【2019年】ドコモスマホの最低維持費と注意点を公開【1,480円】

ゴリラ

ドコモのスマホを使ってるんだけど、そこそこ料金がかかってるんだよね、実際の最低料金っていくらなのかな?

という人向けの記事です。

スマホを契約していると月々そこそこの料金がかかりますよね。

プランもわかりにくいですし「実際のところ最低維持額っていくらなの?」と疑問に思う人も多いのでは?

そこでこの記事ではドコモスマホの最低維持費で維持する方法最低維持額はいくらなのか?を紹介しています。

※「ドコモ 最低維持費」で検索すると、転売用の情報が多く出てくるのですが、(4台契約して〜とか)リスクや労力もあり、正直普通の使い方をしている人には向いてません。ここでは転売用ではなく、普通の使い方をした場合の最低料金を紹介します。

ドコモのオンラインショップなら

  • 手数料(2,000円)なし!
  • 頭金なし!
  • オプションなし!
  • 待ち時間なし!

で機種変更できます。
お店で機種変更を考えている人は、オンライン機種変更を超絶おすすめします…!

 

\新型iPhoneも取り扱い!/

   ドコモオンラインショップ     

ドコモ最低維持額は1,480円/月

ドコモの最低維持額は、1人で持つか、家族で持つかによって変わります。

まとめると以下。

  • 1人で持つ場合:4,180円
  • シェアパック子回線の場合:1,780円
  • シェアパックで5回線契約している場合:2,980円/1台

さらにドコモwithを併用すると以下の料金まで下がります。

  • 1人で持つ場合:2,680円
  • シェアパック子回線の場合:280円
  • シェアパックで5回線契約している場合:1,480円/台

一見シェアパックは子供回線は1,780円/月でかなり安いのですが、シェアパックの親回線がその分を支払っています。

それぞれ料金詳細について説明します。

1人で持つ場合の最低維持額は4,180円

シェアパックを組まずに1人で持つ場合は4,180円/月が最低維持額です。内訳は以下。

  • シンプルプラン:980円
  • ベーシックパック (1GB):2,900円
  • spモード:300円
  • 計:4,180円

シンプルプランは家族通話が無料で、その他の電話は30秒21円の料金がかかります。

また、月のデータ使用料も1GBまでなので、ヘビーユーザーにはおすすめできません。

シェアパックの子回線は1,780円(単体は不可)

シェアパックの子回線の場合は1,780円/月が最低維持額です。内訳は以下。

  • シンプルプラン:980円
  • シェアオプション:500円
  • spモード:300円
  • 計:1,780円

しかし、シェアパックは必ず親回線が必要です。親回線の最低維持額は7,780円なので、それを含めるとさほど安くはありません。シェアパックの親回線の内訳は以下。

  • シンプルプラン:980円
  • ベーシックシェアパック5GB:6,500円
  • spモード:300円
  • 計:7,780円

シェアパックを5台で組むなら2,980円

シェアパックの親と子を足して2で割ると以下のようになります。

子回線1,780円 + 親回線7,780円 = 9,560円

1台あたり:4,780円/月

1人で持つ時の最低額は4,180円/月なので、2台でシェアする場合は少し割高になってしまうんですね。

3台~5台だと以下のように変化していきます。

  • 2台:4,780円
  • 3台:3,780円
  • 4台:3,280円
  • 5台:2,980円

5台まで持つと3,000円/月を切る脅威の安さになりますね…!

