【フォーマットあり】リード文の書き方を誰でも書けるように解説

ライターにとって「リード文が大事」ということは周知の事実。

読者がはじめに読む文章なので、「違うな」と思われた瞬間に離脱されてしまいます。

大事なのはわかっていても具体的にどうかけばいいのかわからず、苦労している人も多い印象です。

リード文を書いては消してを繰り返す、、なんてことありませんか?(今ドキっとした人、いますよね?)

しかし、リード文は書き方のフォーマットさえ覚えてしまえば誰でも簡単に書けます。

(このリード文も5分くらいで書いてます)

そこで、この記事では良いリード文を速く書く方法を具体的に解説します。

記事の最後にフォーマットも用意しているので、リード文がなかなかうまく書けない人はご一読ください。

前提:メッセージ・ターゲットをしっかり決めとこう

リード文を書き始める前に、必ず「メッセージ」と「ターゲット」を決めましょう。

要は、「誰に」「何を」言いたいのかを決めるのです。

リード文は、ユーザーの悩みに対してあなたの悩みはここで解決できますよ(だから読んでね)と教えてあげる役割があるので、「誰に」「何を」が決まっていないと書けません。

この記事の場合は以下のように考えてます。

  • 誰に:リード文が書けなくて困ってるライター
  • 何を:簡単にリード文を書く方法

そこまで難しくないので、考えて書き出してみましょう。

リード文の構成を理解しよう

メッセージとターゲットが定まったら、早速リード文を書いていきましょう。

良いリード文を速く・的確に書くには、リード文の構成を理解する必要があります。

僕が考えるリード文の構成は以下の通り。

  • 状況/背景
  • 問題提起
  • 共感
  • しかし(意外な事実)
  • 解決策/記事で書く内容
  • メリット
  • 簡便性

ダーっと並べてもピンと来ないと思うので、実際にこの記事のリード文に当てはめて考えてみますね。

 

Webで文章を書く人にとって「リード文が大事」ということは周知の事実です。

ユーザーが記事に入って最初に読む文章なので、「違うな」と思われた瞬間に離脱されてしまいます。(状況/背景)

 

大事なのはわかっていても具体的にどうかけばいいのか、わからず苦労している人も多い印象です。(問題提起)

 

リード文を書いては消してを繰り返し、いつも時間かかってしまう、なんてことになってませんか?(今ドキっとした人、いますよね?)(共感)

 

しかし、リード文は書き方のフォーマットさえ覚えてしまえば誰でも簡単に書けます。(しかし、意外な事実)

 

(このリード文も5分くらいで書いてます)
そこでこの記事では良いリード文を速く書く方法を具体的に解説します。(この記事で書いてる内容)

 

記事の最後にフォーマットも用意しているので、リード文がなかなかうまくいっていない人はご一読ください。(メリット)

なんとなくわかりましたでしょうか?

「わかんねーぞ!」という方のために各項目を説明していきます。

状況/背景

記事内容について、状況や背景を説明します。

この記事の場合は「リード文が大事って、みんな知ってることだよね」という内容。

いきなり結論や主張から入ってもいいのですが、背景/状況というワンクッションあると落ち着いて読める感があります。

商談ではじめにアイスブレイクするのと同じ感覚ですかね。

問題提起

ユーザーの悩み」を問題提起におきましょう。

今回の記事では「リード文の書き方がわからない」という内容です。

問題提起=この記事で解決する問題、ということになります。

共感

そして、その問題(悩み)に共感しましょう。

この記事では「書いては消して、を繰り返しちゃいますよね」という内容。

共感ではないですが、同調してあげる感じです。

読者に

読者

そうそう、そうなんだよ〜。ほんとそれな。

と言わせればオッケー。

例えば頭痛の記事だったら「頭痛が始まると何もやる気が出なくなって、大変ですよね」みたいな。

しかし(意外な事実)

問題提起と解決策の間の文章です。イメージとしては以下の通り。

大変だよね(共感)

でも、こうすれば治るよ(意外な事実)←ココ

それはね、〜〜(解決策)

問題提起して共感したあとに、その問題は解決できることを伝えましょう。

この部分はユーザーの興味をひくために、意外な事実だととても良いです。(意外な事実がある場合)

