HDR・HBM)
リフレッシュレート最大120Hz48〜120Hz
メインカメラ・超広角:1,200万画素
・広角:1,200万画素
・望遠:6,400万画素
・超広角:1,200万画素
・広角:5,000万画素
・望遠:1,000万画素
ズーム・最大30倍デジタル・3倍光学
・最大30倍デジタル
インカメラ約1,100万画素約1,200万画素
スピーカーステレオステレオ
防水・防塵IPX5 / IPX8・IP6XIPX5 / IPX8・IP6X
SIMシングル
(nanoSIM)
デュアル
(nanoSIM / eSIM)
OS (発売時)Android 10Android 13
その他・おサイフケータイ
・イヤホンジャック
・顔認証
・指紋認証
・おサイフケータイ
・イヤホンジャック
・顔認証
・指紋認証

Galaxy S20はいつまで使えるのか

4世代Android OSアップグレードをサポート

Galaxyは端末ごとに、一定期間のOSのアップグレードとセキュリティアップデートを保証しています。

▼OS4世代&5年間のセキュリティ保証▼
(対応予定OS / セキュリティ保証期限)

  • Sシリーズ
    • S23・S23 Ultra:Android 17 / 2028年2月
    • S22・S22 Ultra:Android 16 / 2027年2月
    • S21 5G・S21+ 5G・S21 Ultra 5G:Android 15 / 2026年1月
    • S21 5G Olympic Games Edition:Android 15 / 2026年6月
  • Zシリーズ
    • Z Fold5・Z Flip5:Android 17 / 2028年8月
    • Z Fold4・Z Flip4:Android 16 / 2027年8月
    • Z Fold3 5G・Z Flip3 5G:Android 15 / 2026年8月
  • Aシリーズ
    • A53 5G:Android 16 / 2027年4月
  • Tab Sシリーズ
    • Tab S8+:Android 16 / 2027年2月
    • Tab S8 Ultra:Android 16 / 2027年2月

▼OS3世代&4年間のセキュリティ保証▼
(対応予定OS / セキュリティ保証期限)

  • Sシリーズ
    • S20 Ultra 5G・S20+ 5G(BTS Editionを含む)S20 5G
      Android 13 / 2024年3月
    • S10+(Olympic Games Editionを含む)・S10
      Android 12 / 2023年4月
  • Noteシリーズ
    • Note20 Ultra 5G:Android 13 / 2024年8月
    • Note10+(Star Wars Editionを含む):Android 12 / 2023年8月
  • Zシリーズ
    • Z Fold2 5G(Thom Browne Editionを含む):Android 13 / 2024年9月
    • Z Fold:Android 12 / 2023年9月
    • Z Flip 5G:Android 13 / 2024年8月
    • Z Flip(Thom Browne Editionを含む):Android 13 / 2024年2月
  • Aシリーズ
    • A52 5G:Android 14 / 2025年3月
    • A51 5G:Android 13 / 2024年8月

Galaxy S20シリーズは、発売から3世代のOSアップデートと4年間のセキュリティアップデートが保証されています。

発売時のOSがAndroid 10だったS20はAndroid 13へのアップデートを保証(2023年2月にドコモ、3月にauで実施済み)。

セキュリティ保証は2024年の3月が一応の保証期間です(米国などの一次販売国の発売日が基準となります)。

保証期間が過ぎても、すぐに使えなくなるわけではありませんが、セキュリティ的には機種変更が推奨されます。

MEMO
  • 保証期間は変更される可能性があります
  • キャリアモデルはキャリアを通してアップデートが行われるため、タイミングや時期が微妙に異なります

Galaxy S21にすれば「2年」伸びる

1世代新しいGalaxy S21からは「OS4世代&5年間のセキュリティ保証」に対応しています。

発売がS20よりも1年遅いこともあり、S21の方がOSアップデート・セキュリティ保証ともに2年も長いです。

長く使うつもりであれば、Galaxy S21を選ぶのがおすすめ。

処理能力的な問題

Galaxy S20に搭載されたSoCは、当時最新だった「Snapdragon 865」です。

AnTuTuベンチマークスコア(ver9)は約60万点台で、2023年のミドルレンジ端末を余裕で上回る性能です。

ゲームもヌルサクで楽しめますが、少々、発熱があるとの口コミがあります(酷評だった、1世代新しい「Snapdragon 888」よりはマシ、との声が多いです)。

バッテリー的な問題

Galaxy S20のバッテリーは4,000mAhで、実は2023年のS23(3,900mAh)よりも大きな容量を搭載していました。

ただし、当時といまのSoCではバッテリーの効率が全く異なり、さすがに3年も経っていると、かなり消耗している可能性が高いです。

中古品を購入するなら、バッテリー交換が必要になるかもしれないことは、頭に入れておきましょう。

【改めてスペックレビュー】Galaxy S20の特徴

Galaxy S20の特徴を、2023年の視点で振り返っておきましょう。

163gの軽量なフラッグシップ

Galaxy S20の163gという重量はめちゃ魅力的です。

現代の軽いスマホの代表格「AQUOS sense7」に迫る数値です。

それでいてボディはガラス素材。1世代新しいS21はプラスティックボディに変更されました。

外観は以下の動画が参考になります。

Quad HD+(3K相当)、120Hz対応、エッジディスプレイ

Galaxy S20

ディスプレイの特徴は以下のとおり。

  • 約6.24インチ有機EL(Dynamic AMOLED)
  • Quad HD+(3,200×1,440)
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応
  • エッジディスプレイ