シェアパックを組む場合は3台以上組まないと1台で契約するよりも高くなることがわかります。

 

ここまでまとめ
  • 1台で持つ場合は4,180円/月
  • 家族5人で持てるなら2,980円/月まで下がる
  • シェアパックは3台からがお得

もっと安くしたならドコモwithを活用しよう

さらに月の利用料を安くしたい場合は、ドコモwithを併用するのがポイントです。

ドコモwithは、対象機種の購入で月額料金がずっと1,500円割引になる魔法のようなプランです。

これ、かなり大きくて、ここまで紹介してきた料金から1,500円引けるわけです。それぞれ紹介していきます。

1人で持つ場合の最低維持額は2,680円

先ほど紹介したように、1人で持つ場合の最低額は4,180円。そこからさらに1,500円引かれるので、月額料金は2,680円になります。内訳は以下。

  • シンプルプラン:980円
  • ベーシックパック (1GB):2,900円
  • spモード:300円
  • ドコモwith:-1,500円
  • 計:2,680円

シェアパックの子回線は280円(単体は不可)

シェアパックの子回線はさらに衝撃的で、280円/月で運用できます。

  • シンプルプラン:980円
  • シェアオプション:500円
  • spモード:300円
  • ドコモwith:-1,500円
  • 計:280円

さらにシェアパックの親回線は7,780円-ドコモwithで6,280円。内訳は以下。

  • シンプルプラン:980円
  • ベーシックシェアパック5GB:6,500円
  • spモード:300円
  • ドコモwith:-1,500円
  • 計:6,280円

シェアパックを5台で組むなら1,480円

シェアパックを組むと台数によって以下の料金(1台ごと)になります。

  • 2台:3,280円
  • 3台:2,280円
  • 4台:1,780円
  • 5台:1,480円

1台1,480円/月で持てるのは相当安いですよね…!!

ここまでまとめ
  • 1台で持つ場合は2,680円/月
  • 家族5人で持てるなら2,980円/月まで下がる
  • シェアパックは3台からがお得

注意点①ベーシックパック1GBはそこそこきつい

ちなみにここまで紹介してきた料金は、前提としてベーシックパックで1GB未満であった場合です。

ベーシックパックは従量課金制なので、1GB以上使うと自動的に料金がアップしていきます。

1GBで抑えるのは、正直結構厳しめです。試しに今自分がどのくらいのデータ量をチェックしてみるとわかりやすいかもしれません。

20GBまで到達すると7,000円(4,100円アップ)なので、かなり料金もかわってきます。

Wi-Fiを常時繋いでおく、アプリをあまり使わない、など努力しないと「気づいたら高くなっていた」というケースも起きてしまうので注意が必要です。

注意点②シェアパック5台はケース的に少ない

最安値の1,480円はあくまでシェアパックで5回線契約した時のならした金額です。

家族5人で使っていて、ベーシックシェアパック5GBでとどまることが条件なので、かなり意識して使わないとオーバーしかねないです。

注意点③この料金プラス端末代やオプション代がのっかる

今回出したのは、あくまで基本料金とデータプランの料金のみです。

端末料金やオプション代金、通話料分はプラスでかかるので注意してください。

まとめ

ドコモの最低維持額は1,480円/月です。しかし、5台持ってシェアパックを組む必要があるので、あまり現実的ではないのが実際のところです。

現実的なプランでいうと単体持ちの2,680円/月ですね。格安SIMに負けず劣らずのかなり安い値段なんじゃないでしょうか?

「ドコモはとにかく高いから…」という印象も強いのですが、最近はかなり安くなっているようですね。

ちなみに:機種変更するならドコモオンラインショップのがお得です

機種変更を検討しているのであれば、ドコモの店舗で契約するよりもドコモオンラインショップで契約した方がお得なので、最後にそれだけ簡単に説明しておきます。

理由は以下4点です。

  1. 頭金がかからない(最大10,000円お得)
  2. 事務手数料がかからない(最大3,000円お得)
  3. オプションに加入する必要がない
  4. 待ち時間がない
  5. 店員から営業を受けなくて済む

精神的メリット(待ちなし、営業なし)だけでなく、金銭的メリット(13,000円以上お得になる)も大きいので普通にお得です。

また、代理店ではなくドコモ直営の公式オンラインショップなので安心して契約できるのです。

どうぞお得に機種変更してくださいませ。

\公式サイトなので安心/
ドコモオンラインショップ

こんな記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です