【答え】dカードGOLD(ゴールド)はお得なのか?サービスから評判まで紹介

誰か

dカードゴールドがお得と聞いたけど、実際どうなの?ドコモのスマホ使ってるから気になっているけど、年会費10,000円かかるらしいし、本当お得なのか知りたい

という方向けの記事です。

ドコモユーザーなら「dカードがお得ですよ!」という営業/勧誘を受けたことがあるのではないでしょうか。

テレビでCMでも流れるようになっていますし、気になっている方も多いはず。

しかし、dカードゴールドは10,000円の年会費がかかるため、お得になる人損する人がでてきます。

そこでこの記事では、dカードゴールドのサービスやメリットについて紹介した上で、どんな人がお得になるのか?細かい損益分岐点を説明します。

ドコモユーザーであればお得になる可能性が高いので、ご一読ください。

結論から言うと、月額9,000円以上ドコモで使っている人はお得です。

dカードGOLD(ゴールド)の概要説明

ざっくりと概要の説明をします。dカードGOLDはドコモが出しているゴールドクレジットカードです。

ドコモではdカードGOLD以外にも、年会費初年度無料のdカードも取り扱いしています。

dカードGOLDの概要は以下。

年会費10,000円
入会金0円
解約金0円
主な特徴ドコモ利用料の10%還元あり!

上図のとおり年会費は10,000円かかりますが、それを上回るメリットがあります。せっかく10,000円払うのであればもちろん損したくないですよね。

dカードGOLDのメリットやデメリットについて紹介していきます。

 

dカードGOLDのメリット

ドコモ携帯・ドコモ光の利用料金の10%が還元される

dカードGOLDでは、ドコモの携帯やドコモ光の利用料金の10%がdポイントとして還元されます。

dカードGOLDのポイント還元

上の図のように、例えばスマホで9,000円/月 + ドコモ光で4,000円/月利用していたら、1,300ポイント/月 × 12ヶ月 = 15,600ポイント/年もらえるわけですね。

ドコモで9,000円/月使っていたら10,800ポイント/年もらえる計算なので、勝手に年会費分はペイしてくれるようになっています。

9,000円/月使っている人は入っておいた方がお得となるわけです。

ただ、詳しくは後述しますが端末代金などは還元の対象外となるので注意しましょう。

 

支払いをdカードGOLDに指定しなくてもOK

dカードGOLD特典(10%ポイント還元)は、契約している電話番号と紐付けされていて、その回線がいくら使ったかを基準に計算されています。

「dカードGOLDで10%の還元を受けるためには、支払いをdカードGOLDにしなきゃいけないんでしょ?」と思っている人も多いのですが、そうではないです。

厳密に言うと

  • 9%:GOLD特典
  • 1%:通常会員の還元

という内訳になっているので、支払いを別のカードにするとドコモでの還元は9%になります。

ちなみにこの紐付けは、カードを受け取る時点で登録された状態になっているので、何もしないで大丈夫です(家族カードは別)

 

家族カードで家族分の利用料もポイント対象に

dカードゴールドには家族カードもあります。

dカードGOLD
家族カードの概要
年会費1枚目:無料
2枚目以降1,000円/枚
支払い方法本会員の口座からまとめて引き落とし
ポイントサービス100円につき1ポイント
dポイントクラブ優待
(10%ポイント還元)
あり

この家族カードを使うことで、家族のドコモ利用料も10%ポイント還元の対象になります。

家族の利用料もあわせる場合、9,000円/月以上の利用料になる人も多いでしょう。

※家族カードで10%還元を受けるには、発行後に利用者情報登録が必要です。電話でもウェブでもどちらでもできるものなので、受け取ったら早めにやっておくと良さそうです。

 

ローソンやスタバやマックでポイントが貯まる

これはdカードでも同様なのですが…以下のお店の支払いをdカード で行うとポイント還元がたくさんもらえます。

  • ローソン:5%
  • マツモトキヨシ:4%
  • スタバ:4%
  • ノジマ:3%
  • 高島屋:3%
  • マック:2%

コンビニでの買い物って毎日すると思うので、使う人にとってかなりメリットなのでは。

それ以外のお店でもポイントはたまるので、自分が使っているお店があるかdカード 公式サイトで確認してみてください。

 

年間利用額に合わせて特典がもらえる

dカードGOLD限定の特典で、前年の年間利用額に合わせて特典がもらえます。

  • 100万以上:10,800円相当
  • 200万以上:21,600円相当

めちゃお得か、と言われるとそうでもないですが、ないよりは段然ましです。年間利用額はショッピング利用額や携帯料金の支払いが対象になるので、そこそこいく人はいくでしょう。

ちなみにこの特典の利用先は以下5つから選べます。

  1. ケータイ購入割引クーポン:携帯の新規/機種変更に利用可能
  2. d fashion:ファッション通販サイト
  3. dトラベル:日本全国13,000以上の施設が利用可能
  4. dショッピング:食品/日用品/書籍など、なんでも揃ってます
  5. dデリバリー:ピザやお寿司などの20ジャンルから選べる出前

dショッピングなんかだと、日用品や食料品も売っているので無駄になることはなさそうですね。

年間100万以上利用というハードルはあるものの、クレジットカードでたくさん買い物したい人には嬉しい特典です。

 

ケータイ補償で最大10万円

dカードGOLDを持っていると、利用中の携帯が購入から1年以内(GOLDだと3年以内)に紛失/盗難/修理不能になった場合に補償してくれるサービスです。dカードの本会員だけでなく、家族会員でも受けられます。

 dカードGOLDdカード
補償金額最大100,000円最大10,000円
補償期間購入から3年以内購入から1年以内
補償方法dカード利用代金から減額にて補償

ドコモのケータイ補償と少し被りますが、最大10万円までの補償である点や、画面割れが対象にならない点など、補償の範囲が異なります。

「dカード補償があるからケータイ補償も外してしまう」のは少しリスクもあるので注意が必要です。

ドコモのケータイ補償と併せて使うと安心できる補償です。

 

