このサイトについて

auから楽天モバイルは乗り換えじゃなくて「新規で追加」がおすすめな理由

ゴリラ

auから楽天モバイルに乗り換えようと思ってる!

という方、5分だけ時間をください。

確かに楽天モバイルに乗り換えると毎月のスマホ代は安くなりますが、それ相応のリスクもあります。

結論、この記事ではauの契約は残しつつも、楽天モバイルを新規契約して併用する方法をおすすめしています。

少し難しいと感じるかもしれませんが、それぞれのいい所どりができ、乗り換えるよりもメリットが大きい部分もあるので、ぜひ参考にしてください。

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、初めて楽天モバイルを契約するなら、乗り換えではなく「新規契約で追加」がおすすめです。

 

電波問題や発着信エラーのリスクを減らせて、au単体で使うよりもスマホ代が安くなることもあります。

ちなみに…

 

楽天モバイルでは端末を買って最大2.4万ポイント還元の還元キャンペーンをやってます!
対象iPhone / 対象Android

 

7/1から1GB以下でも1,078円がかかるようになりましたが、10月分までは実質無料で使えるので、逆に言えば、今が契約のチャンス。

 

\10月までは0円〜で使える/

 

iPhone 14

 

楽天モバイルのiPhone 14は大手キャリアの中で最安&新規でも大量ポイント還元のキャンペーン中です!

 

関連 今回も楽天モバイルのiPhone 14がお得でした

 

ちなみに最新の在庫、入荷待ち状況は在庫状況一覧ページで確認できます!

【デメリット】auから楽天モバイルに乗り換えて後悔するかもしれないこと

ゴリラ

楽天モバイルにして、スマホ代をガッツリ下げるで!

意気揚々と乗り換えたは良いものの、「こんなハズじゃなかった……」という声を聞くことは少なくありません。

例えば以下のような後悔の声は多いです。特に上の2つはわりと重要です。

  • 屋内で圏外になることがある
  • 電話まわりで使いづらい部分がある
  • auの家族割を抜けなくてはいけない

屋内で圏外になることがある

楽天モバイルの最大のデメリットが電波がつながりにくい場所があるということです。

これには大きく分けて

  • プラチナバンドの問題
  • 自社回線エリアへの切り替え問題

この2つが関わっています。

まず楽天モバイルは2022年現在、他の3キャリアが使用している「プラチナバンド」と呼ばれる、屋内や地方でもつながりやすい電波を割り当ててもらえていません。

そのため、少し奥まった屋内やビル、地下などで圏外になることがあります。

さらに楽天モバイルはこれまで、自社回線が手薄なエリアは「パートナー回線」として、auの回線も使わせてもらっていました。

しかし、いまは順次、auとの契約を打ち切り、自社回線だけのエリアが広がっています。

エリアによってはパートナー回線が使えなくなりつながりづらくなってしまった、という声を聞くことがあります。

電話まわりで使いづらい部分がある

上記の電波の問題に加え、電話の機能で不安な口コミも見られます。

着信できない、発信できない、といった、スマホとしては致命的な口コミもみつかりました。

安定感では他の大手3キャリアには、まだまだ及びません。

また、無料通話アプリ「Rakuten Link」を使った場合、特定の条件では非通知発信・着信になってしまうこともあります。

参照:[Rakuten Link]どのような場合に発着信が非通知になりますか | お客様サポート | 楽天モバイル

auの家族割を抜けなくてはいけない

auでは家族割で550円〜1,100円の割引を受けられます。

例えば自分がauを辞めることで、家族のauユーザーが3人→2人になってしまった場合、残された家族の割引額が減ります

また、これまでは無料だった家族間の無料通話もなくなります

乗り換えた本人は、楽天モバイルの無料通話アプリ「Rakuten Link」があるので問題ありませんが、残された家族から自分に電話をしてもらう場合は、有料になってしまいます。

