【値上げ後も】iPhoneを安く買う方法

ソフトバンクの下取り方法と「ぶっちゃけお得なの?」への正直な答え

ゴリラ

ソフトバンクで新しくスマホ買おうと思うんだけど、下取りってしてもらえるのかな?

新しいスマホを買うとき、古いスマホをどうするか悩みますよね。

ソフトバンクには「下取りプログラム」が用意されていますが、もっと高く買い取ってくれるところがあるかもしれないと思うと、迷ってしまいます。

そこでこの記事では、ソフトバンクの下取りプログラムの活用方法や条件を解説します。最適な下取りの助けになれば幸いです!

正直な結論
先に正直な結論を伝えると、ソフトバンクの下取りプログラムは、他の買取業者などと比べると、買取額は少し安いです。なので「1円でも高く売りたい!」という方には向いていません。

 

ただ、手続きはかんたん安心感があります。

ちなみに…

 

ソフトバンクで契約するなら

  • 事務手数料(3,300円)/頭金(3,000~10,000円)なし
  • オプションなし
  • 来店・待ち時間なし
  • 24時間いつでも契約できる

ソフトバンクオンラインショップがおすすめです!

 

 

手数料3,300円が無料になりました

 

ソフトバンクの下取りプログラムとは?

ソフトバンクには「下取りプログラム」が用意されており、それまでに使っていたスマホを数万円で下取りしてくれます。

ソフトバンクで下取りしてもらう条件は?

ソフトバンクで下取りプログラムを利用する条件は、のりかえ、新規契約、機種変更に関わらず、ソフトバンクの指定機種を購入することです。

「指定機種」は、人気機種であるiPhoneやAndroidスマホなのでなにも問題ありませんが、新規契約の場合のみ、iPadかタブレット製品などに限定されています。

(新規の場合、そもそも下取りを使う方は少ないかと。)

また下取りしてもらうスマホは、ソフトバンクで購入した機種でも、そうでない機種でもどちらでもOKです。

下取りには本人確認が必要で、一回線につき一台のみの下取りとなります。

ソフトバンクの下取りの価格は?

冒頭では数万円と書きましたが、スマホの種類や状態によって、下取り価格は変わります。

下取り額はソフトバンクの下取りプログラムのページに進み、「特典金額の確認」でカテゴリーと機種を選択してチェックしてください。

例えば、執筆時点でiPhone 12を選択すると、上のように表示されます。

「良品の場合」と「良品でない場合」でかなり価格差があるのがわかります。

せっかくなら「良品」として買い取ってもらいたいので、良品となるポイントをチェックしてみましょう。

注意:下取りは現金ではもらえない

下取り額は現金ではもらえず、以下の2種類から選びます。

  • PayPayポイント
    (法人はソフトバンクポイント)
  • 購入機種代金の値引き
    (機種購入時に店頭で下取り申し込みした場合のみ)

 

「PayPayポイント」は現金同様に様々な場所で使えるので安心ですし、「機種代金の値引き」との差額もほとんどありません。

「良品」を決める基準は?

「良品でない」と診断される基準はこちらの3つです。

  • ガラス筐体の破損
  • 液晶表示異常・タッチパネル動作不良
  • 変形

ガラス部分や筐体(本体)にヒビ割れ、カメラやボタン部分に破損・欠損、タッチパネルの操作ができなかったりすると、良品とはみなされません。

多少の擦り傷や使用感は問題なさそうですが、ガラス割れひとつでアウトなので、普段からカバーやガラスフィルムをつけてスマホは使いたいですね。

こちらのページに詳しい査定基準が書いてあります。

ソフトバンクの端末回収窓口は?

よっぽどのスマホでない限り、最低でも「良品ではない」として、少額でも下取ってもらえるかと思います。

しかし大きな破損があり、下取りしてもらえないときは、ソフトバンクショップに端末回収窓口が設置されているので、そちらを利用しましょう。

端末回収窓口では、新旧問わず、携帯電話、スマートフォン、電池パック、USIMカード、充電器類を無償で回収しています。

確実に粉砕してリサイクルされるので、個人情報も安心です。

ソフトバンクで下取りしてもらう方法/手順は?

では、具体的にソフトバンクで下取りしてもらう手順を解説します。

下取りプログラムは「店頭で」「オンライン(郵送)で」の2種類があるので、それぞれを解説します。

基本的には郵送がおすすめです。

店舗で下取りしてもらう手順は?

STEP.1
新しいスマホの購入
まずはソフトバンクショップに来店し、新しく購入するスマホを選びます。

STEP.2
データの移行
一旦スマホを自宅に持ち帰り、データの移行を行います。iPhoneであればクイックスタート、Androidなら設定アプリの「バックアップ」などを使い、旧機種のデータを全て新機種に移します。

 

関連 iPhoneの「クイックスタート」を解説

関連 Androidの機種変更時のデータ移行でやるべきこと

STEP.3
店頭にて査定&下取り
再びソフトバンクショップに来店し、下取りプログラムを申し込みます。この場で査定が行われ、キャッシュバック額(値引き額)が決定されます。

STEP.4
特典の付与
約2週間後に、PayPayポイントの付与が行われます。機種代金の値引きの場合(分割払い)、値引きが行われます。 

店頭で下取ってもらうメリットは、購入端末から直接値引きを受けられることですが、直接値引きはその場で下取りに出した場合のみ、適用されます。

実際のところ、スマホはデータの移行が必要なので、その場で下取りに出せません。つまり、直接値引きを受けることは現実的ではありません

なので、店頭で機種変更する場合でも、店頭で送付キットを受け取って、郵送で下取りに申し込むことをおすすめします。

オンライン(郵送)で下取りしてもらう手順は?

