お金と時間を消費ではなく投資しようと思う。

お金と時間を、消費ではなく投資しよう

という、すでに多くの人に語られ擦れきった話をしようと思う。

すでにこんな話を聞いたことある、考えたことある人にとってこの記事に新しい知見はないです。

自分への再確認と知らない人への共有程度なので。

 

結論、「投資はいいぞ、時間とお金がない人こそやるべし」という話。

消費と投資の定義

そもそも、消費と投資の自分なりの定義から始めたい。

  • 消費とは、今の自分にお金/時間を使うこと。
  • 投資とは、未来の自分にお金/時間を使うこと。

だと考えてる。

消費の例だと「甘い物食べたいからお菓子食べる」とか「暇だからゲームする」とか。

今の自分を満たすためにお金と時間を使っている。

投資の例だと「金融商品を買う」「新しいスキルを覚える」とか。

今の自分にメリットはないけど、未来の自分のためにお金と時間を使っている。

 

目的の有無でもある

また、消費と投資の差は「目的の有無」でもあるかと。

消費は「目的なくお金や時間を使うこと」で投資は「目的を持ってお金や時間を使うこと」である。

だから例えば「お菓子を食べる」のであっても目的の有無によって消費か投資かが変わる。

  • 甘い物を食べたいから食べる
  • 美味しいお菓子を作れるようになるために食べる

前者は消費、後者は投資だ。

(あくまで持論なんで、実際どうなのかは知らない)

 

投資先も重要

「何を?」は時間とお金だけど、「何に?」の投資先を考えるのも重要で、僕が考えたのは以下。

  • お金
  • 時間
  • 健康

この4つに投資したい。

お金

お金への投資はイメージしやすい。いわゆる金融商品とかだ。お金を使ってお金を増やすやつ。

今はできてないけど、そろそろしたい。

時間

時間への投資は、生産性の向上だと思ってる。

1時間かかる仕事が30分でできるようになれば、時間が生まれる。

あとは睡眠の質をあげて睡眠に必要な時間を減らすとかね。

人への投資は、人を育てること、コミュニケーションを取ること、GIVEすること

どれも「情けは人の為ならず」で、自分に返ってくる。

別に戦略なしに楽しいから人とコミュニケーションするのもあるけど、投資だと思って積極的に時間を使う側面もある。

健康

健康への投資は食生活気をつけるとか、運動するとか、そういうこと。

体壊すとなんもできなくなるから。

 

でも投資だけだと息がつまるよね

投資すべきは投資すべきなんだけど、全てのリソースを投資に回すのが良いかと言われると微妙。

みんながみんな意識高杉MAXで「トウシ・トウシ」と四六時中言ってたら気持ち悪いし、ある程度で良いと思ってはいる。

移動時間はスマホでゲームなんかせずに、絶対いつも本を読め!」とか窮屈すぎるし、別にある程度の消費があっても良いよね。

たまには意味もなくゲームしようよ。
(ちなみに、こういう自分の心を保つための余暇や気晴らしは空費と呼ぶ)

 

でも、今「お金がない」とか「時間がない」とかで困っている人は消費ではなく投資するべきだと思うよ。

地味だけど、人生変えるくらいのインパクトはあるから。

「お金や時間がないから投資できない」のではなく「お金や時間がないからこそ投資すべき」かと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です