楽天モバイルには乗り換えじゃなくて「追加」がいい理由

上記のように、楽天モバイルに乗り換えて後悔したという声は少なくありません。

ただこれは環境によりけりで、誰もが遭遇するわけではないのが、難しいところです。何の不便もなく使っている方もいます。

そこでリスクを最低限に抑えるために有効なのが、auから乗り換えるのではなく、楽天モバイルを新たに新規で契約して「追加」する方法です。

この方法ならau回線をこれまで通り残せるので、 上記で挙げた「つながりづらい」「発着信できない」「家族割」の問題は、すべて解消できます。

ゴリラ

もう、だったらさ、そこまでして楽天モバイルを契約する必要がなくない?

そう思われるかもしれませんので、「auを残して楽天モバイルを追加」するメリットをお伝えします。

au単体で使っていたときよりも料金を抑えられる可能性が高い

楽天モバイルを併用することで「データ通信」と「音声通話」、それぞれで、今よりも料金を下げられる可能性が高いです。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵは、データを使った分で料金が決まる体系です。

楽天回線エリア内であれば、どれだけ使っても3,278円です。auでデータ使い放題のプランを契約しているなら、僅かですが併用することでスマホ代を削減できます。

▼データ使い放題の例▼

  • au「使い放題MAX 5G」
    7,238円(家族割、au PAYお支払い割ありで6,028円)
  •  au「ピタットプラン 5G(〜1GB)」+楽天モバイル
    3,465円+3,278円=6,743円
    (家族割、au PAYお支払い割ありで5,456円)

auのプランを変更した上で、楽天モバイルでデータ通信することで、数百円程度安く使えます。

さらにauで発信していた通話を、楽天モバイルの専用アプリ「Rakuten Link」ですることで、通話料金を0円にすることもできます。

人によっては数千円単位で節約できることもあります。

電話回線を2つ持てる

先に楽天モバイルの回線に不安定な部分があるとお伝えしました。併用することによって、その不安は解消できます。

また逆に、auで障害が起こったときに、楽天モバイルがauのバックアップにもなります。

新規契約でも楽天モバイルの還元を受けられる

楽天モバイルでは現在、以下の割引を行っています。

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①誰でも
3,000ポイント
3,000ポイント還元
②端末購入で
ポイント還元
最大16,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
③iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元
④SIMのみ
契約でポイント還元
5,000ポイント還元
⑤楽天ひかりが
1年無料
最大6万円相当還元
解説記事

例えば新規契約と同時にiPhone 13シリーズを買えば、最大で3万ポイント、SIMだけの契約でも少なくとも5,000ポイントがもらえます。

最新キャンペーンをチェックする(公式サイト)

とくに「iPhoneやスマホを買うために、楽天モバイルに乗り換えよう」と思っていた方は、新規契約でもポイント還元があることは知っておいても良いでしょう。

auユーザーが楽天モバイルを追加して併用する方法

ここからはauユーザーがauの回線を残したまま、楽天モバイルを追加で契約して併用するための手順をお伝えします。

「それでも楽天モバイルに乗り換える」という方は、後半で注意点や手順を説明しています。

基本的には「デュアルSIM」がおすすめ

併用と聞くと、2台のスマホを持ち歩くことをイメージされるかもしれませんが、1台にauと楽天モバイルの回線をまとめることもできます。

それが「デュアルSIM(DSDS)」という方法です。

デュアルSIMで運用するには、対応しているスマホを使う必要があります。

▼デュアルSIMに対応したスマホ(auで販売)▼

  • iPhone
    iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR(2018)以降のiPhone
  • Androidスマホ
    AQUOS wish、AQUOS sense6、AQUOS zero6

これらのスマホを使っている人は、今のスマホを変えることなく、楽天モバイルの回線を追加することができます。

楽天モバイルは「eSIM」で契約する

おそらくこの記事を読んでいる方のほとんどは、auでは物理的なSIMカードを使って通信していると思います。

(自分で「eSIM」に変更した記憶がなければ、間違いなくSIMカードを使われているはず)