この記事でいうと「フォーマットさえ覚えれば簡単にリード書けるんだよ!」の部分。

解決策/この記事で扱う内容

ユーザーがこの記事で何が読めるのか?を明示しましょう。

この記事だと「そこで、この記事では良いリード文を速く書く方法を具体的に解説します」の部分

タイトルを押して記事を読み始めて、自分の求めている情報が出て来ないと離脱してしまいます。

離脱を防ぐために「あなたが求めている情報はちゃんとここにあるよ!」と示すイメージです。

メリット

最後に「この記事を読むメリット」や「簡単にできるよ」ということを伝えてあげます。

この記事だと「記事の最後にフォーマットあるやで!」の部分。

読者は基本的に忙しくて、面倒臭がり屋さんです。

読む必要性を感じなければすぐに離脱してしまうんですよね。

それを防ぐために「この記事を読んだらこんな風になるんだ!」というメリットや「あ、こんなに簡単にできるんだ」という簡便さを伝えてあげるのです。

これがあるかないかで読了率がだいぶ変わります。

簡便性は今回の記事では書きませんでしたが「5分で読めるので〜」とか、「今日から使える技術なので〜」とかが具体的な例。

実際にリード文を作ってみよう!

では、上記で紹介したフォーマットを使って、実際にリード文を書いてみましょう。

特に書く記事が無い人は、以下のお題で書いてみてください。

  • タイトル:頭痛を治すつぼを伝授するぞ!
  • ターゲット:頭痛持ちで毎日しんどい人
  • メッセージ:頭痛解消のツボを教える

それでは、実際に書いてみてください〜!!

 

 

 

 

 

書きました?

 

 

 

 

書き終えましたか?

 

 

 

 

 

お疲れ様でした。

どうでした?書けました?

僕は以下のように書きました。軽く参考にしてもらえると幸いです。

 

日本人の約半数が頭痛に悩まされた経験があるといわれる、頭痛。(状況/背景)

 

頭痛って原因もわかりにくいですし、簡単には治らないからつらいですよね。(問題提起)

 

頭痛が原因でイライラしてしまう、仕事に集中できない、気分が塞ぐ、こんなこともあるのではないでしょうか。(共感)

 

頭痛を完全に治すのは難しいですが、痛みを簡単に抑えるツボがあるのはご存知でしょうか?(意外な事実)

 

この記事では、たったの3分で頭痛が軽減する3つのツボを紹介します。(記事で扱う内容)

 

記事を読みながらすぐにでも実践できるので、ぜひ試してください。(簡便性)

 

まぁ、70点くらいでしょうか。。?

このくらいのリード文であれば5分~10分ほどで書きあがります。

「あんまり上手く書けなかった…。」という人もいるかと思います。

そんな方向けにリード文を書くときのおすすめの順序を紹介します。

リード文を書くときの順序

以下の順番に沿って書いてみるといいかもしれません。

③状況/背景

②問題提起

④共感

⑤しかし

①解決策/記事で書く内容

⑥メリット/簡便性

まずは「解決策/記事で書く内容」から書く

一番はじめに「解決策/記事で書く内容」を書きましょう。

なぜなら、記事で書く内容は「ターゲット」と「メッセージ」を決めた時点で明確になっているので、一番書きやすいのです。

次に「問題提起」を書く

「解決策」を書いたら次は「問題提起」を書きましょう。

問題提起は要は読者の悩みです。この記事をどんな悩みを持った人に送りたいかを考えてみると出てきやすそうですね。

 

ここまでくれば、入り口とゴールが設定されるのでとても書きやすいです。

あとは上から順に、もしくは書きやすいとこから書いていきましょう。

フォーマットはこちら

もうすでに紹介した通りですが、リード文のフォーマットは以下の通りです。

  • 状況/背景
  • 問題提起
  • 共感
  • しかし
  • 解決策/記事で書く内容 *ここから書く
  • メリット
  • 簡便性

僕はこのフォーマットを単語登録していて、「りど」と打って変換すると出てくるようになっています。

記事を書くときに毎回思い出す必要もなく同じフォーマットで書けるのでとても便利。おすすめっす。

おわり

ライティングは難しく思われがちですが、型を覚えるだけでかなり楽になります。

リード文だけでなく、構成や書き方も法則があり、再現性のあるものです。

1つ1つ型を身につけて、早い、良いライティングができるようになりましょう。

以上、リード文の書き方でした!

もしやってみてわからないところや質問があれば、コメントかTwitterで言ってくださいませ。

 

関連記事:ライティングで速く書くコツ|1時間で4,000字書いた書き方を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です