最新のGalaxy S23でもFHD+(2,340×1,080)なところ、(なぜか)Quad HD+(3,200×1,440)の高画素。

ゴリラ

次のS21からFHD+に落とされたことを考えると、ユーザーはそこまで求めてなかったのかな……

あとS20から120Hzのリフレッシュレートに対応しました。しかし、可変式ではないため、120Hzに設定するとすべてのアプリや操作に適用されてしまい、バッテリーの消費が激しくなります。

12GBのRAM

こちらもオーバースペックと言うべきか、RAMを12GBも積んでいました。最新のS23でも8GBです。

ただしSoCが古くなってしまっており、このRAM容量を十分に活かせるかは微妙です。

逆に言えば、12GBのRAMがあるので、多少、燃費が悪くても、パワープレイでゴリゴリ使い続けられそうです。

ちなみに先に見たAnTuTuの60万点というのは、iPhoneで言うと11くらいのイメージです。

5G通信に対応

Galaxy Sシリーズで初めて5G通信に対応しました。

2023年現在も4G通信がメインですが、いまから5G非対応のスマホを買うのは、なんだか、あまり気が乗りません。

個人的にも、これから買うなら5Gスマホをおすすめしたいです。

特殊な望遠カメラ

Galaxy S20には6,400万画素の望遠カメラが付いていますが、「望遠レンズ」ではありません。

6,400万画素の画像から1,200万画素を切り抜くことで、画質劣化を抑えつつも、寄りの撮影ができるカメラです。

iPhone 14 Proで搭載された「2倍ズーム」と同じような考え方ですね。

光学の望遠カメラが欲しい人は注意してくださいね。

貴重なSDカードスロット搭載

Galaxy Sシリーズとしては最後の外部メモリ(SDカード)対応モデルです。

写真や動画をたくさん撮って、パソコンにデータを転送する際、なんだかんだでSDカードに対応していると便利です。

最大1TBの容量を増設できるという点で激コスパな端末とも言えますね。

Galaxy S20の販路と価格

2023年4月現在の相場は以下のとおり。

執筆時点ではdocomo Certified、au Certifiedともに白ロム購入はできません。

端末のみを購入するならイオシスなどの販売店一択です。

先述のとおり、1世代新しいGalaxy S21にすれば、理屈上は「2年間」寿命が伸びます

執筆時点では中古品なら約1万円程度の差額でS21を購入できます。

Galaxy S20に関する直近の口コミ、評判

2023年に3月にGalaxy S20+を購入されたようです。中古であれば画面が一回り大きい「Galaxy S20+」を見つけられるかもしれません。

  • 6.7インチ
  • TOFカメラ
  • 4,500mAhのバッテリー
  • ミリ波に対応

この辺りが無印S20との差です。

やはり外部メモリが使えることは、古めな機種の大きな強みです。

既存のユーザーからは「問題なく使えているから、積極的に機種変更する理由が見つからない」との声も。

3年前とは言え、Galaxy S20は当時のハイエンド。重めのゲームなどをしない限り、ほとんどの人は問題なく使えるはずです。

まとめ:Galaxy S20がおすすめな人

Galaxy S20のOSアップデートはAndroid 13まで、セキュリティ保証は2024年3月までで、すでに1年を切っています。

  • 長くても2年くらいの「つなぎ」として考えている
  • SDカードを使いたい
  • コンパクトなハイエンドモデルが欲しい

といった人は選択肢に入れてもOKです。

一方で、1世代新しいS21にすれば、使える期間が2年間も伸びます。

中古の価格は約1万円程度の差しかありません。上記に該当する人以外で、2年以上、長く使いたいのであれば、S21を選んでおいた方がいいのかな、というのが、個人的な結論です。

中古のスマホをお得に買うなら……

フリマもいいんですが、より安心して購入できる販売店、キャリアの「Certified(認定中古品)」がおすすめです。

イオシスは個人的にも使ったことがあります。中古とは言え品質が高く、最大6ヶ月の長期保証もあります。

ゴリラ

イオシスはサイトを見てるだけでも、楽しいな!時間が溶けるから注意な!

乗り換えなら割引を受けられることもある、キャリアの認定中古品もいいですね!

正直スマホはアフィリエイトプログラムに参加しています(メディアポリシー)。