STEP.1
ソフトバンクオンラインショップで機種を購入する
ソフトバンクオンラインショップでスマホを購入します。
STEP.2
同時に下取りプログラムを申し込む
スマホ購入時に、「下取りプログラム」を申し込みます。 
STEP.3
送付キットを受け取る
後日、商品配送先に送付キットが届くので、受け取ります。 
STEP.4
データを入れ替え、下取り機種を返送
新しく購入した端末に、旧端末のデータを移したあと、初期化をして、送付キットに旧端末を入れてソフトバンクへ送付します。

 

送付キットを受け取ってから14日以内に返送する必要があります。

 

関連 iPhoneを売る前にすることは?データ移行/消去のやり方

STEP.5
特典付与
約2週間後に、下取りの特典が付与されます。その際、ソフトバンクからSMSで通知が送られるので確認しましょう。 

送付キットは、段ボール箱か、緩衝材のついた大きめの封筒が送られてくるので、そちらに旧スマホを入れて送付すれば、下取りの手続きは不要です。

ソフトバンクの下取りを送ったのに確認できない場合は?

特典が付与されるまでに2週間ほどかかります。

その間は「ほんとに適用されてるかな?」「ちゃんと査定されてるかな?」と、ソワソワしてしまうことでしょう。

そんな方は、こちらのページから確認できますので、参考にしてください。

他のプログラムや他社の買取と比較。一番お得なのは?

ちなみに、ソフトバンクユーザーの中には、以下のような購入プログラムに加入している方も多いかと思います。

▼ソフトバンクの購入プログラム▼

これらは全て「48回払いなどの分割払いで機種を買い、途中で機種を返却すると、残債が一定額免除されるプログラム」です。

これらのプログラムに入っている方は、まずは、プログラムを使ったときに、どれくらい支払いが免除されるのかチェックしておきましょう。

自分がどのサービスに加入しているかをmy softbankで確認できます。

加入中のプログラムの免除額と、下取りプログラムの金額を比較して、お得な方を利用するのがポイントです。

他社の買取との比較は?

先ほど紹介したiPhone 12(64GB)の買取価格を参考に、他社や他サービスと比べてみましょう。

▼iPhone 12(64GB)の下取り価格(参考)▼

  • 下取りプログラム 44,400円
  • トクするサポートプラス 55,800円
  • イオシス 65,000〜52,000円
  • じゃんぱら 60,000円
  • メルカリ 60,000円

いずれにしてもiPhone自体の状態によって変わりますし、価格は変動するので、あくまで参考程度に考えてください。

ただ、下取りプログラムは最高値ではなく、むしろかなり安い方だとわかります。

ソフトバンクの下取りプログラムは、「1円でも高く下取りしてもらいたい!」という方には向いておらず「ソフトバンクなら安心だし、あまり手間をかけたくない」という方に向いています。

実際、複数の会社の買取価格を比較するのはかなり面倒臭いですし、メルカリなどの個人間取引にはトラブルの可能性もあります。

注意:iPhoneの大容量モデルは下取りプログラムを使っちゃダメ

お気づきかもしれませんが、ソフトバンクの下取りプログラムにおけるiPhoneの下取り額は、容量に関わらず一律です。

例えば64GBモデルでも、512GBモデルでも同じ額で下取りされるので、容量の大きいモデルを下取りに出すと、かなりの確率で損します。

iPhoneユーザーは知っておきたいところです。

まとめ:ソフトバンク下取りプログラムはカンタンに使えるので、スマホを眠らせないように活用しよう!

使わなくなったスマホを「思い出」として自宅にしまっている方はたくさんいるかと思われます。

個人の自由なので全く問題ありませんが、いまや写真や動画は、クラウドに保存できます。そして、本体を下取りして1万円でも2万円でももらえるなら、下取りに出したほうがいいと思いませんか?

さらに、下取りしたスマホはパーツごとに分類されリサイクルされるので、いいことをした気分にもなれます。

ソフトバンクでスマホを買って下取りに出すなら、下取りプログラムも選択肢のひとつです。

1円でも高く買取を希望するならおすすめできませんが、ラクに、安心して処分したい方にはおすすめできます。

ちなみに:契約するならソフトバンクオンラインショップがお得です

ソフトバンクで契約を検討しているのであれば、店舗で契約するよりも公式オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下5点です。

  1. 事務手数料がかからない(3,300円お得)
  2. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

金銭的メリット(10,000円以上お得になる)も大きいのですが、精神的メリット(待ち時間なし、営業なし)も無視できず、普通にオススメです。

現在新型ウィルスの影響で外出が難しくなっていますが、オンラインショップなら自宅で手続き&配送してもらえ、キャリアもそれを推奨しています!

これから契約する人はぜひ使ってみてください!

手数料3,300円が無料になりました

 

こんな記事もおすすめ

322