国内/海外旅行保険はもちろん、空港ラウンジも利用可能

クレジットカードではおなじみですが、国内/海外旅行の保険や空港ラウンジの利用もついてきます。

国内旅行保険

対象者dカードGOLDの本人会員・家族会員
保証期間dカードGOLDを契約している間
保険の対象・国内旅行傷害保険
・国内航空便遅延費用特約

国内旅行では、傷害保険と国内航空便遅延費用特約が対象になります。

国内旅行傷害保険は要は「旅行中の傷害をカバーしてくれるもの」で、厳密に言うと公共交通機関に乗客として搭乗中に被った傷害や、旅館・ホテルに宿泊客として滞在している時に火災などで被った傷害や、パック旅行に参加している間に被った傷害に対する保険です。

国内航空便遅延費用特約は、国内航空便が遅延/欠航/手荷物配達の遅延/紛失時に負担んした宿泊料・食事代の一定の費用を補償してくれます。

いずれもdカードGOLDで宿代や航空便の搭乗費用を決済している必要があります。

詳しくはdカードの公式サイトにて。

 

海外旅行保険

対象者dカードGOLDの本人会員・家族会員
補償期間dカードGOLDを契約している期間中
保険の対象となる旅行期間海外旅行の目的をもって住居を出発した時から住居に帰着するまで。
ただし、出発の翌日から起算して90日目の午後12時まで
補償の条件なし
dカードGOLDで支払いしていなくても対象になります

海外旅行では、傷害死亡/携行品損害/海外航空便遅延などをカバーしてくれます。

ケガや病気/死亡事故、バッグやカメラの損傷、ホテルを汚してしまって、という場合でもこれ一枚でカバーしてくれる心強い補償です。

詳しくはdカード公式サイトにて

 

空港ラウンジ無料利用

dカードGOLDを持っていると、全国28の空港ラウンジが無料で利用できます。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 新北九州空港
  • 福岡空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

飛行機の待ち時間にゆっくりとラウンジで過ごすのは快適でおすすめです。

 

注意点:100円で10ポイントではなく1,000円で100ポイントです

dカードでもっとも注意すべきなのがポイント還元についての罠です。

還元率10%と謳われていますが、1,000ポイント単位で100ポイントが還元されるので1,000円未満は切り捨てされます

例えば、月額料金が5,000円だったら500ポイント。5,999円でも500ポイントになるので注意が必要です。

 

10%還元対象外の料金にも注意

10%還元の対象外になるサービスもあるので注意です。

10%還元対象基本使用料
通話料
通信量付加機能使用料
10%還元対象外各種手数料
電報料
コンテンツ使用料/iモード情報量
コレクトコール通話料
携帯購入代金分割支払金
ドコモ口座による利用料金
消費税
補償サービス利用時の負担金額
ドコモ光の工事料金/手数料
光訪問サポート利用料

この中だと特に「携帯購入代金分割支払金」と「ドコモ光の工事料金」あたりでしょうか。

また、表には入っていませんが月々サポートなどの割引が引かれたあとで10%還元の計算が行われます。

よくある例…

  • 使用料:2,700円
  • spモード:300円
  • データ料金:7,000円
  • 月々サポート:-3,000円
  • 端末代金:3,000円

計:10,000円

上記の場合、「請求金額が10,000円/月なので1,000ポイントもらえる!」と思われがちなのですが、端末代金は還元対象外なので還元対象額は7,000円になるわけです。

冒頭で「9,000円/月以上使っている人はお得」と書きましたが、正確には「(端末代金や工事費を抜いて)9,000円/月以上使っている人はお得」ということになります。

 

9,000円を超えていないと年会費割れしてしまい勿体無いので注意してくださいね。

しかし、端末代などを抜いて9,000円以上の利用がある場合は契約するメリットは大きいです。

 

結論:こんな人は契約するべき

繰り返しになりますが、端末代金を抜いた月額料金が9,000円を超える人はdカードGOLDに入った方がお得です。これが基本。その他で言うと以下のような感じ。

  1. 家族でドコモを使っている
  2. ドコモ光を契約している
  3. ローソン・マツキヨ・スタバ・高島屋・マックをよく使う

という人はお得になる可能性が高そうです。

こんな人は契約しない方が良い

反対にdカードGOLDを契約しない方が良さそうなのは以下の方々。

  • ドコモ以外の携帯を使っている人
  • 月額料金が9,000円未満
  • 家族もドコモを使っていない

ドコモのカードなので、無論ドコモユーザーがお得になるわけで。auソフトバンクの人が契約してもお得なことはありません。

 

まとめ

dカードGOLDを契約すると以下のメリットを受けられます。

  • ドコモ利用料金の10%が還元
  • ローソンやスタバ/マックでもポイントが貯まる
  • 年間利用額に合わせて最大20,000円のクーポン
  • ケータイ補償で10万円まで補償
  • 国内/海外旅行保険も付いてくる

一番大きなメリットはなんと言ってもポイント10%還元ですが、1,000円で100ポイントの還元である点や、端末代は対象外になる点に注意が必要です。

損益分岐点は月額9,000円なので、端末代金を抜いた分が9,000円を超えない人は加入すべきではありません。逆に9,000円/月を超えるのであれば、ほぼ無条件に加入してもいいレベルです。

お得に使いこなしましょう。

\キャンペーンで11,000円分進呈中/
dカードGOLDの公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です