【結論】スマホおかえしプログラムはとりあえず入ってOK|実際どうか?を元販売員が解説

ゴリラ

ドコモのスマホおかえしプログラムって何?いままで「下取り」とか、機種変更応援プログラムとか色々あったけど、その辺と何が違うの?そして、結局お得なの?微妙なの?わかりやすく教えて!

という人向けの記事です。

2019年6月に提供開始の新料金プランとともにリリースされたスマホおかえしプログラム。

またいつものように「わかりにくい」という声を各所から聞きますw

この記事では

  • スマホおかえしプログラムの基本的な内容
  • 結局使うべきなの?お得なの?
  • 元販売員が考えるドコモの思惑

について書いてます。

先に気になる結論だけ言ってしまうと、36分割が問題なければとりあえず入ってOK、あとは返還時にジャッジしようというのが僕の意見です。

ドコモでの契約を考えている人には参考になると思うので、ぜひお目通しくださいませ!

ちなみに…

ドコモで契約するなら手数料(2,000円)不要来店不要待ち時間不要のドコモオンラインショップがおすすめです。

 

\6/1~6/30までの限定キャンペーン中/

期間限定のSPECIAL特典の詳細はこちら

スマホおかえしプログラムとは?

スマホおかえしプログラムとは、36回払いで購入した対象機種を返却することで、最大12回分の端末代金を割引するサービスです。

ドコモの公式動画が概要を掴むにはわかりやすかったのでどうぞ。

(動画中の料金シミュレーションはこちら

スマホおかえしプログラムの条件と内容

基本的な条件は以下3点。

  • スマホおかえしプログラムの対象機種を購入する
  • スマホの購入時に36回の分割払いで購入する
  • スマホを返却する

対象機種はハイエンド(高機能)端末のみになっています。時期によっても対象端末は変わるので、詳細はドコモ公式ページをご覧ください。

上記3点をクリアすることで、端末代金の1/3が免除されます。

「端末代の1/3が免除」という部分は固定になったので、以前の下取りや機種変更応援プログラムと比べると少しわかりやすいですね。内容的にもかなりシンプルなので理解はしやすいです。

注意点:端末購入時ポイント利用や下取りはしない方がベター

スマホおかえしプログラムを使う可能性がある場合は、端末購入時にdポイントで端末値引きを受けるのは避けたほうが良いです。

理由は、割引が無駄になってしまうため。下の図をご覧ください。

ドコモオンラインショップ|新しい料金プランと新しい買い方

端末購入時のdポイントは、36回分に分かれて割引されています。上の図の例だと【10,800 ÷ 36回 = 300円/月】が割引されている計算になります。

しかし、スマホおかえしプログラムで最後の12ヶ月分の支払いが免除されると、同時に充当されるはずだったポイントもなくなってしまうんですね。

要は、端末代が1/3減る代わりに、充当したポイントも1/3減る感じです。

dポイントは端末値引きではなく月々の使用料金への充当に使うのがベターですね。

注意点②:故障している場合は20,000円支払わないと特典受けられない

スマホおかえしプログラムでは、返還時にスマホが査定基準を満たしていない場合に最大20,000円プラスでかかる可能性があります。

以下ドコモの公式文の引用です。

当社指定の査定基準を満たしていない場合に、査定条件を満たすには、20,000円(税抜)(ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone & iPadにご加入の場合は2,000円(税抜))の故障時利用料をお支払いいただく必要があります。

ドコモ|スマホお返しプログラム

スマホの画面が割れていたり、故障しているとプラスでお金がかかるわけですね。

ちなみにケータイ補償サービスfor iPhone & iPadに加入の場合は2,000円になります。

まぁ、壊さず、大事に使うようにしましょう。。

結論:36分割が問題なければ加入しといてOK

ボク個人の意見としては、36分割が嫌じゃなければ加入しておいてOKです。

いつ機種変更するか?いつ返還するか?とか色々考えると思いますが、月額料金も無料で強制力もないので、加入時点で考える必要はあまりないです。

ただ、分割の回数が36回になることは加入時に決めなければならないことなので、そこだけはクリアにしておいたほうがいいですね。

36回払いにすると「分割を払い終えるまで解約しにくくなる」というデメリットはあります。

しかし、何回払いにしても払う金額は変わりませんし、36回払いでも一括で支払ってしまえばいつでも解約できますし、本質的なデメリットではないです。

なので、個人的には2年後に端末を手放してもOKな人はとりあえず36回払いで購入してスマホおかえしプログラムに加入するでいいと思います。

損か得かは価値観による…。

ゴリラ

このプログラムって結局お得なの?損なの?

