【解決策あり】機種変更する時に親名義だった時どうすればいい?【ドコモ・au・ソフトバンク】

ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更/乗り換え(MNP)は、頭金なしオプションなし待ち時間なしのオンラインショップがお得です!

携帯(スマホ)の機種変更時に、名義が自分ではなく親名義だった場合どうすればいいのでしょうか?

未成年の時に契約した携帯は、親名義で契約されているケースが多いです。

成人してないうちは、親と一緒にスマホを選んで、機種変更の手続きをして〜、、という形でよかったのですが、成人すると話は変わってくるでしょう。

この記事では、親名義だった場合の名義変更の方法や、そのままの名義で機種変更する方法について解説していきます。

ドコモ・au・ソフトバンク3社とも基本は同じなので、どの会社の人も参考にしてください。

名義が違った場合の対処法

結論からお伝えすると、以下の3通りです。

  1. 名義変更…親と一緒に来店する必要有り
  2. オンラインで機種変更…親の来店も書類も不要

名義変更の場合、機種変更の手続きだけでなく名義を変更するので今後は自分だけで手続きができるようになります。しかし名義変更自体の手続きは親と一緒に店舗までいく必要があるので面倒です。

オンラインで機種変更は、文字通りオンラインで機種変更してしまう方法です。オンラインなので店舗にいく必要はなく、自宅で親と一緒に手続きができます。しかし機種変更の手続きをしても名義自体が変わるわけではないので、名義を変えたい場合は後日店舗にいく必要はあります。(これは委任状も同じですが)

それぞれのメリットデメリットだけ触れました。具体的な方法を説明していきます。

 

名義変更する

ショップで親名義から子(自分)名義にする場合、以下4通りのパターンが考えられます。便宜上、譲りわたす人をAさん、譲り受ける人をBさんとしますね。

  1. AさんBさん2人で来店できる場合
  2. Aさんのみが来店する場合
  3. Bさんのみが来店する場合
  4. AさんもBさんも来店できず、Cさんが来店する場合

もうすでにわかりずらいですね…。1パターンずつ説明しますね。

①名義を譲りわたす人、譲り受ける人どちらも来店できる場合

このパターンが一番シンプルです。名義を渡す人、受ける人両方がいるので、本人確認書類さえあれば契約可能です。具体的な必要書類は以下。

  • 譲りわたす人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 譲り受ける人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 毎月の支払い方法
  • 手数料2,000円

一緒に店舗にいって手続きすればOKです。

 

②・③どちらかが来店できない場合

名義を譲りわたす人、譲り受ける人のどちらかが来れない場合はどうすればいいでしょうか。基本的に手続き自体は変わらず、委任状が必要になります。

  • 譲りわたす人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 譲り受ける人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 毎月の支払い方法
  • 手数料2,000円
  • 来店できない人の委任状

委任状は、委任する手続き内容、契約者の氏名・住所・連絡先・生年月日、購入方法(分割/一括)、購入機種、などを記載します。

記載項目や書き方は各キャリアによって異なるので、必ず確認しておきましょう。

 

④名義を渡す人、受ける人どちらも来店できない場合

名義人であるAさんも、名義を譲り受けるBさんも来れない場合は、他の人に代理人として、委任状を持っていってもらう必要があります。

  • 代理人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 譲りわたす人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 譲りわたす人の委任状
  • 譲り受ける人の本人確認書類原本(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 譲り受ける人の委任状
  • 毎月の支払い方法
  • 手数料2,000円

こうなると書類が増えてきて、手続きがかなり大変になります。

 

手続き時の注意点

名義変更/委任状手続きをする時の注意点を紹介しておきます。

委任手続きは書類の不備があると手続きできない

名義変更で、譲る人と受ける人の2人が来れている場合は問題ないのですが、どちらかが来れない場合の委任状は不備があると手続きができません

電話確認や口頭での確認でOKになる時代もありましたが、最近はルールがかなり厳しくなっているので難しいでしょう。

例えば「○が1つ付いていない」「誤字がある」こんな理由でも手続きができず、差し戻しになります。

不正契約の恐れがあるので、かなり厳しめなんですよね。

私は以前店員として働いていたのですが、書類の不備で自宅と店舗を往復する人をみてきました。書類に不備が起きないよう、書き方をしっかりと店員さんに聞いておくのが良いでしょう。

 

名義変更の手続きはショップのみ

名義変更の手続きはショップでのみ行えます。家電量販店や路面店では基本的にできないので注意しましょう。

(一部の店舗ではできるようですが、基本できないと思って問題ないです)

 

本人確認書類は原本、コピーは受付不可

免許証・マイナンバーカードなどの本人確認書類は原本が必要です。

例えば委任契約をする場合、「親の免許証を子どもが持っていく」ということになるわけです。

本人確認書類は無くしたら大変なものでもありますし、家庭によっては子どもに預けない判断をするところもありました。

しかしコピーを持っていっても手続きできないので、親も一緒に来店するか、このあとに紹介する「オンラインで契約する」など、別の方法を考えましょう。

 

オンラインで契約する(←おすすめ)

名義変更ができない」「一緒に来店するのが面倒」という場合はオンラインでの契約がおすすめです。

オンラインで機種変更する場合は自宅で全てが完結するので、親と一緒に店舗に行かなくて良いですし、書類を書いてもらう必要もないです。

手続き自体は名義人がする必要があるので、親がオンラインで手続きをしましょう。(厳密にいえばIDとパスワードがわかればできてしまいますが…)

「例えば親と子が離れて暮らしている」という場合でも、親が手続きすることで子どもの住所にスマホを届けることも可能です。

また、オンラインショップだと、待ち時間・頭金・オプションがないというメリットもあります。店舗に行かないので楽なだけでなく、金銭的にもメリットがあるので一番おすすめです。

\公式オンラインサイトなので安心/
   ドコモの公式サイト     
   auの公式サイト    
ソフトバンクの公式サイト

 

結論:家からオンライン手続きするのが一番楽です

機種変更する時に親名義だった場合どうすればいいのか?対処法について説明してきました。

記事をまとめると以下。

  1. 親→子に名義変更する
  2. それが難しければオンラインで契約する

今後のことを考えると名義変更しておくと楽そうです。

ただ、タイミング的に名義変更できない場合はオンラインで機種変更してしまいましょう。

オンライン機種変更は年々認知度も上がって件数も増えて来ています。だって店舗で手続きするよりも楽でお得ですからね。単純な理由。

それでは、この記事は以上です。

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です