で、上記で紹介した機種を使ってデュアルSIMをする場合は、楽天モバイルはeSIMで契約する必要があります。

eSIM

スマホに内蔵されたSIM。遠隔でデータを書き換えることで、物理的なSIMカードと同じ役割を果たす

要はauはこれまでと変わらない物理SIMで、楽天モバイルはeSIMで利用していくことになります。

▼楽天モバイルでeSIMを契約する手順▼

  1. ※auのスマホのSIMロック解除を行っておく
  2. 楽天モバイルでeSIMを契約する
  3. 初期設定を行う (iPhone / Android

※2021年10月以前にauで購入したスマホには、SIMロックがかかっています。楽天モバイルで使用するためにはロック解除が必要です。

  • ドコモ
    My docomoから手続き
    My docomoにログイン>三本線のメニューから「サービス一覧」を選択>「SIMロック解除」>製造番号(IMEI)を入力>「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック>「手続きを完了する」
  • au
    My au(SIMロック解除のページ)から手続き
    My auにログイン>SIMロックを解除する端末のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」>解除理由を選択して「この内容で申し込む」
  • ソフトバンク
    My SoftBank(SIMロック解除のページ)から手続き
    My SoftBankにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • ワイモバイル
    My Y!mobile(SIMロック解除のページ)から手続き
    My Y!mobileにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • UQモバイル
    my UQ mobileから手続き
    my UQ mobileにログイン>「契約確認・変更」タブ>「ご契約内容」欄の「詳細を確認・変更する」>「SIMロック解除」(下の方)>「ロックを解除する」

今使っているスマホがデュアルSIM対応でない場合

現在、auで購入したスマホが、先に紹介した「デュアルSIM対応スマホ」でない場合は、

  1. デュアルSIM対応端末を購入する
  2. 楽天モバイルでeSIMを契約する
  3. 端末にauのSIMを挿入する

といった手順になります。

デュアルSIM対応スマホは

  • auで機種変更して手に入れる
  • 楽天モバイルを新規契約する際にセット購入する
  • (iPhoneなら)Appleなどで購入する

といった方法で用意できます。

楽天モバイルで販売しているiPhoneはすべてデュアルSIM運用に対応しています。

楽天モバイルのAndroidスマホは、商品ページに「nanoSIM / eSIM」と記載があるスマホは、物理SIMとeSIMを併用できます。

ただ少し難易度が高いので、不安な方はauで対応機種に変更するか、楽天モバイルのiPhoneを購入すると、より確実に利用できます。

注意

auの4G LTEプランを契約中の方が、au以外で5Gスマホの機種を購入して変更する場合、お客様センターへ電話(局番なし157)、もしくはauショップで手続きが必要です(要3,300円の手数料)。

auから楽天モバイルへ乗り換えたい人が知っておきたいこと

楽天モバイルのキャンペーン目当てなど、とにもかくにも乗り換えたい場合、最低限、以下のことは押さえておくことをおすすめします。

楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)では5GBまでしか高速通信できない

楽天モバイルエリア内であれば、先述の通りデータ使い放題で利用できます。

一方でエリア外の場合、月間5GBまでしか高速通信できません(超過後は最大1Mbpsの速度に制限)。

特にauで「使い放題MAX」などの大容量プランを契約していた方は、注意が必要です。

auの機種代が残っている場合

機種代金の分割支払いが残っている場合は

  • 楽天モバイルを契約後も、auで端末代金だけ支払い続ける
  • 残りの支払い(残債)を一括で精算してしまう

の2通りの方法があります。

ただし、スマホトクするプログラムに加入している方は、23回目まで支払いを続け、その後にauへ端末を返却すると、残りの分割代金の支払いが免除されます。

楽天モバイルに乗り換えても、将来、特典は使えますが、一括で精算してしまうと利用できなくなります

それ以前のプログラムに加入されている方は、以下の記事を参考にしてください。

auメールは持ち運べる

2021年12月から、au解約後もauメールを利用できる「auメール持ち運び」が始まっています。

月額330円を支払えば、楽天モバイルへ乗り換え後も、auメールを利用できます。

auから楽天モバイルへ乗り換える手順

最後にauから楽天モバイルへ乗り換える、具体的な手順を紹介しておきます。

STEP.1
auでMNP予約番号を発行する
  • 電話窓口:0077-75470(9:00〜20:00)
  • EzWeb:トップ>「auお客さまサポート」>「申し込む/変更する」(9:00〜21:30)
STEP.2
SIMロック解除