微妙な答えにはなりますが、価値観によるとしか言えないんですよね。

2年間使ったスマホを手放してもOKな人にとってはお得です。だって、不要なものを渡してお金がもらえるんですから。

しかし、「2年間使ったスマホを再利用して他の用途に使いたい!」という人にはお得ではないです。まぁ、明白ですよね。

ゴリラ

中古で売るのと比べたら損なのでは?

その可能性はあります。現に、メルカリで2年前の機種(iPhone8)の販売価格を見ると30,000~50,000円くらいで売れてます。

ドコモのiPhone8の価格は64GBで79,704円なので、スマホおかえしプログラムで戻ってくる額は26,568円

比較するとメルカリの方が高価で売れてますね。

ただ、この辺は時期によっても変わりますし、返還するタイミングでメルカリをチェックして、スマホおかえしプログラムの額と比べてお得な方を選べばいいと思います。

少なからずスマホおかえしプログラムは月額料金もかからないので、とりあえず入っておいて、そのタイミングで判断するので問題ないでしょう。

スマホおかえしプログラムのよくある質問

スマホのりかえプログラムについて友達数人に説明した時に聞かれたことをまとめましたw

リアルな質問なので、役に立つものも多いかと!

  • 他社のスマホは?
  • やっぱスマホおかえしプログラムを使わない、ってのはあり?
  • 24ヶ月以前に返却しても12ヶ月分は免除される
  • 一括で購入した場合は使えない?
  • オンラインではできない?→スマホの返却は機種変更時じゃないといけないわけではない。
  • プランの縛りは?→ない。カケホプランもできる
  • 機種変更のタイミングじゃない時に返却してもOKなの?
  • あとから加入もできるの?
  • ドコモを解約しちゃった後には使えない?

他社のスマホは返還できない?

結論、不可です。

<返却条件>

  • 対象機種が当社の指定する正規店で購入されたものであり、ご購入時における不備・不正がないこと。
  • ご返却時における対象機種分割支払金の未払いおよび対象機種の回線契約にかかる料金の未払いがないこと。
  • 対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータは加入者ご自身の責任で消去していただきます)。
  • 対象機種を改造していないこと。
  • 加入者が対象機種の所有権を有していること。
  • 以下の査定条件を満たし、査定が完了すること。

ドコモ|スマホおかえしプログラム

※色付けはブログ筆者によるもの

おかえしプログラムの条件に「対象機種が当社の指定する正規店で購入されたものであり〜」とあるように指定された正規店でしかNGです。他社は指定されてないのでダメですね。

後からスマホおかえしプログラムを使わない、ってのはあり?

ありです!割とここ大事なとこですね。

スマホおかえしプログラムは無料で加入できて、必ず使わないといけないという強制力はないです。

つまり、24ヶ月目のタイミングで返すか返さないか判断できるということ。その時にお得であれば返せばいいし、そうでなければ返さなければOKです。

24ヶ月以前に返却はできる?

できます!その場合、12ヶ月分が免除になります。

一括で購入した場合は使えない?

使えません !

スマホおかえしプログラムの条件は36回払いなので。

機種変更のタイミングじゃない時に返却してもOKなの?

そのとおりです。機種変更とか、契約のタイミング以外でも返却可能です。

ドコモを解約しちゃった後には返却できない?

できるようです!(これは個人的にびっくりした)

購入時にスマホおかえしプログラムを適用している端末であれば、解約後でも返還可能です。

ただお金がキャッシュバックされるわけでなく、あくまで「残債が最大12ヶ月分免除される」という内容なので、分割が残ってなければ使えないです。

スマホの返却はオンラインではできない?