auで購入したスマホを楽天モバイルでも利用する場合は、SIMロック解除を行っておきましょう。

  • ドコモ
    My docomoから手続き
    My docomoにログイン>三本線のメニューから「サービス一覧」を選択>「SIMロック解除」>製造番号(IMEI)を入力>「SIMロック解除を申込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック>「手続きを完了する」
  • au
    My au(SIMロック解除のページ)から手続き
    My auにログイン>SIMロックを解除する端末のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」>解除理由を選択して「この内容で申し込む」
  • ソフトバンク
    My SoftBank(SIMロック解除のページ)から手続き
    My SoftBankにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • ワイモバイル
    My Y!mobile(SIMロック解除のページ)から手続き
    My Y!mobileにログイン>製造番号(IMEI)を入力>「解除手続きをする」
  • UQモバイル
    my UQ mobileから手続き
    my UQ mobileにログイン>「契約確認・変更」タブ>「ご契約内容」欄の「詳細を確認・変更する」>「SIMロック解除」(下の方)>「ロックを解除する」

注意

お手持ちのスマホが楽天モバイルでも利用できるか、予め調べておきましょう。

 

楽天モバイルで利用するためにはBand3(楽天回線)、Band18(au回線)、n77(5Gを利用する場合)に対応している必要があります。

STEP.3
楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルで申し込みを行います。

この際に端末も購入する場合は、いっしょに申込みましょう。

STEP.4
楽天モバイルでMNP開通手続き

SIMカード(セット購入の場合はスマホも)が届いたら、旧端末(au)かパソコンで「my楽天モバイル」にアクセスして、手続きします。

 

(開通手続きの方法はこちらで案内)

  • 9:00〜21:00:当日中に完了
  • 21:01〜翌8:59:翌9:00以降
STEP.5
初期設定

同封のガイドに沿って初期設定を進めましょう(ガイドは公式サイトでも確認できます)。

STEP.6
データ・おサイフケータイの移行など

機種変更した場合のデータの移行は、以下の記事を参考にしてください。

楽天モバイルは「まずは新規で試してみる」がおすすめ

ポイント還元などもあり、勢いで乗り換えたは良いものの、その後の使い勝手が自分に合わなくては本末転倒です。

現状、個人的には、楽天モバイルを初めて利用されるのであれば、いきなり乗り換えるのではなく、一旦は新規契約して使ってみることをおすすめします。

使ってみて「これならいいかも!」と思えてから、auの回線の乗り換えても、遅くはありません。

ちなみに:期間限定キャンペーンも実施中

楽天モバイルでは、以下のキャンペーンを実施中です!

↓左右にスクロールできます!

キャンペーン内容
①誰でも
3,000ポイント
3,000ポイント還元
②端末購入で
ポイント還元
最大16,000ポイント還元
対象iPhone
対象Android
③iPhone
購入プログラム加入で
5,000ポイント還元
④SIMのみ
契約でポイント還元
5,000ポイント還元
⑤楽天ひかりが
1年無料
最大6万円相当還元
解説記事

ゴリラ

iPhone 14、キャリアの中では最安で、ポイント還元もあるんだ!最大2.4万ポイントは猛烈〜!!

事務手数料も無料、10月利用分までは〜1GBならタダで維持できるんで、本当に契約しない理由がないレベルかと!

最新の価格や在庫は公式サイトを確認してみてくださいね!

\10月までは0円〜で使える/

 

こんな記事もおすすめ

1293