加入はできるんですが、返却はオンラインではできないですね(現状)。

ただ、上述の通りスマホの返却は機種変更時じゃないといけないわけではないので、オンラインショップで機種変更をした後に店舗で返却は可能です。

ちなみに、純粋にお得なのでこのサイトではドコモオンラインショップを激推ししてます笑

プランの縛りは?

ないです!

旧プラン(カケホプラン)を継続する場合でもスマホおかえしプログラムには加入できるそうです。

あとから加入もできるの?

できないようです!

機種購入時にしか加入できないので、36回払いにするのであれば、とりあえず加入しておけばOKです。

個人的考察:スマホおかえしプログラムから見えるドコモの思惑とは…?

柴犬かわいいですね

ここからは個人的な見解なのであしからずですm(_ _)m

ドコモの思惑は以下3つなのかな〜と思っています。

  1. 36回払いを”普通”にして月額料金を下げる
  2. 3年縛りで解約をしにくくする
  3. 3年で縛った上で、2年スパンでの機種変更を促す

①36回払いを普通にして月額料金を下げる

2019年6月から始まった新プランでは、従来の端末割引である月々サポートdocomo with端末購入サポートが適用されなくなりました。

料金プラン自体は以前と比べ(賛否両論ありますがw)若干安くなったのですが、端末代の割引がなくなったので実際高くなっちゃったんですね。

そこで、今まで24回が普通だった分割を36回にして、月額料金を安くしよう、というのが魂胆だと思います。

例えばiPhone XS 64GBの場合、端末代金は128,304円なんですね。これを24分割と36分割で比べると以下のようになります。

  • 24分割:5,346円/月
  • 36分割:3,564円/月

1,782円/月の差額になるわけですね。月額2,000円弱の差があるって結構大きいですよね。10,000円か8,000円か、みたいな。

このオプションを出すことにより、36回払いを”普通”にして、月額料金が上がった感を和らげようとしているんだなぁ、という感じです。

②3年縛りで解約しにくくする

36回払いということはつまり3年払いでして、機種変更してから3年以内に解約すると端末代金の残債だけが残ります。

端末代金が残っているタイミングは、慣習的に乗り換えとか解約を考えないんですよね。

実際のところ、乗り換えで解約した場合でもスマホおかえしプログラムを適用して残債をチャラにすることはできるんですけどね。

これは「お得か損か」「できるかできないか」ではなく、心理的なものだと思います。「残債がある状態で解約するのは気持ち悪い、もったいない」と思う人が多いです。(僕も気持ちはわかる)

③3年で縛りつつも、2年での機種変更を促進する

これはスマホお返しプログラムの前身の機種変更応援プログラムプラスと同じなのですが、24ヶ月での端末返還が一番お得になってるんですよね。

あくまで「端末の返還」なので新しい契約が条件なわけではないのですが、まぁ、スマホ返したら普通新しく買うわけで。

3年払いで解約を防ぎつつ、2年目での機種変更を促す作戦かな〜と。

あくまで個人的な見解ですけどね。

まとめ:スマホおかえしプログラムはとりあえず入っておいてOK

色々と述べてきましたが、結論としては変わらないです。

  • 36回払いについて:長いけど、2年でも3年でも実質払う金額は変わらないし、実際縛られてはないので気にしない
  • 中古で売った方がお得?:その可能性もあるけど、それは2年後の判断。加入して損することはないので加入しておいて、2年後にどの方法が一番お得か考えればOK

故に、スマホおかえしプログラムはとりあえず入っておけば良いと思います。

ちなみに:契約するならドコモオンラインショップがお得です

ドコモで機種変更/新規/乗り換えを検討しているのであれば、オンラインショップがお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 事務手数料がかからない(最大3,000円お得)
  2. 来店不要
  3. 待ち時間がない

精神的メリット(来店不要・待ちなし)だけでなく、金銭的メリットも大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

どうぞお得に契約してくださいませ。

\6/1~6/30までは限定キャンペーン中!

期間限定のSPECIAL特典の詳細はこちら


こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です